韓国ソウルの名所、崇礼門(南大門)が焼失してしまった。

 国宝第一号に指定されている、朝鮮時代から何とか生き延びてきた、ソウル内に現存する最古の木造建築で、その文化的な価値も高い。
 また、国を象徴する重要な建築物である。
 
 火災原因は放火という可能性が指摘されている。消火活動の初動ミスなども重なり、ほぼ全焼という最悪の事態に・・・。
 2006年には世界遺産でもある水原華城の西将台が、酔っ払いの放火によって全焼した。この時にも、管理体制のまずさが指摘されていたのだが、崇礼門でも、同じことが繰り返されてしまった。
 2005年には、山火事によって、1000年の歴史を誇る古刹、洛山寺の建物14棟、楼閣が焼失し、銅鐘も溶解するという悲劇が起こった。
 韓国は、本当に文化財の管理体制を真剣に考え直さなければならないだろう。

 韓国にはその長い歴史の割には歴史的なものがあまり残っていない。侵略されることが多く、燃やされたということを考慮に入れても、少な過ぎるように感じる。建築物だけでなく、記録などの書物も同様である。韓国人は、モノの保管、保存、管理というものがどうも苦手のようである。日常からみても、そう感じる・・・。

 2007年12月18日に側を通りかかったので、スナップしたのが、下の写真。
 まさか、これが、最後になるとは・・・。
 周辺も含めて綺麗に整備されたばかりだったのに・・・。
 早期の再建を望みます。

20071218_214415_C180056_t.jpg
【OLYMPUS E-1 + ZUIKO DIGITAL 14-54mm/F2.8-3.5】
スポンサーサイト