SAMSUNG NX10は、APS-Cサイズ、1460万画素の実効画素を持つCMOSセンサーを搭載したミラーレスのデジタル・カメラです。
 ここ韓国では既に発売になっています。
 全く関心もなかったのですが、今日、実物を見て、ちょっと興味を持ちました。

 百貨店の家電コーナーのショーケースの中に展示されていて、実際に手にとってみたかったのですが、品不足のため展示だけで、触れられないとのこと…。(笑)
 
 既に多くのところで、商品の写真は公開されているので見たことのある方も多いと思います。
 写真では、デザインもいまひとつと感じていたのですが、実物は、質感も高く、かなりカッコいい。
 大きさも、思った以上に小さく、G-1/GH-1よりかなり小さく見えます。E-P1/E-P2、GF-1にちょっとでっぱりがある感じです。また、プラボディの中では、かなり上手く作っていると思うE-4XX、E-5XX、E-620などより遥かに、高級な感じがします。ダイヤルやエンブレムなどもプリントでなはく、凹凸のあるものが採用されていますし、レリーズ周りもかなり高品位に作ってあります。 

 背面ディスプレイは3.0型の有機ELを搭載しているので、おそらく相当、綺麗なのではないでしょうか。
 EVFデジタル・ファインダーの見え方はどうなのか、使い勝手はどうなのか、そのうち確かめてみたいと思います。

 買うかと言われると、この手の小型のレンズ交換式カメラは、HDレンズのあるパナソニックのMFTを選択すると思うのですけど…。

 「SAMSUNG」ブランドが気にならなければ、面白い存在になると思います。
 日本ではA/Sを含めて「PENTAX」ブランドで出せば、相当、面白い存在になると思います。

 とにかく、価格を考えると、ビックリするほど高級感がある作りでした。
 ちょっと軽い衝撃を受けました。

 韓国製品にはかなり辛口な私も、「やるな、SAMSUNG…」と言ってしまう製品でした。
 実際に、触ってみるとまた変わるかもしれませんが…。
スポンサーサイト