3月11日にデジタル一辺倒から銀塩カメラへの揺り返しがかならずあるのでは、そして、それにともないCONTAXの評価も必ず上がるはずとと書いたが、その辺をまとめて、京セラのお客様相談室に再度、「頑張ってくださいメール」を送った。(迷惑なユーザーだ・・・。)
まあ、中で頑張ってCONTAXの存続のために努力している人へささやかな応援のメッセージとなってくれれば幸いである。

そうしたら、再度メールが来た。

***************************
再度のメールをありがとうございます。

銀塩のカメラ事業に関しましては、先日ご回答申し上げましたとおり、現段階で、今後どのような形にするのかを、様々な角度で検討しているところでございます。OO様からいただいたご要望を弊社カメラ事業部に伝えさせていただきたいと存じます。

OO様のご要望に、重ねて御礼申し上げます。
****************************

これを「うるせーーー。今、それどころじゃないんだよ!!」ととるか、「応援ありがとうございます。」ととるか。

私は後者として理解させてもらう。
京セラCONTAXの命脈は尽きようとしているのかもしれない。
覚悟はできている。

ST、NX、RTSⅢ、そして10数本のレンズを使ったが、どれもみないい思いである。
写真を撮る楽しみをROLLEIFLEXとともに教えてくれた、初めての一眼レフのシステムカメラCONTAX。

これからも、CONTAXは私の大切な相棒であり続けるだろう。
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://hcmkiccsas.blog.fc2.com/tb.php/45-a164b4aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)