Canon EOS 6Dのメインレンズ群としてCONTAXのY/Cマウントを使うことを想定していましたので、EOS 6D購入直後にY/C(正式にはC/Y)-EOS マウントアダプターを購入しました。
 CONTAXを持ち出すときは大抵、レンズを3本持ち出すことが多かったので、Y/C-EOS マウントアダプターも3つ買ってみました。ネットではRayqual製とKIPONが評判が良いようなのでそれを軸に買おうと思ったのですが、ネットで探すと結構安いのも出ていたので、とりあえず、実験がてら次の3つを買ってみました。

 近代インターナショナル(Rayqual)製 Y/C-EOS マウントアダプター
 ノンブランド Y/C-EOS マウントアダプター(電子接点なし版)
 Kernel Y/C-EOS マウントアダプター
 
近代インターナショナル(Rayqual)製 Y/C-EOS マウントアダプター
 近代インターナショナル(Rayqual)製のものは、新品で買うと17,000円ほどする高価なものです。でも、フィーリング、実用ともノンブランドのものとほぼ変わりません。D35/F1.4はこれでないと使えない場合があるというネットの記述があったので、保険のために一つは持っておこうと思って買ったのですが、試してみたところ、他のものでも問題なく使えているので、17,000円の価値はあるか微妙です。(訂正 2013.10 詳細は下記)
 中古で約半額(8,400円)で買ったのでまあ満足しています。黒い枠もカッコイイといえばカッコイイですので…。Rayqual製のものは、少し枠が大きいので径が大きなレンズを使った時にレンズとアダプターを外しやすい気はします。もし、アダプターを一つだけ買うなら安心料として、Rayqual製をお薦めしておきます。

ノンブランド Y/C-EOS マウントアダプター(電子接点なし版) 
 私の買ったノンブランドのアダプターは、よく電子接点があるアダプターが紹介されていますが、その電子接点のないバージョン(2,480円)です。Rayqual製のところでも書きましたが、実用上も、フィリーングもRayqual製のものとほとんど変わりません。どこのモノか分かりませんし、同じ商品が継続的に購入できるかも分かりませんけど、今回、購入したものは当たりでした。コストパフォーマンスは抜群です。

Kernel Y/C-EOS マウントアダプター
 Kernel Y/C-EOS マウントアダプター(2,980円)は、Rayqual製のものと私が買ったノンブランドのものともちょっとフィーリングが異なっています。
 Kernel製のものは、他の2つのものより、きついというか、しっかり、カッチリ留まる感じがします。ビルド・クオリティが高いとも言えますし、キツすぎるとも言えます。レンズとアダプター、アダプターとボディともしっかりと嵌っている感じがしますし、レンズ、ボディに脱着するときの「カチッ」と鳴る音はこのアダプターが一番、高そうな感じがします。(笑)ただ、Kernel製のものは、レンズとアダプターを留める金具が小さいので指で押さえて外すというよりは、爪で引っ掛けて外すと言った感じになり、レンズとアダプターを外す時にちょっと苦労します…。爪も削れるし…。径の小さなレンズは問題なのですが、径が大きなレンズ(MP100、S180など)は、レンズとアダプターの脱着に苦労するので、このアダプターはあまり使いたくないです。

 ちなみに、レンズとアダプターが外れなくなって焦っている人、外すときはレンズを下に左手で押さえて、アダプターを上にして右手で外す場合、「ロック(内側のピン)を外して、レンズに対してアダプターを半時計回りに回すです。」ので注意してください。私も外れなくなってかなり焦りました。(笑)

CONTAX Y/CレンズとEOS 6Dとの相性
 さて、最後にEOS 6DとCONTAX Y/Cレンズの相性ですが、私が実際に試したレンズは以下のとおりです。

 D21/F2.8、D28/F2.8、D35/F1.4
 P50/F1.4、P85/F1.4
 MP100/F2.8
 S180/F2.8
 VS28-70/F3.4-4.5、VS80-200/F4
 
 全てのアダプターで上記のレンズが問題なく使えています。(訂正 2013.10 詳細は下記)
 ガタツキのようなものもありません。
 D35/F1.4は使えないものもあるとの情報があったので、ヒヤヒヤしていましたが、私のD35/F1.4は問題なく使えています。よかった。よかった。

[revision:2013.10] 実践で、VS28-70/F3.4-4.5、VS80-200/F4にノンブランド Y/C-EOS マウントアダプター(電子接点なし版)を使用した時、時々、ミラーが引っかかる症状がでる時がある。カメラの微妙な傾きによっては使用に少し制限がある模様。カメラを水平に構えて最初に行なった近接から無限までのピントのテストの時には、問題は現れなかった。縦位置やカメラを傾けて撮影すると引っかかることが多い(発生率は1/4くらい) 。ただ、カメラを少し動かすとミラーが落ちるので、本当に微妙な精度なのだと思う。今のところ日本製の近代インターナショナル(Rayqual)製 Y/C-EOS マウントアダプターではそのような症状は出ていない。やはり日本製は精度が高いのか???また他のレンズで症状が現れたら逐次、レンズの適応状況をアップデートしようと思う。レンズ、ミラーなどにキズ等はなし。

ノンブランド Y/C-EOS マウントアダプター(電子接点なし版)
VS28-70/F3.4-4.5 … カメラを傾けるとミラー接触有り。[2013.10.02]
VS80-200/F4    … カメラを傾けるとミラー接触有り。[2013.10.02] 

Kernel Y/C-EOS マウントアダプター
VS28-70/F3.4-4.5 … カメラを傾けるとミラー接触有り。[2013.10.02]


20130902_001540_9023273_t.jpg

20130902_001824_9023275_t.jpg

CanonCM2. TB0 TOP▲
  
コメント

こんにちは。古めの記事ですがまとまった情報ですのでひとことでも。

検証はしていませんが、日本製は精度が高いというよりも、あまり無限遠を突き詰めていないような気がします。それに対して中華製アダプタはオーバーインフ気味に作って無限遠保証をしているのでミラーが当たるのでしょう。むしろこの場合は逆で、日本製のアダプタは本当に無限遠が出ているのかということが問題になるかと思います。
CONTAXファン│URL│10/22 19:28│編集

どうも。

そうなんですよね。
無限望遠などの精度などを突き詰めると・・・という問題もありますが、
私は、あくまで社外アダプターですので、そのあたりの精度はあまり厳密に追求しないようにしています。

1)レンズとカメラを壊さない。
2)使用に際して変なガタツキがない

の2点を重視しています

CONTAXファンさんの仰る通り、無限望遠の簡単な撮影テストなどがありますが、それもどのくらいの精度なのかやや疑問があると思います。
本当に無限望遠でているかどうかも、ちゃんとした測定器を使わないとわからないと思いますし。

CONTAXのレンズで撮影する時は、人を撮ったり、ボケ重視の撮影が多いので、私の撮影スタイルでは、無限望遠でなくても、あまり困ることないので、細かなことは気にしないようにしています。(笑)
そこまでの精度を、アダプターに求めていないので。(笑)

遠くの景色をしっかり撮るような場合は、素直に4/3なり、Lレンズを使っています。

でも、CONTAXのレンズは、いいですよね。(笑)
現在では最高の性能とは言えないかもしれませんが、使用感、デザインを含めて最もCOOLなレンズだと思っています。(笑)
何せ、使っていて楽しい。

hcmkiccsas│URL│11/03 23:55│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://hcmkiccsas.blog.fc2.com/tb.php/1649-78aeba97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)