E-1で夜景撮影をしてみた。

c0049597_1523015.jpg
【OLYMPUS E-1+ZUIKO DIGITAL 14-54mm/F2.8-3.5】
10秒 F8 +1.0EV CS2 シャープネス +1 中央重点 絞り優先 ISO100でRAW撮影して、OLYMPUS Studio Version 1.30 を使用して高機能(カメラ設定)で現像時にノイズフィルターをON、ホワイトバランスを7500Kに変更した。

c0049597_224922.jpg
【OLYMPUS E-1+ZUIKO DIGITAL 14-54mm/F2.8-3.5】
5秒 F8 CS2 シャープネス +1 中央重点 絞り優先 ISO100でRAW撮影して、同様に高機能(カメラ設定)で現像時にノイズフィルターをONにした。


この大きさなら問題はない。
しかし、100%で見ると、

c0049597_24326.jpg


「あら、綺麗なお星さま。」とノイズフィルターをかけても、かなりのノイズが・・・。

両方の画像ともRAWのデータはもっとノイズが見られる。これでもノイズはかなり減った印象なのである。ノイズフィルターをONにして現像しても、Photoshopで見ると33%くらいからノイズが見えはじめ50%ではかなり目につく。

それでも、最初の方の画像は露光時間が10秒、被写体がかなり明るいライトでライトアップされているためか、暗部でノイズが目に付くが、その他のところではあまり気にならない。

2番目の画像は露光時間が15秒、全体的に暗い部分が多いためか、全体的にノイズがのっている。

ノイズはNeat Imageなど他のノイズフィルターソフトを使えば、もう少し消すことも可能であるが、OLYMPUSのRAW現像のソフトだけではこれが限界のようである。

わかっていたことだが、E-1で長時間露光(と言っても15秒程度だが・・・。)は向いていないらしい・・・。
何かもっと方法があるのだろうか??

ちなみに、2-3数秒程度の露光で済むものについてはあまり気になるようなノイズが載ったという印象はないので、もう少し絞りを開けたり、ISOの感度を上げて、露光時間を短縮した方がノイズは抑えられるのかもしれない。

長時間露光のノイズ発生はデジタルカメラの宿命なのでE-1に限らず仕方がないことである。
だが、今回の撮影結果を見て改めてE-1+ZUIKO DIGITALの実力のすごさを再認識させられることがあった。
デジタルカメラでライトなどの光源が入ったり、金属などの反射など、高輝度な輪郭部分にはパープルフリンジが出たりするものだが、そのような現象が全く出ていない。
レンズの色収差による問題が徹底的に抑えられている。
流石はデジタル専用設計。

しかし、とりあえず、夜景を絞ってシャープに撮る時には素直にフィルムを使おう・・・。

適材適所。
アイカップ(EP-2)・・・。
またまたまた外れる・・・。

家に帰ってから気づいたので、とうとう紛失・・・。

接眼レンズ部に紙を挟んで外れにくくしていたので、接眼レンズ部のアダプターの方は外れなかったのだが、ゴムの部分がアダプターから外れて、ゴムの部分だけがなくなってしまった・・・。

予備として、2つ注文した・・・。

また、紛失するだろうな・・・。

ようやく、M-1+G.ZUIKO50/1.4とZUIKO35/2で撮った写真をスキャンした・・・。

レンズの状態もカビにやられた割には、いいようで、特に問題はないようである。
ただ、ノンコーティングなので、天気の良い日や強い光源が入る場合にはZeissのようには扱えない。

でも、ノンコーティングもその柔らかな描写には味があり、良い感じである。
ROLLEIFLEX 3.5Fもノンコーティングなので、そのような感じで撮れば、別に困ることはない。
クラッシクカメラなのだから。

ただ、改めてZiessレンズの優秀さを思い知った。
 考えてみると、35mmフィルムではZeissレンズしか使ったことがなかったので、それが当たり前だと思っていて気がつかなかったのだが、比べて見ると確かに違う・・・。ポジを比べて見ると、Zeissで撮ったのは、確かに立体感が際立っていて、浮き上がって見えるのである。

まあ、カビにやれて復活させたレンズと比べるのはフェアではないかもしれないけど・・・。

OLYMPUS M-1+G.ZUIKO50/1.4、ZUIKO35/2。
このカメラとレンズも撮る楽しみを十分に味あわせてくれるすばらしい機材である。

またどれを持ち出すか、悩みが増えてしまう。

c0049597_2338922.jpg
【OLYMPUS M-1 + ZUIKO 35mm/F2】
アイカップを失くしたと書いたが、発見された。
どうやら、家に戻ってカバンから出した時に外れたらしく、部屋の片隅に転がっていた・・・。
この間、予備を2つも買ってしまったじゃないか・・・。
まあ、どうせまた失くすだろうから、いいけど・・・。

ユニット部分とゴムの部分が外れないように、接着剤で貼り付けた。
少しは外れにくくなってくれると思うが・・・。
今日はどしゃぶりの雨だった。

しかし、E-1は無敵であった。
ありがとう、OLYMPUS。

しかし、わざわざE-1に合わせて買った撥水コートのフィルター(MARUMI Water Proof Coat N)の作りが非常に悪い。
買ってそれほど経っていないし、雨の日の本格的な撮影には今回が初めてだったので、劣化しているとは考えられないのだが、全く撥水になっていない。
拭くと、変な感じに水滴が細かく散らばるだけで、通常のフィルターの方がはるかに簡単に水滴を拭き取ることができる。

レンズ(フィルター)拭きの時にレンズクリーナーを微量使ってもその傾向があったので、このような結果になるのはわかっていたのだが・・・。
ついでに、表面が何かベタベタした感じになる。
他のフィルター(CONTAX純正、Map camera オリジナル)では同じレンズクリーナーをつかってもそのようにはならないのにである。
水滴などフィルターに着いた場合、全く使い物にならない感じである。

ついでに、フィルターのゴムパッキン(?)の間から、レンズのクリーニングペーパーの結構大きな屑やその他の埃がレンズとフィルターの間に入り込むのがずっと気になっていたのだが、少し水滴もフィルターのパッキンの間からレンズ側へと落ちていた。

二度とMARUMIを買うことはないだろう・・・。
早く、違うのに替えよう。
11月11日、E-500の発売に合わせて、OLYMPUS Studioのファームウェアアップデートが行われた。
今回のファームウェアアップデートで1.4になる。

改善点は、E-500に対応とRAW現像時の画質を向上だそうだ。
RAW現像時のスピードも向上されるとよいのだが・・・。

土、日にでも、ゆっくり試してみよう。
普段は外国暮らしで、ここ8年間はすべて外国で、正月を迎えているが、今年は早めに帰ってきた。

今年、私にとってもっとも衝撃的なスポーツニュースは、「ミスターエスパルス」沢登の引退であった。
私の最も好きな選手で、高校選手権のときからのファンである。

リーグ戦の最終試合はまだ外国。
現実的に見れる競技は天皇杯の決勝しかないことがわかり、正直、今のエスパルスに決勝まで行く力はないと思っていたので、沢登の最後の雄姿は見られないと思っていた。
ところが、何と我が愛する清水エスパルスが天皇杯決勝に進んだ。

ここ2試合は、沢登はベンチにも入っていない。
しかし、これは運命だと思い、最後の大舞台、沢登は必ず出ると信じて、引退する「ミスターエスパルス」沢登の最後の雄姿を見るためにチケットを気合で取った。

しかし、新聞報道をみると長谷川健太監督は沢登選手をベンチに入れないと言っているらしい・・・。
国立で相手は浦和レッズ。おそらくは7-8割はレッズサポーターで埋まるだろう。
そのアウェイの逆境を跳ね返す力が、「ミスターエスパルス」沢登のカリスマだろう。
本当にベンチにも入れないようなら、長谷川監督が辞めるまで、エスパルスの応援を中止する。
ジーコの言葉ではないが、「もっと功労者を大切にすることが必要」という言葉を長谷川監督にも理解して欲しい。
ここで沢登をベンチ入りすらさせなかったら、W杯で、カズを外した岡田と同じである。
清水三羽烏の一翼を担いエスパルスの歴史に大きな足跡を残した健太なら、わかってくれると信じている。

で、「ミスターエスパルス」沢登の最後の雄姿を写真に収めるためにテレコンバーターEC-14を購入。

ついでに、RTSⅢももう一台、予備機として購入・・・。
あ・・・またやってしまった・・・。

元旦は、国立で!!!
頑張れ!!エスパルス!!!

でも、沢登がベンチ入りしなければ、レッズを応援する。(笑)
もともと連写などしない撮り方だったので、デジタルと謂えどなかなかショット数が増えなかった。

12月までは、結構撮ったつもりであったが、約7,500ショットであった。
ところが、妹が姪と甥を連れて帰省しているため、写真を撮ることが非常に多くなった。
姪と甥の実家での写真・アルバム作成は私の担当なのである。(笑)

当たり前だが、子供は動く・・・。

こんな時には「下手な鉄砲、数打ちゃ・・・」という訳で、連写モードに切り替えた。
天皇杯も撮りに行ったし。

で、ここ20日間で何と3,000ショットOVERで、購入後約1年で、10,000ショットを達成。(E-1購入時には、まさか1年後の現在にも後継機種が出ていないとは思わなかった・・・。長寿の良いカメラである。)
とりあえず、シャッターは15万回耐久のシャッターなので、一年で1/15の消耗である。
この分で行くと、あと14年は使える。(笑)
E-1の後継機種はボディ内手ブレ補正搭載でもない限り、買い替えはしないことにしよう。

OKカットは連写の最初の一カット目のことが多く、連写の効果はかなり微妙・・・。シャッターを押す時の気合が違うからなのではないだろうか?
やはり、連写は私には向いていない撮影方法なのだろうと思う今日この頃。
 日本だと少し探せば、カメラも展示品があり、すぐに手とって見られるが、外国にいるとそうはいかない。それでもソウルには大抵、直営ショップがあるので、そこに行けば、手にとって見られる。
 気になっていたE-330を見に行ってきた。
 
 ライブビュー機能搭載のD-SLRは、素晴らしかった。
 これは、本当にいい。
 唯一残念なのは、露出補正やカラーバランスがライブビューに反映されないことくらいである。
 E-1クラスのカメラには必要のない機能かもしれないが、あれば、絶対に使いたい機能である。
 やはり、一眼レフなので、手持ち撮影で、ライブビューだけを使って撮影したら手ブレが起きるだろう。基本はファインダーを覗いて、手と顔でしっかりカメラを固定することが基本となるだろう。特に大きなレンズを使うときには、手持ちでライブビューを使って撮影することはほとんど不可能であろう。
 しかし、ローアングル、ハイアングル、そして、三脚に固定した撮影時のフレーミングの確認、マクロ撮影などには、大きなメリットになることは間違いない。
 フルフレームCCDから撮像素子がLiveMOSに変更になってしまうが、フルフレームならではの豊かな階調が損なわれるようならば、LiveMOSを搭載しない方が良いが、E-330の画像をPC上でみると、E-1との階調にそれほど大きな差は見られない気がする。(プリントを並べて見たら、差が出るかもしれないが・・・。)
 画像エンジンが良くなたのか、ノイズも少なく、オリンパス独特のオリンパスブルーも健在。これなら、E-1の後継機にも、LiveMOSを載せても良いのではないだろうかと思う。

 それとE-500の時も思ったのだが、とにかく液晶が綺麗である。大きさも大きさだが、その色調と視野角の広さは素晴らしい。
 当然、E-1の後継機にも同様の液晶を載せてくるだろうが、楽しみである。

 E-330はメイン機としてもサブ機としても、非常に魅力のあるD-SLRであることは間違えない。
 
 それと、ZUIKO DIGITAL ED35-100mm F2.0、ZUIKO DIGITAL ED90-250mm F2.8も展示してあったので、自分のE-1に装着して試写させてもらった。

 このレンズ凄いですね・・・。
 絶対、買わない(買えない)と思いますけど・・・。
 意外にZD ED35-100mm F2.0が大きく感じなかったです。これなら、普通に使えそうな気がします。って、比べた対象がZD ED90-250mm F2.8だったからというだけかもしれませんが・・・。
 
 しかし、価格を考えるとZD ED50-200mm F2.8-3.5のコストパフォーマンスの良さがわかる。

 オリンパス・コリアの直営店のショー・ルームだったので、珍しいものがありました。
 E-1用のストラップ。
 付属のものよりやわらかく、デザインもかっこよかったので、買ってしまいました。


20060311_233942-KICX1191.jpg

 OLYMPUS E-3がやって来た ! !
 FL-36R、ZUIKO DIGITAL ED 50-200/F2.8-3.5 SWDも同時にやって来た。
 
 どうも遅いので、連絡してみたら、全部、入庫していますとのこと。
 ZD50-200SWDは今日、入庫したようだが、E-3とFL-36Rは、26日には入庫していたようだ・・・。
 入庫した順から連絡をくださいと言っておいたのだが・・・。
 
 E-3は、E-1と比べると剛性は上がっているのだが、機能を詰め込んで重くなったのを少しでも軽量化するためか、少々、プラ部品も多い。多くの人が、指摘しているように、メディア・カバーの質感は、ちょっと「?」である。また、カバーのロックも金具から、プラスチックに換えられている。E-1はそのあたりも手抜かりなく、お金をかけて作られている感じがする。
 バッテリー充電器が安いものに換えられているし、ストラップもなんか随分、ペラペラなものになっている。(笑)

 E-1を持っているので、バッテリー充電器は、小型軽量なものがあって使い分けできてよいかなとも思う。もうそろそろ、D-SLRもDVカメラのように、バッテリーと充電器は別売りでいいのではないでしょうか?
 
 ファームウェアは最初から最新バージョンの1.1が載っていました。

 ZD50-200SWDは995g、ZD50-200は920gと75gしか変わらないので、重さは大したことはないのだが、いかんせんデカイ!!
 同じレンズとは思えないほどデカイ!!
 フードもそれに応じて大きくなっているので、かなりデカイ!!
 バッグも防湿庫もZD50-200が収まっていたスペースにZD50-200SWDは入らないのですが・・・。
 レンズのデザインもZD50-200SWDはずんぐりしていて、ZD50-200の方がスマートで、かっこいいかも。
 
 FL-36RとFL-36との差は、「RC」の文字、台座が付属していること、ケースが変わったことくらいが、外観からわかる差です。新型フラッシュの新機能であるワイヤレスやスレーブ機能は、おいおい試していきたいと思います。