1996-01 Phila 02 (13)_t
【Corestate Spectrum】

1996-01 Phila 02 (15)_t
【Corestate Spectrum】

1996-01 Phila 02 (21)_t
【Corestate Spectrum】

Philadelphia
February 1996

 NBAの試合も数試合見に行きました。写真は、ご存知、Chicago Bulls、Michael Jordan(マイケル・ジョーダン)です。小さいですけど…。
 当時の Philadelphia 76ersのホームコートCorestate Spectrumでも、MJだけは別格。みんな76ersを応援はそっちのけで、MJのプレーを目で追っていました。MJがボールを持つと、アリーナ中で、フラッシュが焚かれていました。
 アメリカは広いので、ホームとアウェイは、物凄く差があります。
 アウェイ・チームの応援している人なんて、居ませんから。本当に数えられるくらいしか、敵地の競技場まで来ませんし。
 圧倒的にホームチームは有利なのですが…。MJだけは、ナショナル、いや、ワールド・スターですので。 

 当時の76ersは本当にドアマット状態で、酷かったのですが、MJと同じ経歴(ノースカロライナ大、全体の3ピック)で期待を一身に集めていたJerry Stackhouse(ジェリー・スタックハウス)が加入して、みんな期待していたのですが、翌年にAllen Iverson(アレン・アイバーソン)が加入したことにより、プレイスタイルが重なるスタック君は、次第に居場所がなくなり、その後、放出の憂き目に…。私は思い入れもあったので、凄く好きな選手でした。

 MJの他、 Scottie Pippen(スコッティ・ピッペン) 、Dennis Rodman(デニス・ロッドマン) 、Ron Harper(ロン・ハーパー)、Steve Kerr(スティーブ・カー) 、Toni Kukoc(トニー・クーコッチ)、Luc Longley(ルーク・ロングリー )などなど。
 勿論、ヘッドコーチは、トライアングル・オフェンスで名を馳せた、Phil Jackson(フィル・ジャクソン) 。
 この年のChicago Bullsは歴代最強だったのではないでしょうか?
 実際、シーズン、72勝10敗の最高記録で、ファイナルも制しました。

 写真を見ると、いろんなプレーヤーが写っています。
 
 しかし、TVやビデオで見ても凄いのですが、NBAを実際に見ると本当に物凄いですよ。巨大な選手が尋常じゃないい速さで動きますので。本当に驚きました。

 一つ、残念だったのは、Bullsが3rdジャージの黒だったことですかね。普通に赤のアウェイ用ジャージが良かったのですが。(笑)

 ちなみに、私の一番好きだったプレーヤーは、Charles Barkley(チャールズ・バークレー)です。

  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://hcmkiccsas.blog.fc2.com/tb.php/996-7e12a318
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)