2005.04.12  さよなら。 京セラ CONTAX。

***************************
CONTAX事業終了に伴う生産完了のお知らせ

お客様各位

2005年4月12日

京セラ株式会社
光学機器統括事業部

永年にわたり、CONTAXをご愛用くださいまして誠にありがとうございます。

この度、カールツァイスと京セラとの協力によっておこなってまいりましたCONTAX事業につきまして、京セラは、本年9月をもって国内における出荷を終了し、弊社における同事業を終了することとなりましたので、ご案内申し上げます。カールツァイスと京セラは、「CONTAXブランド」製品の開発・生産・販売に関して、永年に渡り協力関係を築いてきましたが、京セラは急激な市場の変化に対応できずその事業を終了することを決定しました。このCONTAX事業終了に伴い、下記の通りCONTAX製品を生産完了商品とさせていただきます。
なお、アフターサービスに関しましては、従来どおり機種ごとに定めております期限により最長10年間継続してまいります。今後とも皆様にご愛用いただいております機材を、安心してお使いいただけるよう、保守・修理体制を維持してまいる所存でございます。
また、コンタックスクラブ、およびコンタックスサロンにつきましては、当面運営を継続してまいります。今後とも変わらずご利用いただきますようお願い申し上げます。

c0049597_23442935.jpg
http://www.kyocera.co.jp/prdct/optical/news/discontinue050412.html
***************************

ついに、公式発表がなされた・・・。
覚悟はしていたが、残念である。

CONTAX。とにかくかっこいいカメラであった。
ボディもレンズも、他のメーカとは比べ物にならないほど、美しいデザインであった。

かのエンッオ・フェラーリは「美しい車は、速い。」と言ったそうであるが、CONTAXは「美しいカメラとレンズは、写りも美しい」と言った感じである。

CONTAXのブランドはきっとどこかでまた復活するだろう。
しかし、ヤシカ、そして京セラが作った歴代のCONTAXのような美しいデザインで復活するかは誰も保証できない。

ST、RTSⅢ、ボディの感触、フェザータッチのレリーズの感触、シャッター音、どれをとってもすばらしいものであった。

ZEISSレンズの写りのすばらしさは言うまでもない。

もう京セラCONTAXとして、新製品が出ないのは残念であるが、
これまで市場に出た多くの遺産によって、まだまだ楽しめるはずである。

ヤシカと京セラの光学機器部門のみなさん。今まで、すばらしいカメラとレンズを供給してくれてありがとう。
  
コメント

こんばんは
はじめまして
ホームページの方からこちらにやってきました
ホームページもとっても良かったです
僕も昔からCONTAXが好きで好きで困ってます(笑
こちら様のブログ読破しようと思い、とりあえず?ここまできました(笑

リンク頂いてきます
宜しくお願い致します
michiru78h│URL│03/17 00:48│編集

 CONTAX、いいですよね。
 レンズの描写は当然ながら、レンズとカメラのデザインもすばらしいです。
 旧式の操作方法ですが、操作感は抜群だと思います。
  
 CONTAXだけじゃなくて、大判のフィールドカメラも使用されているのですね。趣味で写真を撮る理想的なシステムで、羨ましいです。
 私もフィールドカメラを欲しくてたまらなくなる時があります。

 更新がよくとまりますけど、今後ともよろしくお願いいたします。 
hcmkiccsas│URL│03/17 16:44│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://hcmkiccsas.blog.fc2.com/tb.php/42-c633158f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)