1996-04 Phila 01 (5)_t
【Corestate Spectrum】

1996-04 Phila 01 (13)_t
【Corestate Spectrum】

1996-04 Phila 01 (17)_t
【Corestate Spectrum】

1996-04 Phila 02 (1)_t
【Corestate Spectrum】

1996-04 Phila 02 (10)_t
【Corestate Spectrum】

Philadelphia
April 1996

 プレーオフも、3試合も見に行ってしまった。しかも、かなりいい席で。
 いい思い出だったな。フレーオフ準決勝で、負けてしまったけど…。
 
 バンクバー・オリンピックは、ドラマのように、カナダが、リンドロス君の代名詞だった“The NEXT ONE”を受け継いだNew“The NEXT ONE”クリスビーのOTゴールで、劇的に勝利。
 22歳で、既にリーグMVP、スタンリー・カップ、オリンピックのゴールドメダルを獲得してまったので、今後、どうするのでしょうかね?
 リンドロス君は、あまりにフィジカルが強く、スケーティング能力も高かったので、止めるために、よってたかってタックルを受けたため、度重なる脳震盪と怪我とに苦しみ、ウェイン・グレツキーの“The Great One”を受け継ぐことはできないまま、引退に追い込まれてしまいました。それでも、ソルトレイクでは、ゴールドメダルを獲得しましたけど。
 クロスビーは、身長もそうですし、プレイスタイルもウェイン・グレツキーによく似ているので、本当に、
“The NEXT ONE”は、クロスビーに相応しい愛称だと思います。改めて言う必要もないですけど、本当にいい選手です。

 90年代に、ウェイン・グレツキー、マーク・メシエ、マリオ・レミュー、ミヒャエル・ヤーガ、パブル・ブレ、ポール・カリヤ、ジョー・サキック、スティーブ・アイザーマン、パトリック・ロイ、ドミニク・ハシェックなどなどそうそうたるプレーヤーが活躍していたNHLを観れたのは、本当によかったと思います。
 
 クロスビーもそれらの選手に間違いなく到達する選手ですね。
 頑張れ!!クロスビー!!

 私の好きな選手、ロド・ブリンダモア選手も、NHLで1000ポイント、1000試合以上出場している名選手です。派手さはないですが、多くの記録でNHLの歴史の50傑に入るような名選手です。まだ現役です。フライヤーズ時代には、怪我の多いNHLで、484試合連続出場のリーグ屈指の“アイアンマン(鉄人)”として有名でした。ショートハンディット(ペナルティキリング)ゴールやオーバータイムゴールが多など、いい所でのゴールやアシストが多く勝負強く記憶に残る選手でした。
 日本で、私ほどロド・ブリンダモア選手のファンはいないと思います。(笑) 

 とりあえず、アイスホッケー(NHL)は面白いですので、是非一度、見て欲しいと思います。
 ただ、日本ではオリンピクのアイスホッケーの決勝も地上波では放送もないと言うのは…。

 ちなみに、私の誕生日は、ウェイン・グレツキーと同じです。(笑)
 あと所ジョージ。(笑)

スポンサーサイト