この前、初めてレンズを落としたのですが、今度は、初めてメガネを壊しました。
 あるホテルの一室に大勢集まって、フロアにクッションを敷いて飲んでいたのですが、メガネを床に置いておいたのを忘れて、見事に自分で踏みつけてしまいました・・・。

 で、本日、新しいメガネを作りました。 

 フレームは、RayBan RB2132 901 □52/18。
 RayBan WAYFARERのこの型番のサングラスのデザインが気に入っていたので、予備で色違い、大きさ違いを含めて5つも予備を買っていました。(笑)
 このサングラス、メガネフレーム兼用ということなので、そのうちの一つをメガネフレームにしてみました。

 レンズは安いのにしようと思ったのですが、店員さんがせっかく、RayBan WAYFARERをフレームに使うなら、レンズも良いのにしましょうよと強力にプッシュ。

 店員さんのお勧めレンズということで、レンズは、ちょっと高かったですが、Carl Zeiss Uropal 1.60とガラス製のレンズにしました。
 ということで、Carl Zeissの新レンズ導入です。(笑)

 Carl Zeiss Uropal 1.60は、スーパーマルチコーティングで、隠しマークも入っているちょっとプレミアム感のあるレンズ。
 ガラスレンズ唯一のフィルターレンズで、眼の疲れを抑える琥珀色のフィルター(コーティング?)があります。
 モニターを見ている時間が長い人は、こういったレンズが良いとのこと。
 私は、本を読んだり、PCでの作業などでは、メガネをはずしていることが多いのですが、目のためにはメガネをして作業をした方が、疲れないとのこと。
 スペックは、屈折率 1.60、比重 2.67、アッベ数 41.7、素材 ハイクラウングラス。
 この数値が実際にどのくらいの効果をもたらすのかは、よくわかりませんが、ちょっと高いレンズを買った満足感あり。(笑)

20081105_205401_B056297a.jpg

  
コメント

カールツアイスが眼鏡レンズまで出していたなんて驚きました。
しかも、ガラス!!
近年はプラスチックレンズ全盛期ですからね。
屈折率が高いほど薄型に作れますから、
見た目にこだわるならやっぱりガラスですか??
あ、もちろん光学性能もバッチリでしょうね…。
16PK│URL│11/08 20:44│編集

 メガネ屋さんの話では、ガラスの方が性能もよく、疲れないそうです。

 「レイバンのサングラスもガラスのレンズで、まじめに作っているので、それをメガネに替えるのだから、良いのにしましょうよ」、「カールツアイスは世界最高の光学機器メーカで、カメラのレンズでも有名ですよ~」とのうまいセールストークにのってしまいました・・・。
 
 「店員さん、知ってますよ。私の愛用のカメラはカールツアイスのレンズが使えるCONTAXです」とは言いませんでしたが、すっかりその気になって買ってしまいました・・・。(笑)
hcmkiccsas│URL│11/09 00:36│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://hcmkiccsas.blog.fc2.com/tb.php/575-90733a5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)