CONTAX TVS DIGITAL。

2003年 2月20日発売されたCONTAX初のコンパクトデジタルカメラの名である。
もう2年以上前の旧式のカメラである。
メーカー希望小売価格は134,400円。

レンズは勿論、T*レンズ。Vario-Sonnar T*7.3-21.9mm F2.8-4.8。
6群6枚構成で、3枚の非球面レンズと2枚の高屈折率ガラスを使用。
500万画素の高精細1/1.8型CCDを搭載。
外装はチタン、シャッターボタンには多結晶サファイアを使用。

フィルムカメラで高級コンパクトというジャンルを作り、大人気となったTシリーズのデジタル版。
カタログには『「愛機」と呼べる、デジタルカメラ』というコピーがあるが、コピーに違わず高級な佇まいをしているデジタルカメラである。

しかし、発売後の色々と叩かれていた。
当時としても決して大きくなかった1.6インチ液晶ディスプレイ。
見やすいはずだったのがが、実は見難かったデイファイン液晶モニター・・・。起動、書き込みの遅さ・・・。銀塩のTシリーズと比べると質感が劣る、などなど。

いくらCONTAXと言えども、この手のデジタルカメラが実売8万円台の後半では高価すぎてとても買えない。
もう少し出せば、デジタル一眼レフの入門機が買えてしまうお値段である。

その後、随分と価格は下がったが、それでも5万円以上はしていた。
これにメモリも買えば、さらに1万円は出さなければない。結構なお値段なのに古いためかRAWで撮影できない、露出がマニアルモードに設定できないなど、ちょっと使いにくい点もあり、購入を見送ってきた。
CONTAXの撤退が決定して、価格が4万円を切るような価格に落ちた時に買おうかと思ったのだが、
それでもメモリも買えば5万円近くは出さなければならい。
ちょうどその時期にデジタル一眼レフE-1を買ってしまったので、結局、購入を見送った。

メモ用、露出確認用としてはC-3040Zで十分なのだが、
C-3040Zは厚みがあり、かさばるので、普段使っている細めのブリーフケースに入らないので、
本当にメモ用に中古でいいので、メモリ込みで2-3万円くらいで小型のデジカメが欲しいななどと考えていたところ、突然、その候補としてCONTAX TVS DIGITALが浮上。

Fカメラにてリモコンやら説明書なしの中古扱いの新品が25,000円。
買ってしまった・・・。

いや、良い買い物だ。
D21で最後だと思っていたのだが・・・。

最後どころか、急に増えてるぞ・・・。

祖父の形見として譲り受け、そのまま長い間、忘れ去られていて、カビだらけで発見されたOLYMPUS M-1、ZUIKO 50/1.4、ZUIKO 35/2も修理するし・・・。

tvs_d01.jpg

c0049597_1872251.jpg


tvs_d05.jpg

tvs_d03.jpg

tvs_d04.jpg

  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://hcmkiccsas.blog.fc2.com/tb.php/31-0eb4b21b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)