日本でコンタックスのアクセサリーをストックしようとしたが、時、既に遅し・・・。
ほとんど在庫はなくなっていたとことは前に触れた。

仕方がないので、アイカップF-4と方眼マットFV-4を高いけど韓国でなんとか確保した。
日本のヤフーオークションで買うよりは安かったかな・・・。

韓国でもCONTAXのアクセサリーはほとんどの店で姿を消している・・・。
と言うか、もとからCONTAXを置いている店がない・・・。
  大体、輸入の代理店に電話して、持ってきてもらってもらっていたのだが、その代理店もスクリーンなどの在庫は尽きたらしい・・・。

  とりあえず、ST用スクリーンは標準FW-1が一枚、全面マットFW-3が二枚、中古で買った時に付いていたコンビネーションマイクロFW-2が一枚(初めて交換する時に、ちょっと傷つけてしまったが・・・。)あるので、安心。
  RTSⅢ用は中古で買ったときに付いていたのが全面マットFV-3で、さらに買い足したので全面マットFV-3が二枚、方眼マットFV-4を今回また一枚買い足したので、FV-3、FV-4が各二枚づつあるので、なんとか大丈夫でしょう。

 アイカップF-4も今回、買い足したので、予備が2つあるので、こちらもなんとかなるでしょう。

  京セラで再生産したら、また買っておこう。(本当に再生産するのかな??)


  海外にいるので、アクセサリーなどの在庫の状況とかがよくわからなかったので、ヤフーオークションなどを見て、価格動向をチェックしていた。
  コンタックスのアクセサリー類は異常に高騰していたので、本当に店にモノがないのだと思って、韓国でフード類(中古)を慌てて揃えたのだが、日本に帰って東京の中古屋を幾つか回ったら、フード類は普通においてあり、日本の方が安かった・・・。

 ヤフーオークションの落札価格はちょっと異常ですね・・・。
 オークションするくらいだから、ネットを結構、わかっていてやっている人だと思うのですが、なんでこんな値段で落札するんだろうというものが結構多い。
 普通に信頼できる店で買った方が保証もつくし、安心だろうに・・・。
 あの値段は、地方の人で本当にモノがないという人、モノを買うのに時間をかけるのが惜しいお金持ちの人、純粋にオークションで買うことが好きな人によって形成されているのだろう。

 韓国に戻り、ついに祖父の形見として譲り受け、そのまま長い間、忘れ去られていて、カビだらけで発見されたOLYMPUS M-1、ZUIKO 50/1.4、ZUIKO 35/2の修理を頼んできた。

 職人が3人でやっている非常に小さい修理屋さんだが、近くの中古屋街のカメラの修理、メンテナンスを引き受けているので、結構、繁盛しているようである。

 仕上がりは、何と5日後。
 早や・・・。
 日本で直す金額の半分以下で済む予定。

 しかし、カメラの電子化だけでなく、デジタル化が進んでいるので、こういうお店もどんどんなくなってしまうのだろうな・・・。
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://hcmkiccsas.blog.fc2.com/tb.php/29-616942cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)