Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 28-80mm/F3.5-5.6

レンズ構成 7群7枚
画角 75°~30°
最短撮影距離 0.5m マクロ使用時 0.25m
質量 390g
寸法 76×70mm
フィルター径 55mm



 熱狂的なツアィス信者には、これは某社のOEMの安ズームで、「これはツァイスじゃない。」などと言われる、不遇の運命を背負ったVS28-80君。
 まあ、とりあえず、T*コーティングがしてあって、Carl Zeissの名前で売ってんだから、他のレンズより酷く劣っていることはないだろう。(別の高級レンズで撮ったポジを横に並べてルーペで拡大して比較(観察?)でもしない限り問題ないんじゃないかと・・・。)
 外装は、何だかんだ言っても、ツァイスの風貌をしてるし。この外装にするためにコストがかっかったとしてもそれは許す。(笑)

 まだ、あまり枚数を撮っていないので、何ともいえないが、普通に使える取り回しのいいレンズ。
 AF時に超音波モーターとかを使っているわけでないので、「ギシギシ(?)」と音がちょっと気になるけど、大きな音と言うほどでもないので、目くじらは立てないことにしよう。
 
 小型軽量+AF+ズームってバンバン撮れちゃうね。って使い方が、このレンズの正しい使い方のような気が・・・。(笑)
  「あ、D28に、あ、ここはP50で、ああ・・・Pはちじゅうご-----。」などとレンズをガシャガシャ換えている時間がないようなときは、これで。T*だし。(笑) 

 シャッターチャンスを優先にしたい時に、NX+VS28-80はその性能を十分に発揮すると思います。また、CONTAX初の人にシャッターを押してもらっても、安心して仕上がりが待てる一眼レフカメラとレンズでもあると思う。

 超画質重視なら、他の選択肢が沢山ある訳なので、適材適所で使い分ける。割り切ることがこのレンズの正しい使い方か?ズームレンズだし。(「ならCONTAXじゃなくてもいいじゃん?」と言う声もあるだろうが、CONTAXで、T*で、そのような選択肢が用意されていてもいいのでは?)

 現在のところ画質では大きな驚きはないが、大きな失望もない。
 また、NX+VS28-80の組み合わせのおかげで、ST+単焦点レンズでは撮りのがしていただろうカットを何枚も撮れたことは間違いない。


vs2880n.jpg


(purchase:2003.07 sold:2004.07 revision:2004.08)

  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://hcmkiccsas.blog.fc2.com/tb.php/1636-2098a377
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)