SchneiderのXenotarの写りが非常によかったので、それより市場で人気がある2.8F Planarがついているものが欲しくなった。インターネットオークションのebayに、程度の良さそうな、そしてオプション品(ローライキン、ケース、ストラップ)もついていた2.8F Planarが出品されていたので、落札してみた。

 しかし、はるばるカナダからやってきた、2.8F Planarは期待していたほどの程度ではなく、満足いくものではなかった。テスト撮影もして見たが、3.5F Xenotarより明らかに画質が悪かった。(これは純粋に程度の問題である。)また、気になったのが、シャッターの重さであった。単純にレンズが小さい3.5Fの方が、シャッターが軽い。これに慣れていると、若干、2.8Fは重いと感じられた。重いというよりはむしろ、深いと言った方が適切かもしれない。(これも慣れの問題であるが・・・。)

 またCarl Zeiss のレンズを使えるCONTAXの一眼レフの導入を決定していたので、憧れのRolleiflex 2.8F Planar君は、手元に届いて、それほど経たないうちに、ドナドナが決定してしまった。手に入れたものがもっと程度がいいものであれば、このようなことはなかったであろう。しかし、予算の関係もあったので、あえなくCONTAX STの購入資金となってしまった。またいつか機会があれば、状態の良い物を手にしたいものである。(いつになるんだ??)

 いろいろいなオプションが付いていたので、損失は最小限にとどめることができた。CONTAX ST+P7を購入してもおつりが来た。カナダから来た2.8F Planar君は私の期待していた程、程度は良くなかったが、まあまあ、いい値で落札したということであろう。しかし、高価なものはオークションで落札するのは辞めようと心に決めた。(笑)

(purchase:2002.06 sold:2002.07 revision:2002.08)

******************

 CONTAX STの購入資金となってしまった2.8F Planar、「またいつか機会があれば、状態の良い物を手にしたいものである。」と言ったもののその日は、しばらくはこないはずだった・・・。

 しかし、運命は不思議なもの。

 何故か、2.8F Planarが手元にあるじゃないか??
 折りしも「何でだろ----。何でだろうーーーーー。」と不思議な曲がヒットしている2003年日本。

 あら、不思議・・・。
 「ROLLEIFLEX 2.8F Planarが手元にあるの何でだろう???」

あれ???
 2.8F Planarが、*万円???!!!
 ジャンクじゃないですよね???
 物凄く綺麗なんですけど???

 これはたまたま用事で某大学に行ったときに、たまたま通りかかった某写真館に置いてあった。そこには在りし日の雅子様と、ノーベル賞受賞の小柴名誉教授が微笑んでいる写真がかけられていた。

 店の翁曰く、「これドイツ人の先生がドイツに帰るときに置いていったもので、私もテストで撮影したけど、綺麗に写ったよ。」と。
 
 で、何でこの値段なんでしょうか???
 店の翁応えて曰く、「うちは、カメラ屋じゃないので、整備に出したりするもの以外は全部下取り価格+1万で売っているのでこの値段。」

 確かに展示されている中古カメラは20台あるかないか・・・。数はないが、置いてあるカメラは、某有名中古店などと比べても、確かにかなり安いような気が・・・。
 店の翁は、何せ雅子様と小柴教授を撮った人だから嘘はつかんだろう。(笑)

 レンズはとっても綺麗。シャッタースピードも高速低速ともO.K。セレンメーターもO.K。フォーカススクリーンはそこそこ。ただし、うちのローライ君こと3.5F Xenotarよりは綺麗。

 しかし、金欠の私には大きな買い物である。必要に駆られてNX+VS28-80セットを買ってしまった後なので、余計に慎重にならざるおえない。

 しかし、この値段なら、見る人が見れば、絶対に売れてしまっているはずである。不思議に思って思っていつから展示されているのか尋ねてみた。
 店の翁応えて曰く、「この展示のショーケース、5日前に店先に移動したんだよね。それまでは奥の写真スタジオの脇に置いてあった。」と。

 「おお、、これは運命なのか??」などとしばし、考慮していると、店の翁曰く、「おまけもあるよ。」

 「え、おまけ??ケースとかあるんですか??」

 店の翁応えて曰く、「あるよ。持ってきてあげるよ。」
 「いろいろあるよ。」
 
 ガサガサ
 
 出てきた、出てきた宝の山が・・・。
 純正ケース+蟹バサミの純正ストラップ+純正レンズキャップ+純正カラーフィルター4枚+純正PLフィルター+ローライナー(接写レンズ)3枚・・・。(ただし、PLフィルターは経時劣化してる。ローライナーは一枚、破損部分あり。)

 済みませんが、本体なしので付属のアクセサリーをバラ売りしただけでも、余裕でその値段を超えるのですけど??(ローナイナーだけでも一つ安く見積もっても1.5万円はするでしょう??)

 ということで、気が付いたら、手元に・・・。

 私の手元に来るべき運命だったようです・・・。

 夕暮れ時にそのまま試写してみました。曇りの日の夕方で、ISO100のリバーサルフィルムを入れての試写だったので、アンダーになるよりは若干オーバー目で撮った方がきれいかなと思って撮ったのですが、メーターをそのまま信じて撮った方がよかったみたいです。この2.8Fのセレンメーター結構、当てになるみたいです。

 結果はと言いますと、期待通りに綺麗に写りました。
 大満足。
 財布はさびしくなったけど・・・。
 困って売っても、物凄く儲かってしまうと思うのですけどね・・・。
 売らないと思いますが・・・。

0rf28_1.jpg

0rf28_b.jpg

0rf28_g.jpg

0rf28_o.jpg

0rf28_y.jpg

0rf28_rn1.jpg

0rf28_rn2.jpg

0rf28_rn3.jpg

0rf28_rpol.jpg

0rf28_n3_2.jpg

0rf28_c.jpg

(purchase:2003.07 sold:2002.07 revision:2003.08)

******************

 売らない思うといいながらも、結局、Carl Zeiss Distagon T* 35mm f1.4 MMJの購入にあたり売却することに・・・。
 結局、3.5F Xenotarの方が使いやすいのよね・・・。

(purchase:2003.07 sold:2004.07 revision:2004.08)

スポンサーサイト