先日の川崎フロンターレ戦の城南一和のホームの炭川総合運動場は、ちょっと大きめな市営スタジアムという感じですが(昔の等々力や三ッ沢と比べればはるかに立派ですけど…)、ガンバ戦の水原三星ブルーウィングスのホームは、ワールドカップで使用するために作られたスタジアムですので、物凄く大きいと言う感じはありませんが、デザインも美しく、綺麗です。そのせいか、チケット料金もちょっと高いです。
 しかし、それでもバックスタンド席 12,000ウォン。色々割引を使って50%OFFで6,000ウォン(約420円)!! 安い!!安すぎる!!
 私が、バックスタンド席を取る理由は、サッカーの全体を観戦するのには、一番、観やすいからです。メインスタンドは大抵高い、ついでに貴賓席などがあり、邪魔になることがある。サポーター席からサッカーを観ると、反対側のゴール付近で何をしているのかがよくわからないことが多い。
 特に、席に余裕がある場合は、あっちこっち動けるので、バックスタンド席は好都合です。
 先日も、警備員さんに事情を話したら、最後はサポーター席への移動を許可してくれましたし。
 勿論、混んでいたり、殺伐とした雰囲気だったら、無理だったと思いますけど…。
 
 とろこで、Jリーグは地域密着を重視して、企業の名前はチーム名に入れてはならない規則となっています。そんな中、宣伝にならないから、税法上、広告費で落ちないからということで、スポンサーが集まらず解散の危機にあるチームが出てきている現状があります。
 バブル絶頂の頃ならそれでもよかったのでしょうが、今後もこれでいいのでしょうか?
 ヨーロッパのクラブチームをモデルにしているのはわかります。しかし、日本代表も日本人に合ったサッカーをなどと言っているのですから、リーグの運営も日本的に合った運営に替えるのも悪くはないと思うのですけど…。
 突然、何でそんなことを言い出したかといいますと、ガンバ戦の相手チームの水原三星ブルーウィングスですが、「水原」は地域名、「三星」は企業名、「ブルーウィングス」はチーム名となっています。勿論、Kリーグには、F.C.ソウルなど企業名が入らないチームもあります。先日のフロンターレの対戦相手の城南一和の正式名称は城南一和天馬で、「城南」は地域名、「一和」は企業名、「天馬」はチーム名だそうです。

 Jリーグの地域名を入れるという思想はいいと思います。
 でも、パナソニック・ガンバ大阪、川崎富士通フロンターレ、京都京セラ・サンガF.C.、日産横浜Fマリノス、浦和三菱レッズ、鹿島住友金属アントラーズ、日立柏レイソル、ジュビロヤマハ磐田、ヴィッセル楽天神戸、サンフレッチェマツダ広島でもいいのでは?誰か困ります?
 サッカーに詳しい人は、みんなメイン・スポンサーがどこか知っているわけですから…。
 それで、気持ちよく、お金を出してくれて、サッカーが面白くなれば、文句言う人いないのでは?

 贔屓のチーム、清水エスパルスも、なくなりかけましたので、特にそう思います…。
 今も、名門チームであった読売サッカークラブ(ヴェルディ)が、皆さんもご存知の通りの有様になっている訳ですので…。
 勿論、佐藤工業の撤退によって、事実上、消滅してしまった横浜フリューゲルスの例もあるように一企業に過度に依存すると危険と言うこともありますが、観客動員、年間シート、サポーター制度、グッズ販売で、安定的に維持できているJリーグチームはそう多くはないでしょう。
 もう少し、考えた方がよいような気がします。勿論、このまま地域名のみでJリーグの規模と質を維持、発展していけるならば、それに越したことはありませんが、有力選手の海外移籍などが、今後、どんどん進んでいけば、Jリーグがジリ貧になりはしないかと不安です。

 随分、長くなりましたが、話を戻して、ガンバ大阪です。(笑)

 結果は、0-0のドローでした。
 お互いにチャンスも数度ありつつ、かなりせめぎ合った良い試合だったと思います。

 しかし、ガンバはいいチームですね。
 勿論、現在の代表の遠藤、橋本選手も良い選手なのですが、加地、明神選手は、依然として良い選手ですね。
 加地選手が、ボールを持つと、「いけるんじゃないか?」と感じさせてくれます。
 安田選手も、物凄い運動量で、積極的に勝負していたので良かったです。

 だた、この試合、遠藤、橋本選手は両方ともキレがなく、ちょっと体が重そうでした。
 特に橋本選手は消えている時間が多かったように思います。
 
 選手交代でチョ・ジェジン、宇佐美が入ったのですが、チョ・ジェジンに大ブーイングが浴びせられてました。元水原の選手で、韓国代表なんだから温かく迎えてあげれば良いのに。(笑)
 宇佐美は今後の日本を背負って立つ選手なので、大切に育てて欲しいと思います。
 今日は、絶好のチャンスで、ふかしてましたが…。
 ただ、何かやってくれそうな雰囲気はあります。

 この試合で、水原も結構、良いチームだということがわかりました。
 サポーターも結構、迫力ありました。勿論、ホームだから当然なのですけど。
 一般席の観客は、近所の子供たちが、親や教会やサッカースクールの先生に連れられて観に来ている感じで、ゆる~い感じでしたが、かなりの人数が観に来てました。バックスタンド一階席は、8割ほどの入りでした。
 水原ワールドカップ・サッカースタジアムは、観やすいスタジアムで好印象でした。
 

20100224_190011_2243282_t.jpg

20100224_192556_2243298_t.jpg

20100224_192657_2243301_t.jpg

20100224_194019_2243315_t.jpg

20100224_194211_2243318_t.jpg

20100224_194744_2243340_t.jpg

20100224_195208_2243346_t.jpg

20100224_195529_2243363_t.jpg

20100224_210358_2243538_t.jpg

20100224_200906_2243405_t.jpg

20100224_195622_2243365_t.jpg

20100224_202044_2243426_t.jpg

20100224_203717_2243458_t.jpg

20100224_204140_2243461_t.jpg

20100224_204311_2243465_t.jpg

20100224_205140_2243484_t.jpg

20100224_205709_2243510_t.jpg

20100224_210017_2243523_t.jpg

20100224_211519_2243571_t.jpg

20100224_211549_2243575_t.jpg

20100224_211629_2243577_t.jpg

20100224_212220_2243592_t.jpg

20100224_213154_2243597_t.jpg

20100224_213211_2243601_t.jpg
【OLYMPUS E-3 + ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm/F2.8-3.5 SWD + EC-14 + HUSKY #1104 with SLIK SBH-280】

スポンサーサイト