ZD50-200SWDを再修理に出したのが、戻ってきた。
 7月9日に、レンズを引き取ってきた後、よくみたら、レンズ内に塵が混入していたのだ・・・。

 別に写りに関係はないのだが、新品で買って、塵一つなかったレンズに、初期不良があり、それを修理したら、塵が混入では、ちょっと気分が悪い。

 製造はかなりレベルの高いクリーンルームで組み立てても、修理は、クリーンルームで、行っている訳じゃないのかもしれないですね・・・。
 
 今度は、綺麗に清掃されて戻ってきました。

 OLYMPUS PLAZAの担当者の方の対応は、丁寧で、すばらしかったです。
 修理担当者の方、最初から丁寧にお願いします・・・。

 しかし、このレベルのレンズ一本で、どのくらい利益が出るのかはわからないが、技術料+送料などの負担を考えると、最初から完全な精度でつくらいないと、利益のかなりの分を吐き出してしまうことになるのではないだろうか?
 勿論、初期不良によるA/Sの費用負担分も広く薄く、価格に転嫁されているのだろうが・・・。

 修理明細にも、「この度、ご迷惑をおかけして申し訳ございません」との文言が添えてありました。
 結果的には、迅速かつ、丁寧で、満足なサービスでした。
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://hcmkiccsas.blog.fc2.com/tb.php/465-bdae9015
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)