OLYMPUSのフラッグシップ機であるE-3。
 約2ヶ月ほど使用してみた感想を少し書いてみたいと思う。

【ファインダー】
 E-1のファインダーは小さかったものの、非常に見やすいファインダーだった。しかし、E-3はE-1の切れの良い見やすいファインダーを引き継ぎつつ、さらにファインダー倍率を高めた非常に優れたファインダーとなっている。不満は全くない。

【AF性能】
 SWDのスピード、静粛性は素晴らしい。しかし、E-3とE-1に取り付けた時のAFスピードの差は、想像以上に異なる。つまり、E-3のAFセンサーの性能が、驚くほど高いのである。非SWDのレンズでも、AFのスピードは、明らかにE-3が勝っていることを体感することができる。

【手振れ補正】
 5段の手振れ補正効果は、伊達ではない。信じられない程、低速のシャッタースピードで撮ったものもでも、ブレのないシャープな画像を提供してくれる。これに慣れてしまうと、フィルムカメラで、撮る時も安易にシャッターを切ってしまうような気がして、怖いくらい。
 ファームアップにより、マウントアダプター経由のレンズでも手振れ補正が利く。私の所有するCONTAXのY/Cレンズ、OLYMPUSのOMレンズがすべて手振れ補正で使える。Makro-Planar 100mm/F2.8が手振れ補正で使えるのである。感動。

【ホワイトバランス】
 E-1からの進化で、もっともありがたかったのは、ファインダー、AF、手振れ補正より、このホワイトバランスの適正化であった。E-3のファインダー、AF、手振れ補正は非常に優れているのだが、実はE-1でも、カメラの性能自体にはそれほど不満はなかったので、E-3のファインダー、AFの性能UP、手振れ補正による操作性のUPは、私にとってはおまけのようなものである。しかし、WBは、直接、画質にかかわる性能であるため、このWBの進化は、もっとも恩恵を受けたと感じている。
 E-1のWBは、室内などでは、正直、全くあてにならなく、RAW撮影以外では、とても使えないものであった。しかも、設定を色々と変えてみても、満足な色調にならなかったことが少なくなかった。これは、C-3040Zも同様の傾向だったので、オリンパスのホワイトバランスの思想が、私の感性と合っていなかったように思う。E-3のAWBは、かなりイイ線である。でも、CONTAX TVS Digitalの方が私の感性に合っている。ただ、室内で高感度が弱いCONTAX TVS Digitalだと手振れを量産してしまう・・・。
 とにかく、E-3のAWBの適正化は、フォーサーズシステムの深い被写界深度、E-3の手振れ補正の性能と相俟って、室内での撮影には無類の強さを発揮し、非常に安定した画像を提供してくれている。

20080131_231423_1310325.jpg

  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://hcmkiccsas.blog.fc2.com/tb.php/361-8362c2d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)