フィルム環境が急激に悪化しているため、そろそろ、本格的に自分のデジタルカメラの機材の方向性を見直す時期にきたような気がしています。

 勿論、フィルムの価格が上がろうがひたすら使うというのもひとつの方法ではありますが、135フィルムに関してはリバーサル・フィルムは基本的には使用しないようにしようと思います。理由は、フィルム価格の上昇が一番大きいですが、リバーサル・フィルムの原板をルーペでみるなら、120フィルム(6×6)の方がより大きな原板をつくることができるということで、リバーサル・フィルムはローライフレックスで使用していこうと思います。

 中古のフィルム・カメラは以前と比べるとずいぶん安くなりましたが、このままフィルムがジリ貧になっていったら、後数年で、中古カメラ屋のフィルム・カメラなど全く売れなくなってしまうでしょうね…。デジタルカメラは、アマチュアでも一日、何千枚(!!)もシャッターを切る人もいるようなので、シャッターの耐久性などの面からも中古で買うのは馬鹿らしいですし…。コンピューターなどの中古と同じで、古いと価値がほとんどなくなりますので中古市場の形成もフィルム・カメラのようにはならないですし…。

 昔、製品化が噂されたフィルム型デジタル素子(フイルムパトローネ型撮像装置)の発売でもない限り、これまでのフィルム・カメラが本当に過去の歴史になってしまうのではないでしょうか?

 とにかく、リバーサルは120フィルム(6×6)を基本にしていこうかと思います。
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://hcmkiccsas.blog.fc2.com/tb.php/1642-84c8c180
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)