これまで、特別に変わったことがあった訳ではなく、ブログも更新するつもりで、色々とカメラの比較テストなども、やっていたのだが、色々とテストしすぎてそれをまとめていたら、スポット的に忙しくなり、数ヶ月ブログを更新しなかったら、それが知らずしらずに5年…。

 フィルムの価格が上昇してしまったこともあり、すっかりフィルムで撮影することも少なくなってしまいました。
 
 機材などもCANON EOS 6D以降、OLYMPUS OM-D E-M1を導入したところ(2013年!)まではブログに載せていたが、E-M1が思った以上によかったので、E-M1をメインとして使っていました。2016年にE-M1 Markllが出たのでそれも素直に購入。当時はE-M1が初値15万円程度だったのにE-M1 Markllは22万円程度に急上昇で、やや釈然としないものがあったような覚えがあるが、E-M1 Markll自体は文句のつけようのないカメラで大満足でした。2020年の現在までこれがメイン機。

 本日、OLYMPUSより、E-M1 Marklllの発売が発表されました。
 ただ、E-M1 Marklllの導入はしばらくはないと思います。

 というのは、2020年になって、フルサイズの方をCANON EOS 6DからSONY α9とシステム変更したため、既に沢山の諭吉さんが飛び立っていってしまったからです。

 TFのカメラ、レンズは既に多くの中古ショップでも買取不能になっているので、CANON EOS 6Dとレンズもそこそこの値段で売れるうちにフルサイズの方を更新しておこうということとオリンパスのお家芸的となりつつある、それなりの地位にある人が映像部門を維持するかどうかわからないというような発言を平気でしてしまうので、若干、嫌気が差したのもあって、E-M1 Marklllの発売の噂はあったものの、発表を待たずにSONY α9を導入しました。

 E-M1 Markllの出来がよく、センサーが大幅に更新されない限り、E-M1 Markllでいいかなというのも大きな理由です。

 とりあえず、現在は、デジタルはE-M1 Markllとα9の体制で運用しています。

 ただ、ここ数年、写真はほとんどスタジアムでサッカーを撮っているだけで、他の写真はほとんど撮っていないのですが…。