京セラオプティック(旧富岡光学)が2012年4月よりカメラ用交換レンズ事業に参入するとの情報が出てきました。

 どうなるんでしょうか?

 交換レンズのみの参入なのでしょうか?
 CONTAX復活の可能性は??

 撮像素子もある程度、成熟してきて、上位機種は3年程度のサイクルで十分な状況になってきているように思います。しかも、現状で十分な解像度、高感度性能に達している。動作に関しても、よほどタコな調整をしなければ、イライラするような動作のカメラは存在しない。
 このような状況になると、デジタルカメラも長く使えるカメラとなり、開発のサイクルにも余裕ができる。デジタルカメラの開発サイクルについて行けなくなり、デジタル部門の開発中止、フィルムにカメラに専念とのプレスリリースの後、結局、カメラ事業から全面撤退してしまったCONTAX。
 現在のような開発サイクルで、すぐに陳腐化しなくなったデジタルカメラを取り巻く状況なら、高品位のCONTAXブランドのカメラも十分に他社と競争できるようになるのではないだろうか?

 FUJIのXシリーズの成功は、高品位路線でも十分に勝負できる状況になったと京セラに勇気を与えているのではないだろうか?
 しかも、もっとうまく出来ると。

 京セラオプティックの交換レンズ参入が、CONTAXの復活に繋がるものであってほしい。
 権利関係をクリアして、CONTAXの復活を!!
スポンサーサイト



 Billingham Hadley Large

 つい数カ月前に、わざわざ、機材の小型化を見越して、Billingham Hadley Proを購入したのだが、やはり、少々小さく、Rolleiflex、ST、RTSlll、E-3などのカメラ機材を入れてしまうと、かなりふくれる…。
 これらの機材に追加でミラーレスを入れるぶんには、何とかなるのだが、それ以上はもうパンパン。
 特に、MacBook Airを買ってからは持っていきたいと思うこと増えて、ハドレー・プロにRolleiflex、ST、RTSlll、E-3などのカメラ機材+MacBook Airを入れると、入るには入るのだが、バッグの形が変わる。(笑)
 
 写真撮影メインではないときなどは、Billingham 335だとちょっと大げさだし、結局、ハドレー・ラージを再導入決定。
 Webのショッピング・モールの提携カードの特別割引などがあって、180,000ウォン程度(今のレートですと約13,000円)で買えることと、クレジットカードのポイントが溜まっていたことで、購入を決定。全額カードのポイントで決済。
 
 日本で買うと25,000-30,000円くらいのようなので、半額くらいです。
 エツミさん、ちょっとプレミアムを付けすぎなのでは??

 色は、カーキファイバーナイト/タンにしました。
 バッグ内部のBillinghamのタグの位置が、プロとは異なり、右ポケットの内側についています。

 エントリーレベルのSLR、レンジファインダーカメラ、ミラーレスカメラが中心の人はHadley Proを、中級機以上のSLR、大口径レンズなどを入れるつもりの人は、大きさ的に余裕のあるHadley Largeをお薦めします。
 数値的にはそれほどの差がないように感じますが、使い勝手はかなり違います。

20120318_200431_3188604_th.jpg

20120318_200604_3188608_th.jpg

20120318_200841_3188616_th.jpg

 Rolleifixは、Rolleiflex用のクイックシューです。

 ずっと欲しいと思っていたのですが、ようやく購入。
 Rolleiflexの弱点の一つに、三脚に固定するためにネジを強く閉めると底の鉄板が変形する危険性があるという点が挙げられている。
 そんなに軟ではないとは思うのだが、いつも、神経を使ってネジを締めていたので、これで安心して使える。

 しかし、Rolleifixはよくできている。
 鉤爪のようになっている部分が、Rolleiflexにピッタリとハマる。
 昔の超高級カメラのアクセサリーだけあって、こちらも高品位です。
 

20120318_200224_3188602_th.jpg

20120318_200146_3188598_th.jpg

20120318_200204_3188600_th.jpg