OLYMPUS Studioがアップデートされバージョン1.3になった。
私が使い始めたのはバージョン1.2からなので、私にとっては初めてのバージョンアップである。
早速バージョンアップをしてみたところ、バージョン1.2からバージョン1.3へアップデートは非常に有益なものであった。

バージョン1.2はRAW現像するときに、「高速」と「高機能」現像を選択するのだが、「高機能」を選択しようとすると、「高機能」に切り替えるためにファイルを開く度に毎回、ボックスをクリックして、「高機能」を選択しなければならなかった。
まるで、「高機能」は、選択するなと言っている様で、不思議な仕様であった。
基本設定で、デフォルトを「高機能」に設定できないものかと色々と調べたが、そのような項目は存在しなかった。

また、「高速」、「高機能」現像ともにカメラ設定時の設定をそのまま維持する「高速(カメラ設定)」、「高機能(カメラ設定)」という新設定も追加された。
これは非常に便利である。
というか、「今まではそうではなかったのか?」とちょっと愕然とした・・・。
とりあえず、自分の撮った設定がRAW現像のウィンドウの中でも確認できるので、安心して作業ができる。

かなり、有益なアップデートなのではないだろうか。

しかし、OLYMPUS Studioは現像処理やその他レタッチ処理の処理速度が遅いような・・・。
Photshopやその他の画像関連ソフトはもっと、きびきび動くのに・・・。
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://hcmkiccsas.blog.fc2.com/tb.php/41-311228d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)