パナソニックから、マイクロ・フォーサーズの第一号機が、発表された。
 が・・・、約385g(本体)、プラス標準レンズLUMIX G Vario 14-45mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.(約195g)で約635g、プラス望遠ズームLUMIX G Vario 45-200mm F4-5.6 MEGA O.I.S(380g)で約819g・・・。
 で、普通の一眼レフの形・・・。
 レンズ交換のできるネオ一眼ですね・・・。
 こういうのを出したかったのか・・・。
 もっと革新的なものがでると思っていたのだが・・・。
 これをM4/3で出さなければならなかったのだろうか?
 このくらいの大きさなら、従来の4/3でも十分に可能だったのではないだろうか?

 某所で、ファンが作ったレンジファインダー風のデザイン画が投稿されて、話題になっていたが、そちらの方がよほど買いたいと思えるものだった。パナソニックとオリンパスは、あのデザイン画を作った人を探して、デザイン画を買い取った方がよいかも。(笑)
 
 E-420、E-520(バッテリー、メモリ込み、441g、566g)にWズーム(ZD ED14-42[190g]、ZD ED 40-150[220g])でも、そんなに重さも、大きさも変わらないような・・・。

 光学ファインダー搭載の4/3とLVF(EVF)搭載のM4/3、ついでに、可動式液晶有り無し、手振れ補正ありなしなど、組み合わせで機能的にも変わるので、使い方によってどの機材が自分に合うか、選択の範囲が広がるのはよいのですが、大きさと重さだけを言えば、4/3とM4/3の差はあってないような差ですね・・・。 

 発売前から、システムでどれだけ小型化できるかが鍵だと思っていたが、やはり、それなりの大きさになってしまっていて、E-420+Wズームという十分に小型軽量なものが既にあるので、今回の発表機種だけみると小型軽量のために新システムを立ち上げただけのインパクトはないような・・・。 LUMIX DMC-G1とレンズキットは、同じ大きさでフリーアングル液晶、手振れ補正可能という差はありますが・・・。E-520もそんなに重いカメラでないので、そうなるとフリーアングル液晶のみがアドバンテージ・・・。これらを大きなメリットと見るかどうかで、評価が変わってくるでしょう。
 実物を見てみるとまた、別の感想となるのかもしれませんが・・・。

 大きなアドバルーンを上げたが、ちょっと「やっちゃった・・・」感が・・・。
 これ売れるのかな?
 赤のカラーは、ガンダム世代には、シャ○専用みたいで、グッと来ますね。使いたくはないけど。(笑)
 PanasonicのHPを見ると、赤のカメラがメインカラーになってます。
 スペシャルサイトも見たのですが、ターゲットがよくわからない。子供を撮ろうという感じは受けませんし、中高年の女性の趣味として使ってもらえるように提案しているのでしょうかね?新しい需要の掘り起こしなのでしょうが、そういうターゲットになるセグメントって実際に存在するんでしょうか?
 メッシュのストラップが用意されているのは、宮崎あおいさんのオリジナルの麻のストラップが話題になったので、そのあたりをきっちりリサーチした結果かもしれない。
 
 LVFは、144万ドット相当の高精細LVFとのことなので、どんな見え方するのかちょっと楽しみですね。光学ファインダーを過去のものとするような性能だと、M4/3の未来は明るいかも。
 来年発売予定の動画が撮れるAF対応フルハイビジョン対応機の使い勝手も含めた動画性能がM4/3の成否を握るような気がします。
 M4/3を単に小型軽量のためだとしたら、失敗するような気が・・・。
 
 オリンパスは、是非、PEN Digitalのようなものを出してください。

 しかし、E-420に手振れ補正搭載した後継機が、小型軽量を望む多くのユーザーとってファイナルアンサーとなるのではないでしょうか? 
スポンサーサイト



20080803_142208_8033989_t.jpg
【OLYMPUS E-3 + ZUIKO DIGITAL 14-54mm/F2.8-3.5】

20080803_150135_8034025_t.jpg
【OLYMPUS E-3 + ZUIKO DIGITAL 14-54mm/F2.8-3.5】

20080803_145705_8034013_t.jpg
【OLYMPUS E-3 + ZUIKO DIGITAL 14-54mm/F2.8-3.5】

20080803_145810_8034016_t.jpg
【OLYMPUS E-3 + ZUIKO DIGITAL 14-54mm/F2.8-3.5】

20080803_150533_8034030_t.jpg
【OLYMPUS E-3 + ZUIKO DIGITAL 14-54mm/F2.8-3.5】

 釜山の胃袋と言われるチャガルチ市場。
 最近、新しい綺麗なビルが建ってしまって、昔の怪しさがなくなってしまって、観光地としては、いまひとつになってしまった感じが。
 それでも、昔ながらの雰囲気を残す店も残っていますので、新鮮な海産物を食べたい人は、チャガルチ市場へ。

2008-08-03-003-G1B21.jpg
【CONTAX G1 + Carl Zeiss Biogon T* 21mm/F2.8】

 映画「チング」の舞台となっていたのは釜山。
 この近辺でも、撮影されていました。
 この道を疾走するシーンを記憶している人もいるのでは?

 みごとに全部、シャッターが閉じてますが、朝方に行くと、活気溢れる姿を見れるとのこと・・・。(その辺を歩いていたおばちゃん談)