1995-12 NY 01 (6)_t
【view from Brooklyn Bridge】

1995-12 NY 01 (7)_t
【Brooklyn Bridge】

1995-12 NY 01 (33)_t
【view from Brooklyn Bridge】

1995-12 NY 01 (32)_t
【view from Brooklyn Bridge】

New York
December 1995

1995-12 NY 02 (7)_t
【St. Patrick's Cathedral】

1996-01 NY 03 (33)_t
【St. Patrick's Cathedral】

1996-01 NY 03 (31)_t
【St. Patrick's Cathedral】

1996-01 NY 03 (13)_t
【St. Patrick's Cathedral】

1996-01 NY 03 (16)_t
【St. Patrick's Cathedral】

New York
December 1995

1995-12 NY 02 (23)_t
【Planet Hollywood】

1995-12 NY 02 (25)_t
【Hard Rock Cafe】

1995-12 NY 02 (26)_t
【MOTOWN CAFE】

New York
December 1995

1995-12 NY 02 (9)_t
【Citigroup Center】

1995-12 NY 02 (19)_t
【Tiffany&Co New York-5th Avenue】

1996-01 NY 02 (1)_t
【Metropolitan Opera House/Lincoln Center for the Performing Arts】

New York
December 1995

1995-12 NY 03 (3)_t
【The Museum of Modern Art(MoMA)】

1995-12 NY 03 (9)_t
【Ferrari 641/2 for Alain Prost at MoMA】

1995-12 NY 03 (16)_t
【Metropolitan Museum of Art】

New York
December 1995

 アメリカの美術館は、やはり、凄いですね。
 富のあるところにモノは集まる。
 どの美術館にいっても、楽しめました。この他、N.Yにはグッゲンハイム美術館(Guggenheim Museum)もあります。
 絵画などの美術品は写真に取らない主義なのですが、Ferrari 641/2は、撮ってしまいました。(笑)
 歴代F1マシンの中でも、最も美しい車が、このFerrari 641/2だと思っています。
 
 日本では、アイルトン・セナが人気がありましたが、速いけど、乱暴なドライビングは私の好みではなく、沈着冷静なドライビングからプロフェッサーとの異名をもっていたアラン・プロストのファンでした。
 セナ、優勝のかかった日本グランプリで、このFerrari 641/2にスタート直後の第一コーナーで故意にぶつけるという暴挙にでたし…。
 しかし、セナプロ時代のF1は面白かった…。

1995-12 NY 04 (4)_t
【Carnegie Hall】

1995-12 NY 02 (24)_t
【Carnegie Hall】

New York
December 1995

1995-12 Phila 02 (6)_t
【The Barnes Foundation】

Philadelphia
December 1995

 色々とありまして、門外不出のコレクション(一時期は公開も厳禁)となったバーンズコレクション。
 バーンズ美術館の改修工事時に日本にその一部を持ってきて1994年に国立西洋美術館でバーンズコレクション展が開催されて大きな話題となりました。
 1995年12月ですので、改修工事も終了した状態で見ることができました。
 ルノアール、セザンヌ、モネなどの印象派を中心にマチス、ゴッホ、ピカソ、ルソー、ドガ、ロートレックなどの作品で構成されていました。
 ダウンタウンから離れた辺鄙な場所非常に落ち着いた郊外にあるので、行くのに大変だったのですが、最近は近くにSEPTAの駅ができたようです。
 美術、特に印象派に興味ある人は、是非、見に行ってください。それだけの価値はあると思います。

1995-12 NY 03 (18)_t
【Atlantic City】

1995-12 NY 03 (19)_t
【Atlantic City】

1995-12 NY 03 (31)_t
【Atlantic City】

Atlantic City
December 1995

 日本人にはあまり馴染みはないかもしれないが、東海岸のラスベガスとも言われるアトランティックシティ。フィラデルフィアの隣のニュージャージー州にあります。
 パチンコもやったことがなかったので、ここでギャンブル初体験。
 でも、20ドルくらいしか、使いませんでしたけど。(笑)

 友達と車を借りて行ったのですが、帰りに道迷って、全米1治安の悪いNJのカムデン(Camden)地区に迷い込んでしまいました。街中、落書きがひどいとかいうレベルではなく、爆弾でも落ちたかのように、至る所、壁の一部しか残っていないような場所が…。本当にここは戦争中なのかと思うような場所でした。
 信号で停まると、暴漢がやって来たり、銃で狙われたりするので、信号で停まるのも怖かったです。フィラデルフィアの街並みが見えて、デラウェア川を越えたときには、本当に助かったと思いました。

1995-12 NY 03 (29)_t
【Philadelphia City Hall】

Philadelphia
December 1995

1996-01 NY 02 (17)_t
【Times Square】

1996-01 NY 02 (15)_t
【Times Square】

1996-01 NY 02 (16)_t
【Times Square】

1996-01 NY 02 (8)_t
【Times Square】

New York
December 31, 1995

 大晦日から新年に行われるイベントで、おそらく世界で最も有名なイベントがTimes Squareのニュイヤーのイベントでしょう。折角、アメリカにいたので、イベントに行ってきました。
 16時くらいから、だんだん人が集まってきて、0時まで、ひたすら待つ…。
 私は、17時くらいから、待っていました。(笑)
 集まって、ビルの上にあるビックアップルが0時に合わせて落ちてくるのをひたすら待つというイベントである。舞台があって、何か演奏などがあるわけでもなく、ひたすら待つ…。
 その間、清掃部隊や警察の警備部隊、騎馬隊などがやって来て、イベントの進行の手伝いをするのだが、その度、大歓声。何で歓声があがるのか、わからないのだが、イベントの高揚感なのか、寒いのにひたすら待つだけなので、暇だからなのか、まあ、その両方なのだろう…。
 とりあえず、何でも楽しもうとするアメリカ人は凄いなと感心しました。(笑) 

 でも、大きなイベントなので、有名人も沢山やってきます。

 最初の写真は、当時、NBAに新加入したケビン・ガーネット(Kevin Garnett)。多分…。最初は誰だかわからなかったのだが、周りにいた人が急に騒ぎ出したので、聞いたら、「今年のファーストピックで、高卒で何十年ぶりかにNBAに入った大型新人で、高校のMVPをとりまくったNEXTジョーダンだ!!」と言っていたので、多分、間違えではないと思う。その兄ちゃんが間違っていなければ…。

 二枚目の写真は、ソウル・オリンピックの金メダリスト、ジャッキー・ジョイナー・カーシー(Jackie Joyner-Kersee)。実兄のアル・ジョイナーはロサンゼルス・オリンピックの金メダリスト。義姉(アルの嫁)にあたるフローレンス・ジョイナーもソウルオリンピックの金メダリストです。「ジャッキーーーー」と叫んだらこっちに来てくれて、肩を組んで写真を撮ってくれました。いい人です。(笑)