【ボディ】
 E-3は、お世辞にも、洗練されたデザインとは言えないが、無骨で存在感のあるデザインであることは間違いない。個人的にはL字型のE-1よりは、従来型の無難なE-3のデザインの方が好みである。
 グリップは非常に手になじむ形状で、特にレリーズを切る人差し指の誘導部のデザインが非常に自然でよい。
 810g(メモリカード、バッテリーなし)は、重いなどと言われるが、私は全く気にならない。もうちょっと重くてもいいと思っている。810gは、CONTAXで言えば、RXと同じ重さ、STにプラス10g、これでは軽くて使いにくいので、バッテリーグリップP-7常時装着して使いっているくらいなので、E-3は、私にとっては十分に軽量の部類に入る。(笑)
 そんなわけで、カメラのライターなどが、フォーサーズなのに重いなどと長時間使っている訳でもないのに、言うのはちょっと違和感を感じている。
 確かに標準ズームだけを使っていれば、E-1程度の重さに抑えていてもいいかなとも思うのだが、SLRはシステムで使うものであり、ZD50-200/2.8-3.5SWD、ZD150/2、ZD14-35/2あたりのレンズの重さが1kgに近いようなレンズを使うことを考えれば、E-3の重さは妥当であり、もう少し重くても良いくらいである。

 フラッグシップ機というのは、高性能のレンズとともに使うべく設計されるものである。例え、E-3が、実質的には、他社の中級機レベル(Nikon DXファーマットのフラッグシップD300を含む)をライバルとして想定している機種だとしても、オリンパスの重めのHG、SHGレンズとのバランスを考えた大きさにすべきなのだ。
 そもそも、フォーサーズは小型軽量のみを目的にしているわけではない。135判と同等の画質なら小型に、同等の大きさならより高画質というのがその思想である。フラッグシップ機は、特に後者、つまり、135判と同等の大きさで作った高画質を提供するレンズの使用をその前提にしているカメラでなくてはならない。
 したがって、フォーサーズの割りに重いという安易なコメントは、信じてはならない。(笑)
 
 実際、ZD50-200/2.8-3.5SWDあたりの1kgほどあるレンズは、やはりバッテリーグリップがあった方が撮影しやすい。Y/Cマウントのレンズを色々と装着して感じたことは、600g程度あるレンズ(D35/1.4、P85/1.4など)以上にはバッテリーグリップがあった方がバランスがよく、使い易そうである。CONTAXでも、600g程度以上のレンズはRTSⅢ、ST+P7の方が使いやすいので、レンズが600gくらいの重さからは、カメラも1kg程度あった方がバランスも良く使いやすいようだ。
 実質、E-3の標準ズームとなっているZD12-60/2.8-3.5SWDの重さも575gなので、バッテリーグリップがあった方がおそらくバランス的に使い易く感じるだろう。

 何でも軽く、小さく作れば良いというものではないのである。 
 軽いのが欲しい人は、E-410やE-510という小型軽量のカメラを買うだろう。ZD50-200/2.8-3.5SWDをE-510につけても、相当バランス悪いだろう。ただ、カメラが550-600g程度の重さで、バッテリーグリップが装着可能なE-二桁機というのがあってもいいとは思うし、そういうのを待ち望んでいるユーザーがおそらくは多くいるだろうことも想像できる。しかし、それはフォーサーズシステムにおいても、フラッグシップ機とすべきではないと思う。なぜなら、大きめなHGレンズ、SHGレンズにも負けないボディのバランスを持ったカメラをフラッグシップ機とすべきであると思うからである。
 
 もう一つ感じたことは、E-3のグリップは非常に優れているのだが、ZD50-200/2.8-3.5SWDのような1kgほどあるレンズを支える場合は、慣れの問題かもしれないが、ちょっと手が疲れる。E-1の方がしっかり握らないとホールドできないので、重いレンズの場合は、むしろ疲労感が少ない気がする。
 
 早く、バッテリーグリップが欲しいところなのだが、不具合の報告が多いのと、軽量化とコストダウンを狙ったためなのだろうが、プラ外装による質感の悪さに購入意欲が…。重くても良いので、金属外装のバッテリーグリップを用意してくれないものだろうか?

20080131_231938_1310333.jpg
  
コメント

はじめまして。自分はE-500ユーザーで、そろそろE-3に乗り換えようと考えていたのでとても参考になりました。(と言うより、背中を押されました 笑)
重さが気にならない、という話は私も同感です。カメラ屋でいじってみて、12-60との組合せ程度の重さだったら、ぜんぜんオーケーかなーと。
むしろ、E-500を買ったばかりの頃は、逆に軽すぎて抵抗がありました。(銀塩の頃の方がずっと重いカメラ+レンズだったので)
むしろ気になるのが、ファインダーの傾きとかAF前ピンとか、いくつか報告されている不具合。。。そういう不具合なんて買った人のごく一部だと思いますが、さすがに今から買おうとする身からすると、ちょっと凹みます。
hcmkiccsasさんが実際E-3を購入されて、何か不満な点はございましたか?
うさぎ主義者│URL│03/17 23:14│編集

 はじめまして。
 E-3、良いですよ。今のところ、特に不満はありません。操作性でこうしたらもっと良いのにと思う点はいくつかありますが(詳細は本日分と明日の分のUPで)、慣れの問題かなと思っています。おそらくは、やろうと思えば、かなりの部分はファームアップで十分対応可能だと思うので、ユーザーからの声があれば、対応してくれるのではないかと期待しています。マウントアダプター経由の手振れ補正も可能になりましたから。

 初期不良は、精密機器はどうしてもある程度の割合で発生してしまうものですから、こればかりは、如何ともしがたいですね。でも、問題があれば直ちに対応して製造工程なども細かく改善されているでしょうから、今、市場にあるような製品はかなり安定しているのではないでしょうか?責任は持てませんけど・・・。(笑)

 とりあえず、1月末に買った私の製品は、気になるような問題は発生していません。気がついていないだけかもしれませんが。(笑)

 LiveMOS搭載のE-3とKODAKのFFT型CCD搭載のE-500だと、画的にも重量的にも、上手く棲み分けできると思います。E-3、いっちゃいましょう。(笑)
hcmkiccsas│URL│03/18 03:09│編集
about E-3
フォーサーズなのに重いなどとケチをつける馬鹿どもは無視しましょう。
グリップの感触もいいし、モードダイヤルを採用していないので知らないうちにダイヤルが回っているなどというミスを起こさない。
このカメラは撮影者にプレッシャーをかけるカメラですね。上手く撮れないのは撮影者に問題があると思わせます。
にしても、3桁機→1桁機というのはギャップが大きすぎるわけで、上級アマチュア用の機種は必要かなと思います。
E-3Meister│URL│04/08 14:49│編集

 E-3はE-3をほしい人が買えばいいだけですからね。

 ただ、E-3の性能をもう少し軽いカメラでという人も多くいるようですので、企業としては、そのニューズをマーケットからうまく拾ってきた商品を出すのがビジネスでしょう。

 小型軽量は低価格機のみというのは、違うと思うのですよね。
 CONTAX T、CONTAX G、ライカ、OLYMPUS OM-一桁が売れたのは、小型軽量 (見た目よりは重かったですけど。)、高品位な製品だったからですから。

 E-二桁機は、そういうニューズに応えた製品になることを期待したいですね。
 私は、次期E-510を基に、外装を金属、ファインダー倍率UP、AF測距点を7-9点くらい、可動式液晶、連写を4.5-5コマまで頑張って、縦位置グリップを用意したら、ものすごく売れると思うのですけどね。
hcmkiccsas│URL│04/08 16:16│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://hcmkiccsas.blog.fc2.com/tb.php/363-813d10ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)