カメラバッグは、色々と増えてしまうものの一つだとよく言われている。
 私も知らないうちに増えていってしまった。

 とりあえず、写真を撮りに行くという時のメインはf.64 SCMかf.64 SCXである。
 
 f.64はアンセル・アダムスら著名な作家が名を連ねる、芸術写真家集団「f.64グループ」から生まれたカメラバッグだそうだ。シンプルであきがこないデザインで非常に良い。

 当初、使用者の評判が非常に高いDOMKEも考えた。DOMKEは私も愛読していたフィラデルフィア・インクワイヤーの記者が作ったメーカーということで親近感もあり、かなり有力な候補であった。しかし、フックに指を挟んで店内で大声で叫びそうになったことがトラウマとなり、却下・・・。しかし、何であんなに開けにくいフックにしてあるんだろうか??

 f.64 SCシリーズのよいところは、カメラやレンズの出し入れが非常に簡単であるということである。通常のカメラバッグは、チャックやファスナーが外側についていて、蓋を開けるとその蓋は人の体の方に倒れてくる。しかし、このf.64 SCシリーズは、チャックやファスナーが内側についていて、蓋を開けるとその蓋は外側に倒れていく。これによって、カメラやレンズを取り出すときに蓋が邪魔にならない。あまりかばんを肩にかけて立ったままレンズを交換することはないが、レンズをカメラに装着したままバッグに出し入れするときには非常にスムーズである。
  
 最初に中型のf.64 SCM [寸法(内寸):310×170×220mm、重量:1,000g]を買った。このカバンで想定していた装備は、CONTAX ST、RTSlll、ROLLEIFLEXのうち2台、レンズ3本、ストロボ1台、デジタルカメラ(C-3040Z)というものであった。これだけのものはこのカバンで何とか持ち運び可能であった。

 しかし、E-1、ZD14-54、ZD50-200を導入すると、どうしてもあとレンズ一本もって行きたくなり、f.64 SCMでは運ぶことができない。

 このため大型のf.64 SCX[寸法(内寸):390×170×240mm、重量:1,700g]を導入した。
 f.64 SCXは、横にずいぶん長くなったためか、底の強度が不足しているようで、そのまま使うと、かなりしなる。このため、底には使わないパットを敷いてある。ポケットも大きく二重になっているため小道具(フード、マウントアダプターなど)もかなり余裕を持って入れられる。旅行先ではパンフレットや、ガイドブックなどの収納などにもかなり余裕がある。
 これにより、CONTAX一台、CONTAX用レンズ3本(小型レンズも含めれば4本)、E-1、ZD14-54、ZD50-200にストロボ2台は、確実に持ち運べるようになった。ただし、重い・・・。ROLLEIFLEXを持ち出すときは、CONTAXかE-1はどちらかは、お休みとなる。
 
 E-SYSTEMは素晴らしい。持ち歩きたくなるシステムである。露出を外さないように、またその精度と操作のスピードで、さらにそのデジタル画像のクオリティの高さで、E-1を持ち出してしまうのだが、そのおかげで、CONTAXとROLLEIFLEXを一緒に持ち出す機会が激減してしまった・・・。勿論、デジタルの画像がフィルムの写真のクオリティに勝っているとは全く思わないし、E-1が素晴らしいと言えども、カメラの操作感などはCONTAXとROLLEIFLEXの方が使っていて遥かに楽しい。しかし、便利なものは一度慣れてしまうと、どうも・・・。つい、D-SLRを持ち出して露出計として使ってしまう・・・。

 私の写真の趣味は、完全マニュアルの2眼レフ(ROLLEIFLEX)から始まり、MF(AE)カメラ(CONTAX Y/C)、AFカメラ(CONTAX N)、D-SLR(E-1)とカメラの発展の歴史をなぞるように使ってきたので、マニュアル露出、マニュアル・フォーカスは別に苦でも何でもないのだが、最近は堕落して、「やっぱり、露出確認はできた方がいいよね。」ってことで、デジタルカメラを併用してしまう。
 
 へたれだな・・・。
 
 せめて、荷物を減らすために、露出確認用デジタルカメラはC-3040Zに戻すか・・・。
 実際、私の使い方だとC-3040Zで十分なんですよね・・・。(ただ、ちょっと動作が遅いけど・・・。)

 少し、反省しよう・・・。

20060214_014843-KICX1097_t.jpg

  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://hcmkiccsas.blog.fc2.com/tb.php/85-0a1a5c36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


-
管理人の承認後に表示されます
│07/29 04:55