20081030_180651_A306235_t.jpg
【OLYMPUS E-3 + ZUIKO DIGITAL 14-54mm/F2.8-3.5】

Bangkok

スポンサーサイト



 我が愛機E-3のファームウェアアップデートサービスがオリンパスから発表された。
 ただ、アップデートサービスが行われるのは2009年2月中旬とのこと。

 新ファームVer.1.3の内容は

 1)十字ボタンによるAFポイント切り替え機能を追加。カスタムメニュー1の「ボタン/ダイヤル」項目で指定可能。
 2) パワーバッテリーホルダーHLD-4使用時の電源チェックを安定化。

 とのこと。

 1)は、私も望んでいた機能であるので、素直にうれしいのだが、AFポイント切り替えは、一年も使っていると、ダイヤルでの変更に慣れてしまったので、もう使わないかも…。(笑)
 ボタンを長く押しているとその分、ポイントも動くのでしょうか?それとも、ポイントを一つ動かすのにボタンを一回ずつ押さなくてはならないのでしょうかね?後者の場合は、多分、面倒なので、結局使わないかも…。

  2)は、ファームウェアアップデートでどの程度、改善されるのか…。
  HLD-4は、発売当初から評判悪いですので…。
 とにかく、あの質感は・・・。
 プラスチックの外装は何とかならないでしょうか?
 重くて高くなってもよいので、金属外装を用意して欲しいです…。

 OLYMPUSは、先に行われたE-3のアップデートで、すべてのレンズで手振れ補正が効くように対応するなど、割と面倒見がよいので、ユーザーとしては、嬉しいです。
 過日行われたOLYMPUS Studioのアップデートは、トリミング機能が拡充されて、非常によいものでした。ついでにE-30のアートフィルターもOLYMPUS Studioでできるようになると嬉しいのですが。(笑)
 ついでに、E-1のオートホワイトバランスと液晶での4倍以上の拡大表示のファームウェアのアップデートサービスもお願いします。(笑)
 ありがとう。ガンバ大阪。
 いいものを見せてもらいました。(涙)