Edelweiss SNOWFRESH(5% ALC.)。

 オーストリアのビール。Edelweissは、ドイツのバイエルンからオーストリアのアルプスにかけての伝統にのっとたアルペンウォーターと地元の麦芽・ホップで醸造されたヴァイスビールで、530年以上の歴史を誇るザルツブルク周辺でもっとも古いビールだそうだ。
   
 そのエーデルワイスヴァイスビールのレシピにアルペンハーブ(エルダーフラワー、ミント、アルニカフラワー、ラビジ、ナツメグ、マルメロをブレンドしたハーブの名称)をブレンドしたのが、このEdelweiss SNOWFRESH。

 Edelweissという言葉はドイツ語で、Edel(高貴な)Weiss(白)と言う意味だそうだ。Edelweissと言えば、思い浮かぶのは可憐な花をつける高山植物のEdelweissであるが、オーストリアの国花となっているそうだ。
 Edelweiss SNOWFRESHのボトルには、このEdelweissの花とアルプスの山並みがデザインされている。
 このデザインもすばらしく、プレミアム感が高い。

 日本の販売会社のホームページをみるとEdelweiss SNOWFRESHは、「2006年にフランス等のEUでテスト販売され、絶大な人気を得た、まったく新しいビールです。その人気を受け、2007年から本格的に発売。しっかりしたヴァイスビールの味わいと、爽やかなアルペンハーブの香り。そして飲んだ後の爽快感。他のビールとはまったく異なる、素晴らしい味わい」と書かれている。

 しかし、この宣伝文句に嘘はない。
 しっかりしたヴァイスビールの味わいと、爽やかなアルペンハーブの香りがある。キレ、コクもしっかりとあり、そして飲んだ後の爽快感、清涼感!!!
 本当に宣伝文句通りの感動的なおいしさ!!!
 こんなビールが、あるんですね。
 
 一度は必ず飲んでみるべき新感覚ビール。
 本当に感動的なおいしさです。
 この感動を一人でも多くの人に伝えたい。(笑)

 何でも、日本では、ハーブが含まれているため、表示上は発泡酒となるとのこと。しかし、麦芽が50%以上使用されているため、ビールと同じ金額の酒税が価格に含まれるとのこと。ちなみに韓国では日本のような税法上の区分がないため、普通にビールと表示されています。

 お気に入り度 ★★★★★(5/5)

20090127_170135_1276446_t.jpg

20090127_170316_1276452_t.jpg

20090127_170430_1276454_t.jpg

20090127_170202_1276447_t.jpg
【OLYMPUS E-3 + ZUIKO DIGITAL 14-54mm/F2.8-3.5】

スポンサーサイト