KAWASAKI FRONTALE : AFC Champions League 2014

 2014.05.14。W杯2014の日本代表選手発表から二日後、憲剛の落選から立ち直れないまま、ソウルでAFCのチャンピオンリーグ試合があったので、応援に行ってきました。

 試合には2-1で、勝ったのですが、ホームで3-2と3点取られて負けたため、合計4-4のタイながら、アウェイゲームの得点差によって、ベスト8に進出はできませんでした。

 落選とACL敗戦は、本当に、残念でなりません・・・。


20140514_193738_5146005_R.jpg





20140514_194509_5146083_R.jpg





20140514_200144_5146429_R.jpg





20140514_210054_5146890_R_R.jpg





20140514_210239_5146931_R.jpg





20140514_211821_5147166_R.jpg





20140514_212115_5147199_R.jpg





20140514_212226_5147221_R.jpg





20140514_212358_5147321_R.jpg





20140514_212402_5147336_R.jpg
【OLYMPUS OM-D E-M1 with HLD-7 + ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm/F2.8-3.5 SWD + EC-14 + HUSKY #1104 with SLIK SBH-280】


2014.05.14
ソウル Seoul

 今回、OLYMPUS OM-D E-M1にバッテリーホルダーHLD-7を付けて、 ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm/F2.8-3.5 SWD + EC-14で、スポーツ撮影してきました。
 実は、この前に、アメリカで、OLYMPUS OM-D E-M1に、LUMIX G VARIO 45-150mm/F4.0-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.を付けてNBA(バスケットボール)とNHL(アイスホッケー)といったスポーツを撮影しました。
 確かに、E-3より綺麗に撮れるのですが、バスケット、アイスホッケーは、何せ動きが速いので、AF云々よりも、EVFで選手を追うのは無理がありました・・・。
 特にアイスホッケーは、動くスピードが早すぎてEVFでは・・・。

 今回は、サッカーに挑戦しましたが、EVFで選手を追い、AFもそこそこ使えて、E-3より間違いなく綺麗な画像が残せるのですが、EVFでは、ゲームを楽しめない・・・。
 これまで、C-AFはあまり使ったことなかったのですが、AFは対象を外すと復帰に少し時間がかかることもあるのですが、食いついたら結構、サッカー選手がフィールドで動くスピードくらいなら追い続けてくれます。アイスホッケーでは、MFT用のレンズでも動きが速すぎて無理でした・・・。
 撮影の機能とその結果としての画像は満足のいくものなのですが、やはり、EVFでは競技の内容に集中できない・・・。

 撮像素子がいいだけに、やはり、OVFのE-7が欲しかった・・・。
 E-5に撮像素子だけ乗せえ換えたのでもいいから、出して欲しかった・・・。

 TAMRON SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USDというのが出て結構、評判が良いので、それをEOS 6D用に調達するか・・・。ただ、2kgもあるんですよね・・・。
 これなら、ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm/F2.8-3.5 SWD + EC-14の換算560mmより望遠ですし・・・。
 ただ、E-M1だとデジタルテレコンバーターで、換算1120mmまで望遠できるのですよね・・・。

 E-M1は、撮れる画像は素晴らしいのですが、スポーツ撮影では、EVFのために肝心のゲームに集中できないというのが、バスケット、アイスホッケー、サッカーというスポーツを撮影して見た感想です。
 恐らく、野球やバレーボールなどの競技では、問題はあまりないと思います・・・。

スポンサーサイト



Panasonic LUMIX G VARIO 45-150mm/F4.0-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.

 2月のアメリカ旅行用に軽い望遠系ズームが欲しくなり、パナソニックのものを買うことにしました。
 もう少し決断が早ければ、GF-3とダブルズームキットが安く買えたのですけど、少し時期がずれたために、在庫がなくなってしまい単品で購入することに・・・。

 アメリカでNBA(バスケット)とNHL(アイスホッケー)の試合をみることにしていたので、少し焦点域の長いレンズを欲しかったのですが、重いと持って行くが大変なので、画質は少々、犠牲になりますが、小型軽量なG VARIO 45-150mmを選択しました。
 金属外装でデザインも結構よく、結構、良いとおもいます。

 便利ズームで、価格もそれほど高くないので、MFTユーザーなら、持っていても損はないのではないでしょうか?



20140201_193646P1010068_R.jpg



20140201_193927P1010070_R.jpg



20140201_194905P1010085_R.jpg

(purchase:2014.02)

 こちらも、アメリカ旅行のために容量増強のために準備したSDCard。

 一つは、スポーツの連写撮影にも対応するように、高速なタイプを選択。あとは、容量の大きいものを。
 SanDiskは、高いのでSanDiskを作っている東芝のものを選択。
 東芝の中の人も、DanDiskも東芝も中味は同じだよと言っていたので安心して東芝を選択しました。
 
 使用上、何の問題もありません。
 満足。満足。
 
 東芝 SDHC Card 32GB SD-H32GR7WA9 EXCERIA TYPE 1 ¥5,160
 東芝 SDXC UHS-I 64GB SD-K064GR7AR30 ¥4,165

 SD Cardのデータ、X線で消える可能性があるんですかね・・・。
 恐ろしや。恐ろしや。
 MacBookのSSDは大丈夫なのでしょうか??

20140201_193103P1010058_R.jpg



20140201_193022P1010057_R.jpg

(purchase:2014.02)

 こちらも、旅行用の準備として購入したもの。

 OLYMPUS BLN-1は、2月のアメリカは相当寒いので、予備バッテリーの強化として購入。
 OLYMPUS LC-62Bは、OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm/F2.8 PROのキャップが使いにくいので、FT用の62mmキャップを購入しました。
 M.ZD12-40のキャップは高級感はあるのですが、必ず中心を摘まなくてはならないので、使いづらいです。
 FT用のキャップは、外枠を押しても、中心を摘んでも外せるので、こちらの方がかなり使い勝手かよいです。


20140201_193426P1010064_R.jpg





20140201_193407P1010063_R.jpg

(purchase:2014.02)