Canon EOS 6D

 1ヶ月ほど使ってみて、EOS 6Dの高感度ISOの威力をまざまざと感じています。
 それと同時に、不満というほどではないものの、OLYMPUS E-3と比べて若干の弱点も明らかになってきました。その一つがAFです。

【AF】
 最初の印象も、EOS 6D + EF24-105より、E-3 + ZD14-54の方が早いような気がするという印象でしたが、その印象は間違っていなかったようです。レリーズの感覚の問題ではなかったようです。
 CanonのAFは優れているので、EOS 6DもOLYMPUS E-3よりは優れているのではと思っていたのですが、EOS 6Dの中央のクロスセンサーはそこそこの性能を発揮するものの、その他の測距点はかなり微妙です。 
 E-3は全点クロス、千鳥配置のデュアル11点測距なので、動き物は別としても、迷って合わないことはAF自体が絶対に合わせられないようなコントラストの低いもの以外ではありませんでした。
 ところが、EOS 6Dでは、OLYMPUS E-3ではAFが簡単に合うものも結構、合わないことがあります。

 流石にCanonのフルサイズ機とは言え、エントリー機として誕生したEOS 6Dの上位機の性能を間引きしたAFでは、数年前の製品とは言えフラッグシップのE-3には勝てないようです。E-3は伊達じゃなかった…。
 
 確かにAFは若干弱いEOS 6Dですけど、Y/Cレンズをメインで使おう思っていたので、EF24-105を使う時には、ちょっとストレスを感じないわけではないですが、それほど不満は感じていません。
 フルサイズ版Kissなどと言っている人もいるようですけど、そんな感じなのかもしれません。(Kissはいじったことはありませんが…。Kissよりは二桁Dに近いと思いますけど…。)
 デザインのおかげか、チープな感じはしないところはEOS 6Dの良いところですかね。
スポンサーサイト



CanonCM0. TB0 TOP▲
 Canon EOS 6Dのメインレンズ群としてCONTAXのY/Cマウントを使うことを想定していましたので、EOS 6D購入直後にY/C(正式にはC/Y)-EOS マウントアダプターを購入しました。
 CONTAXを持ち出すときは大抵、レンズを3本持ち出すことが多かったので、Y/C-EOS マウントアダプターも3つ買ってみました。ネットではRayqual製とKIPONが評判が良いようなのでそれを軸に買おうと思ったのですが、ネットで探すと結構安いのも出ていたので、とりあえず、実験がてら次の3つを買ってみました。

 近代インターナショナル(Rayqual)製 Y/C-EOS マウントアダプター
 ノンブランド Y/C-EOS マウントアダプター(電子接点なし版)
 Kernel Y/C-EOS マウントアダプター
 
近代インターナショナル(Rayqual)製 Y/C-EOS マウントアダプター
 近代インターナショナル(Rayqual)製のものは、新品で買うと17,000円ほどする高価なものです。でも、フィーリング、実用ともノンブランドのものとほぼ変わりません。D35/F1.4はこれでないと使えない場合があるというネットの記述があったので、保険のために一つは持っておこうと思って買ったのですが、試してみたところ、他のものでも問題なく使えているので、17,000円の価値はあるか微妙です。(訂正 2013.10 詳細は下記)
 中古で約半額(8,400円)で買ったのでまあ満足しています。黒い枠もカッコイイといえばカッコイイですので…。Rayqual製のものは、少し枠が大きいので径が大きなレンズを使った時にレンズとアダプターを外しやすい気はします。もし、アダプターを一つだけ買うなら安心料として、Rayqual製をお薦めしておきます。

ノンブランド Y/C-EOS マウントアダプター(電子接点なし版) 
 私の買ったノンブランドのアダプターは、よく電子接点があるアダプターが紹介されていますが、その電子接点のないバージョン(2,480円)です。Rayqual製のところでも書きましたが、実用上も、フィリーングもRayqual製のものとほとんど変わりません。どこのモノか分かりませんし、同じ商品が継続的に購入できるかも分かりませんけど、今回、購入したものは当たりでした。コストパフォーマンスは抜群です。

Kernel Y/C-EOS マウントアダプター
 Kernel Y/C-EOS マウントアダプター(2,980円)は、Rayqual製のものと私が買ったノンブランドのものともちょっとフィーリングが異なっています。
 Kernel製のものは、他の2つのものより、きついというか、しっかり、カッチリ留まる感じがします。ビルド・クオリティが高いとも言えますし、キツすぎるとも言えます。レンズとアダプター、アダプターとボディともしっかりと嵌っている感じがしますし、レンズ、ボディに脱着するときの「カチッ」と鳴る音はこのアダプターが一番、高そうな感じがします。(笑)ただ、Kernel製のものは、レンズとアダプターを留める金具が小さいので指で押さえて外すというよりは、爪で引っ掛けて外すと言った感じになり、レンズとアダプターを外す時にちょっと苦労します…。爪も削れるし…。径の小さなレンズは問題なのですが、径が大きなレンズ(MP100、S180など)は、レンズとアダプターの脱着に苦労するので、このアダプターはあまり使いたくないです。

 ちなみに、レンズとアダプターが外れなくなって焦っている人、外すときはレンズを下に左手で押さえて、アダプターを上にして右手で外す場合、「ロック(内側のピン)を外して、レンズに対してアダプターを半時計回りに回すです。」ので注意してください。私も外れなくなってかなり焦りました。(笑)

CONTAX Y/CレンズとEOS 6Dとの相性
 さて、最後にEOS 6DとCONTAX Y/Cレンズの相性ですが、私が実際に試したレンズは以下のとおりです。

 D21/F2.8、D28/F2.8、D35/F1.4
 P50/F1.4、P85/F1.4
 MP100/F2.8
 S180/F2.8
 VS28-70/F3.4-4.5、VS80-200/F4
 
 全てのアダプターで上記のレンズが問題なく使えています。(訂正 2013.10 詳細は下記)
 ガタツキのようなものもありません。
 D35/F1.4は使えないものもあるとの情報があったので、ヒヤヒヤしていましたが、私のD35/F1.4は問題なく使えています。よかった。よかった。

[revision:2013.10] 実践で、VS28-70/F3.4-4.5、VS80-200/F4にノンブランド Y/C-EOS マウントアダプター(電子接点なし版)を使用した時、時々、ミラーが引っかかる症状がでる時がある。カメラの微妙な傾きによっては使用に少し制限がある模様。カメラを水平に構えて最初に行なった近接から無限までのピントのテストの時には、問題は現れなかった。縦位置やカメラを傾けて撮影すると引っかかることが多い(発生率は1/4くらい) 。ただ、カメラを少し動かすとミラーが落ちるので、本当に微妙な精度なのだと思う。今のところ日本製の近代インターナショナル(Rayqual)製 Y/C-EOS マウントアダプターではそのような症状は出ていない。やはり日本製は精度が高いのか???また他のレンズで症状が現れたら逐次、レンズの適応状況をアップデートしようと思う。レンズ、ミラーなどにキズ等はなし。

ノンブランド Y/C-EOS マウントアダプター(電子接点なし版)
VS28-70/F3.4-4.5 … カメラを傾けるとミラー接触有り。[2013.10.02]
VS80-200/F4    … カメラを傾けるとミラー接触有り。[2013.10.02] 

Kernel Y/C-EOS マウントアダプター
VS28-70/F3.4-4.5 … カメラを傾けるとミラー接触有り。[2013.10.02]


20130902_001540_9023273_t.jpg

20130902_001824_9023275_t.jpg

CanonCM2. TB0 TOP▲
2013_06_06_大学路_003_RTS_P50_t
【CONTAX RTS + Carl Zeiss Planar T* 50mm/F1.4】

2013.06.06 大学路 Daehangno

2013_06_06_大学路_004_RTS_P50_t
【CONTAX RTS + Carl Zeiss Planar T* 50mm/F1.4】

2013_06_06_大学路_002_RTS_P50_t
【CONTAX RTS + Carl Zeiss Planar T* 50mm/F1.4】

2013.06.06 大学路 Daehangno

2013_06_06_大学路_006_RTS_P50_t
【CONTAX RTS + Carl Zeiss Planar T* 50mm/F1.4】

2013.06.06 大学路 Daehangno

2013_06_06_大学路_007_RTS_P50_t
【CONTAX RTS + Carl Zeiss Planar T* 50mm/F1.4】

2013_06_06_大学路_008_RTS_P50_t
【CONTAX RTS + Carl Zeiss Planar T* 50mm/F1.4】

2013.06.06 大学路 Daehangno

2013_06_06_大学路_010_RTS_P50_t
【CONTAX RTS + Carl Zeiss Planar T* 50mm/F1.4】

2013_06_06_大学路_011_RTS_P50_t
【CONTAX RTS + Carl Zeiss Planar T* 50mm/F1.4】

2013.06.06 大学路 Daehangno

2013_06_06_大学路_009_RTS_P50_t
【CONTAX RTS + Carl Zeiss Planar T* 50mm/F1.4】

2013.06.06 大学路 Daehangno

2013_06_06_大学路_013_RTS_P85_t
【CONTAX RTS + Carl Zeiss Planar T* 50mm/F1.4】

2013.06.06 大学路 Daehangno

2013_06_08_大学路_001_ST_P85_t
【CONTAX RTS + Carl Zeiss Planar T* 85mm/F1.4】

2013.06.06 大学路 Daehangno

2013_06_08_大学路_002_RTS3_P50_t
【CONTAX RTSlll + Carl Zeiss Planar T* 50mm/F1.4】

2013.06.08 大学路 Daehangno

2013_06_08_大学路_003_RTS3_P50_t
【CONTAX RTSlll + Carl Zeiss Planar T* 50mm/F1.4】

2013.06.08 大学路 Daehangno

 本日、マイクロ・フォーサーズMFT機のOM-D E-M1を発表したOLYMPUS。
 これだけなら、新しい機種が出てよかったとも言えるのですが、この機種が、新フラッグシップ機であることが正式に発表され、FTとMFTのシステムを統合し、今後、レンズ交換式デジタルカメラの新規開発はマイクロフォーサーズ対応製品に絞り、フォーサーズの新製品については、「ボディ、レンズとも計画はない」ことも合わせて公表された。

 つまり、フォーサーズ終焉の宣言である。

 オリンパスは、次期フラッグシップカメラとして一眼レフカメラとミラーレスカメラの開発を並行して進めていたという。フォーサーズ機はE-5の後継機としてE-7(仮称)の開発も行い、モックアップ機もできていたそうであるが、検討の結果ミラーレスカメラが優位だと判断し、この度の発表となったそうである。

 今回、「フォーサーズレンズの性能をフルに引き出せる新AFシステムを実現」できたことも両システムを統合する要因の1つとなったとのことで、AFシステムには自信があるようである。OLYMPUSのサイトに用意されている開発者のコメントや機能紹介のビデオでは、ファインダーはEVFファインダーの方が利点があるとなっている。

 そこで強調されているのは、他社フルサイズ機と同等のファインダー倍率とファインダーの色彩を自由に変更できる自由さであると説明されている。それで、OVFよりEVFが優れているなら、CanonとNikonの一眼レフが市場を圧倒することはなく、既にエントリー機からフラッグシップ機までEVFになっているSONYの市場占有率はもっと上がっていると思うのだが…。結局、CanonとNikonの一眼レフに歯が立たなくて仕方なく、目先を替えただけというのが現状だろう。勿論、EVFは、ファインダー内に自由に様々な情報を表示できたり、拡大できたり、露出補正などがダイレクトにファインダー内の画像に反映でき、撮影前に撮影後の結果がほぼ正確に確認できるなどOVFにはない利点も存在する。しかし、現在のところ、EVFのタイムラグは依然として如何ともし難い。

 さらに、OVFは光学機器なので、そこに映るのものは、顕微鏡、望遠鏡と同様で目の延長である。つまり、レンズを通した光を直接見る感動がある。EVFに映るものは、液晶テレビやスマートフォンの映像と同じでどんなに綺麗でも何かフィルターを通した感じが残る。言うなれば、”Live”感が異なる。プロなら撮影後の画像が重要だろうから、現状のタイムラグが許せればEVFでもO.Kかもしれないが、趣味で撮っている者にとっては、この”Live”感、レンズで通した光を楽しみながら撮影するということは、撮影のモチベーションに大きく影響を与えると思う。

 EVFの利点も理解しているし、動くもの以外ではそれでもいいと思うのだが、ラインナップから完全にOVFのラインから外してしまうことは、現時点では、大きな過ちだと思う。
 
 今回のFT-MFTの両システムを統合するという決定は、多くのFTユーザーが、薄々、感じていたことであるが、OLYMPUSは、FTシステムは継続すると言い続け、しかも、今年の前期(2013.05.29)には社長自ら、ミラーレスとは別に一眼レフは、「今後の新製品の計画も考えているし、やめることはありません。」と言明した。私はこれでE-7が必ず発表されると信じた…。

参考 東洋経済:オリンパス、“背水の陣”で挑むデジカメ改革 笹宏行社長に聞く
[http://toyokeizai.net/articles/-/14116]

 それが、たかだか、3ヶ月後の9月に同じ社長が自ら、「現時点では新しい一眼レフ機を出す意思はない」、FTレンズについても「現時点で計画はない」と述べている。そして、オリンパスの公式発表として、「フォーサーズレンズの性能をフルに引き出せる新AFシステムを実現」できたため両システムを統合という話になっている。ついでに、何年にもわたって、そして、つい3ヶ月前にも社長自らFTの継続を言及してきたのに、「製品(FT機)の継続性についても、統合するので一切問題ないと考えている」とFTの継続を断念したのにもかかず、謝罪の言葉を発することなく、勝ち誇ったように「一切問題ないと考えている」と述べている。30年は継続すると言って始めたFTだったが、10年(実質7年ほど?)で終了させておいて、よく「一切問題ないと考えている」で済ませたなというのが、OLYMPUSのFTの理念に賛同してFTを使ってきたいちユーザーの偽らざる心境である。

参考 デジカメwatch:「OLYMPUS OM-D E-M1」発表会レポート
           「統合した新システムで他社一眼レフ市場を取りに行く」
[http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20130910_614858.html]

 色々と問題のあったことは理解しているし、3ヶ月で方向転換ができる柔軟な会社とも言えるが、トップの言葉が軽すぎる会社とも言える…。こんな状態だから、あんな状況になってしまったのかもしれないと…。(涙)
 せめて、これまでFTを支えてきたユーザーに向けて、「一切問題ないと考えている」ではなくて、「申し訳ないですが、MFTに資源を集中させてください。」なり、「ご不便をお掛けしますが、これからはMFTで最高のユーザー体験を提供できるように努力していきます。」なりの言葉があっても良かったのではないかと…。何年、FT機のフラッグシップ機がでると思って待っていたのか…。こういう思いを持っているユーザーは結構、いると思うのですけど…。

 しかも、この発表のいやらしいところは、"現時点”でという言葉が何気なく挿入されていることである。完全なFT終結宣言なら諦めもつくが、恐らくは出ないではあろうが、"現時点”などという言葉が挿入されていると、状況が変われば、また考えるとも言える。E-M1が不評、もしくは、ユーザー離れが顕著になった場合は、「FTを辞めたとは言っていない。」とか、「FTユーザーからの強い要望に応えるため」などと言って復活させるなどということもありえなくはない。(多分ないけど…。)

 E-7が出たら、すぐ購入するつもりでいたのですが、これは”現時点”では不可能となってしまいました。”現時点”で、ZD50-200/F2.8-3.5 SWDの性能を今後も活かしていけるカメラはE-M1しかないので、EVFが動体にある程度対応していれば、購入するかもしれません…。しかし、暫らくペンディングするしかない状況になってしまいました。

 デジタルでCONTAXのレンズをそのままの画角で使用することと標準域をカバーする目的で導入したCanon EOS 6Dですけど、望遠域での使用はあまり考えていませんでした。なぜなら、Canonの純正レンズ、互換レンズで、ZD50-200/F2.8-3.5 SWD + テレコンバーター EC-14でカバーできる範囲(テレ側換算560mm)の適当なレンズが存在しないからです。Canon純正のレンズではテレ側400mmのズームレンズは、テレコンバーターが使えないレンズばかりで560mmをカバーできない。ついでに、EOS 6DのAFは結構、とろい…。
 
 SIGMAのAPO 120-400mm F4.5-5.6 DG OS HSMやAPO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSMなど、それに近いレンズではあるものの、絞らないと画質に若干、問題があり、テレ側のF値が大きくやや暗いため、テレコンバーターを付けると画質はさらに悪化し、EOS 6DではAFも効かなくなるという問題がある。現状の撮影可能範囲をカバーし、なおかつ、ハンドリングや画質も確保するには、EOS 6D + APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSMなどでは無理で、EOS 7Dあたりの後継機が必要になる。EOS 7Dだと少々、高感度ノイズが多いので、思ったよりISOが上げられず、E-3(ISO1600) + ZD50-200/F2.8-3.5 SWD + EC-14の組み合わせと大差がないという印象。
 結局、望遠側をカバーするためにEOS 7Dにしても、EOS 7Dの後継機にしても、APO 50-500mmと共に導入すると20万超を覚悟しなければならい。ついでに重量が+1kg…。それはちょっと…。ということで、結局、現状ではMFTのE-M1しか選択肢がないのが哀しいところ…。

 去年、あまり威圧感を与えない小型軽量カメラ(笑)として導入して、不幸な事件によって返品したNEX-7であるが、同機または、その後継機の再導入は返品したときからするつもりでいたので、NEX-7後継機 + Vario-Tessar T* E 16-70mm F4の導入は既定路線。これ以上、あまりお金もかけたくない…。

 全ては、E-M1のEVFの出来いかん。

 ファインダーの大きさが、1.48倍(35mm判換算 0.74倍)とフルサイズ一眼レフに匹敵する点は、私にとっては、それほど重要ではないが、評価できるでしょう。ただ、236万ドットの超高精細EVFは、約2年前に発売されたSONY α NEX-7と同等。ファインダーはおそらくE-M1の大きのだから解像感はNEX-7の方が若干、上なのかもしれません。
 
 さらに、E-M1のEVFの表示タイムラグ約0.029秒と発表されているが、NEX-7でも表示タイムラグは不満を感じていたので、これがどれほどの数値なのかが気になります。NEX-7に関してはカタログ表示がないので、どのくらいのタイムラグなのかわかないですが…。

 そしてもう一つNEX-7のファインダーで不満があったのは、EVFが暗いところだと明るく表示しようとしてノイズが浮き出し、露出補正などにダイレクトに反応するはずEVFなのですが、ファインダーで見えていた画像と撮れた画像が全く異なることが不満でした。ファインダーで見えてた画像より撮れた画像の方が綺麗なのですけど、EVFの場合、見えている画像が結果画像になると思って撮影しているので、ノイズが多すぎる、明るすぎると露出補正で混乱するのでこれが撮影する上で、結構なストレスになっていました。軽量なミラーレスのEVFなので、こんなものかと思っていたのですが、E-M1がE-5の後継機となると要求するレベルは高くなるのはやむを得ないでしょう。
 恐らく、この私の不満を改善してくれるかもしれない機能が、E-M1に搭載されているという、光学ファインダーのような自然な見えを実現するというEVFのバックライト輝度を調整する「キャッツアイコントロール」です。この「キャッツアイコントロール」がどれほど有効なのかという点に注目しておきたいです。

 E-M1が、E-3、E-5の替りになるのかしっかり、見届けたいと思います。
 
 本当にHGレンズ、SHGレンズにISO1600、ISO3200が安定して使えるセンサーでFTを作ったらFTの理念を具現化したすごい製品になったと思います。E-7のモックアップも作ってあったようですが、残念です…。最後に現行のセンサー + 5軸手振れ補正を搭載して販売して欲しかった…。

 しかし、CONTAXに引き続き、システム終了となるとは…。
 基本的にメジャー・メーカにない、市場ではなかなか方向性が理解されないけど、何か尖った所があるといったところに惹かれる傾向があるので、CONTAX、PLYMPUSという選択になったので、こうなる気はしていたのですけど…。

 今ある機材は、使い続けます…。(売ってもいくらにもならないし…。)

 さよなら、私が愛したFour Thirds…。

2013_06_08_大学路_004_RTS3_P50_t
【CONTAX RTSlll + Carl Zeiss Planar T* 50mm/F1.4】

2013.06.08 大学路 Daehangno

2013_06_08_大学路_014_RTS_P85_t
【CONTAX RTSlll + Carl Zeiss Planar T* 85mm/F1.4】

2013.06.08 大学路 Daehangno

2013_06_08_大学路_007_RTS3_P50_t
【CONTAX RTSlll + Carl Zeiss Planar T* 50mm/F1.4】

2013.06.08 大学路 Daehangno

2013_06_08_大学路_011_RTS3_P50_t
【CONTAX RTSlll + Carl Zeiss Planar T* 50mm/F1.4】

2013.06.08 大学路 Daehangno

2013_06_08_大学路_012_RTS3_P50_t
【CONTAX RTSlll + Carl Zeiss Planar T* 50mm/F1.4】

2013.06.08 大学路 Daehangno

2013_06_08_大学路_013_RTS3_P50_t
【CONTAX RTSlll + Carl Zeiss Planar T* 50mm/F1.4】

2013.06.08 大学路 Daehangno

2013_06_08_大学路_005_ST_P85_t
【CONTAX ST + Carl Zeiss Planar T* 85mm/F1.4】

2013.06.08 大学路 Daehangno

2013_06_08_大学路_008_ST_D35_t
【CONTAX ST + Carl Zeiss Distagon T* 35mm/F1.4】

2013.06.08 大学路 Daehangno

2013_06_08_大学路_027_RTS3_P50_t
【CONTAX RTSlll + Carl Zeiss Planar T* 50mm/F1.4】

2013.06.08 大学路 Daehangno

2013_06_08_大学路_007_ST_P85_t
【CONTAX ST + Carl Zeiss Planar T* 50mm/F1.4】

2013.06.08 大学路 Daehangno

2013_06_08_大学路_029_RTS3_P50_t
【CONTAX RTSlll + Carl Zeiss Planar T* 50mm/F1.4】

2013.06.08 大学路 Daehangno

2013_06_08_大学路_014_RTS3_P50_t
【CONTAX RTSlll + Carl Zeiss Planar T* 50mm/F1.4】

2013_06_08_大学路_006_ST_P85_t
【CONTAX ST + Carl Zeiss Planar T* 85mm/F1.4】

2013_06_08_大学路_015_RTS3_P50_t
【CONTAX RTSlll + Carl Zeiss Planar T* 50mm/F1.4】

2013.06.08 大学路 Daehangno

2013_06_08_大学路_011_ST_D35
【CONTAX ST + Carl Zeiss Distagon T* 35mm/F1.4】

2013.06.08 大学路 Daehangno

2013_06_08_大学路_020_RTS3_P50_t
【CONTAX RTSlll + Carl Zeiss Planar T* 50mm/F1.4】

2013.06.08 大学路 Daehangno

2013_06_08_大学路_016_RTS3_P50_t
【CONTAX RTSlll + Carl Zeiss Planar T* 50mm/F1.4】

2013.06.08 大学路 Daehangno

2013_06_08_大学路_019_RTS3_P50_t
【CONTAX RTSlll + Carl Zeiss Planar T* 50mm/F1.4】

2013.06.08 大学路 Daehangno

2013_06_08_大学路_017_ST_D35_t
【CONTAX ST + Carl Zeiss Distagon T* 35mm/F1.4】

2013.06.08 大学路 Daehangno