一脚を買った。

とりあえず、比較したのはManfrotto 679B(3段)、680B(4段)、681B(3段)の3本。
他のメーカーでも良かったのだが、デザインと機能で、GITZOと行きたかったのだが、一脚でも1万円を余裕で越えるので今回はパス・・・。
で、マンフロットにしようかと・・・。
ついでに韓国はなぜかManfrottoはどれも日本より1-2割は安い。他のメーカーは逆に日本より1-2割高い。

スペックは以下の通り。
Manfrotto 679(3段)は最小高:64cm、最大高:162cm、質量:0.6kg、最大荷重:10kg
Manfrotto 680(4段)は最小高:51cm、最大高:154cm、質量:0.83kg、最大荷重:10kg
Manfrotto 681(3段)は最小高:67cm、最大高:161cm、質量:0.78kg、最大荷重:12kg

当初買おうと思っていたのは、679Bであった。
3段であるのと、パイプ径がちょうど良く、グリップも握りやすい。最大高が最も高く、重さも最も軽い。これがBESTの選択だと思っていた。

しかし、少し古い型のためか、レバー式レッグロックの動きが硬いというか渋いと言うか、テンションが高いと言うか、680、681などの世代のレバー式レッグロックのスムーズさを体験してしまうと、679を選択するということはなかなか難しい。

ただし、680、681のパイプ径はかなり太く、見た目に非常に大きく見える。
本当は3段の681にしようと思ったのだが、パイプ径が太く長いので、見た目の迫力にちょっと恐れをなして680にすることにした。

そんな訳で、なぜか4段で最小高で最もコンパクトとなるものの、最大高で最も低く、重量は最も重いと言う当初の予定とは最もかけ離れた脚を選択することになった・・・。
やはりカタログスペックだけで、現物を見ないで買うのは危ない。
このような機材はフィーリングが大切なので、やはり現物をみて買うのが吉。

ヨドバシ通販価格8,058円+10%ポイントのところを、こちらで買ったらW53,000(約4900円)で買えた。
いい買い物だたとい言えるのではないだろうか?

最初は雲台234RCを同時に購入しようと思っていたのだが、脚がかなり太いので、雲台が非常に貧弱に見えた。
ついでに雲台受けのプレートの径が非常に大きいので、これなら以前購入した自由雲台Ball Head 486RC2の方がぴったり合いそうだと思い購入せずに帰ってきた。

Ball Head 486RC2を着けてみたらぴったり。高さも10cm程度UP。

E-1+ZD50-200を着けるとなかなかいい感じである。

c0049597_15385181.jpg

  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://hcmkiccsas.blog.fc2.com/tb.php/15-8f3fbf90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)