ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm/F2.8-3.5よりの買い替えで、購入したSWD付きの新レンズ。

 従来のZD50-200でも、特に不満はなかったのだが、ZD50-200は、フォーサーズシステムを理想を最も具現化したレンズであると考えているため、それが新型になるなら、それを使ってみようと思い買い替えを決定。換算100-400mmで、F2.8-3.5の明るさ、重さ1kg弱、防塵防滴、さらにE-3、E-510では手ブレ補正が効く上に、価格は10万円。他にこんなに写りが良くコストパフォーマンスに優れたレンズがどこにあるだろうか?これは、新型に買い換えなければならないだろう。(笑)
 
 データ的にはSWDなしが920g、Ø83x157mm、SWD付きが995g、Ø86.5x157mmとなっており、大ききくは変わらないのであるが、実際に手に取るとSWD付きの新型レンズはかなりでかい。
 筐体の大きさに合わせて、フードも巨大化しているので、非常に場所を取るレンズとなっている。
 ワンサイズ、大きなレンズとなっていると言って間違えないだろう。

 正直、ちょっと持ち出すのに躊躇する重さではなく、大きさとなっている。(笑)

 SWD付きの発売前に、ZD50-200を売却してしまったので、無条件で新型レンズを買うことになったのだが、SWD付きの新型レンズを見てからだったら、買い替えしなかったかもしれないと思っている自分がいることも事実。微妙な大きさの差なのだが、そのくらい、その差が結構、大きいと感じている。
 
 何でなんだろう?
 本当にちょっとの差しかないのに、持ち出すのに何か動機付けがないと持ち出せないレンズになっている。勿論、持ち出したら、SWD付きの方がAFは速いし、快適なので、後悔はないのだが・・・。 
 
 一部で、ZD50-200/F2.8-3.5 SWDのAFが迷ったり、動かなくなったりするという報告があがっている。実際に機器の不具合もあるのだろうが、おそらく、その多くは機器の不調ではなく、単にAFが苦手なものに必死にAFでフォーカスを合わせようとしているだけなのではないだろうか?
 背景とのコントラストが弱い被写体や強い光源がある被写体の場合は、AFが迷うのは当然ですので・・・。
 最近のカメラのAF性能が向上しているのは、間違いないのだが、AFは万能ではないということを頭の片隅に入れておかなければならないと思う。
 どのメーカーのどんないいカメラを使っても、AFではフォーカスが合わせにくい被写体はありますので・・・。でも、そんな時に、シームレスにマニアル・フォーカスに切り替えてフォーカスを合わせられるZD50-200/F2.8-3.5 SWDは、非常に使い勝手の良いレンズに仕上がっていると思う。

 何だかんだと言いつつも、ZD50-200/F2.8-3.5 SWDは、AFの高速化、電子フォーカスでなく、マニュアルフォーカスが採用されているので、格段に使いやすいレンズとなっていることは間違いない。
 それでも、なぜが残る違和感は、巨大化したフードに原因があるかもしれない。(笑)
 とりあえず、フードだけでも小型(小径)になりませんかね?
 PLフィルター用の穴とかいりませんので・・・。

 オリンパスのHPをみたら、SWDなしのZD50-200は、いつのまにやらカタログ落ちしていた。価格差を考えれば、併売する理由はないのかもしれないが、少し小型のSWDなしの存在価値はあったのではないだろうか?デザインも旧レンズの方がスマートでかっこよかったと思う。

[参考]http://hcmkiccsas.blog53.fc2.com/blog-entry-33.html

20080131_232509_1310341.jpg
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://hcmkiccsas.blog.fc2.com/tb.php/365-9b884686
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)