OM-D E-M1 Touch & Shooting ~さよなら、FT、こんにちは、MFT?~

《ISO3200》

 ISO3200は、誤って全部、JPEGで、デジタルテレコンをONで撮ってしまっていて、ギトギトの画像しか撮れていないので割愛します。ISO3200からはデジタルテレコンは画質的に無理です。


《ISO6400》

20131020_165748_A200206_t.jpg

《ISO6400 100% Crop》 

 

20131020_173135_A200868_t.jpg







20131020_165748_A200206_t100.jpg

 ISO6400は、夜間の風景や暗い場所での撮影はよいかもしれませんが、明るいうちにポートレートなど人を中心に撮るにはちょっと画質的に厳しいでしょう。普通、明るい時にISO6400を使うことはないので、テストに意味はあまりないかもしれません。あと人間の脳は、人間の顔などを認識する時に、他のものより少しの違いでも違和感を覚えるというこという傾向があるそうで、変にのっぺりとしていたり、ザラザラしていると他の被写体より厳しい判断をする可能性があります。E-M1のISO6400の画像は、ザラツキ感はありますが、E-1、E-3の時に浮いてきたカラーノイズはあまり見られません。今回のようなそこそこ明るい時間に、ISO6400で撮影することはまずないですが、非常用としては十分に使えると思います。
 室内でのプロジェクター使用のため照明を落とした状況でのISO3200、ISO6400もカラーノイズなどは非常によく押させられていて、FTセンサーもここまできたのかと感慨も一入。

2013.10.20
ソウル・パートナーズ・ハウス Seoul Partners House

  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://hcmkiccsas.blog.fc2.com/tb.php/1731-4afa2636
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)