PMA08が開始されました。
 いろいろと興味深いものが発表されています。

 特に気になったのはSONY。
 フルサイズのD-SLRの年内の発売を発表の他、α200、α300、α350と似通った機種をいっぱい発表して、大丈夫かとも思ったのですが、どうやら、価格がかなり安いようです。
 それとα300、α350のライブビュー機能すごいですね。
 機能的にはオリンパスのE-330が先に実現しているのですが、E-330と同じようにミラーの一部をスイングさせて、光をライブビュー専用CCDに導くようです。ただ、同じような機能を従来のSLRの形でできたのですね。ペンタミラー機での力技。お見事です。オリンパスは、ペンタプリズムの光を分けてライブビュー専用CCDに導くことを研究してるようですので、E-3の後継機には積んでくるのではないでしょうか?

 SONY、そろそろ本気を出してきたかなと感じさせるPMA08でした。
 でも、実はカメラよりレンズが気になるのです。(笑)
 Carl ZeissのVario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM。
 CONTAXのNシリーズ用の広角ズーム、VS17-35/F2.8はありましたが、ありそうで、なかったZeiss初のF2.8通しの標準ズーム。
 どんなものなのでしょうか。
 重量は約955g。フィルター径は77mmとのことなので、デカイです。
 
 ZD50-200/F2.8-3.5並の標準ズームです。まあ、ZD14-35/F2.0も同じくらいですから、そんなものなのかもしれませんが・・・。

 ズームなのに Zeissの必要もないかなとも思いますが、Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM、いつかは使ってみたいですね。特にフィルムのα-9あたりで。
 
 SONYの新フルサイズ機、ちょっとデザインを変えて、CONTAXの名前でも売ったりしてくれませんかね。(買えないけど・・・。)
 今では、Carl Zeissは、ZM、ZF、ZS、ZK、ZAとほとんどのメジャー・マウントでも使えるようになっていて、Carl Zeissのレンズが使えるのはCONTAXだけという時代ではないのは、わかっているが、CONTAX、いつかは復活してほしいな。 

 オリンパスは、E-SYSTEMについては、注目すべきアナウンスは、今のところ、ない模様。
 コンパクトカメラはSP-570UZとStylus 1030SWという従来機をさらに煮詰めた製品が発表された。Stylus 1030SWはレンズが28mmスタートになったらいしので、ちょっと注目しています。
 それよりも、気になるのは、MicroSDカードアタッチメント。E-3のxDのカードスロットでも使えるのでしょうかね?

 あとは、富士フィルムのスーパーCCDハニカム VIII HR+画像処理エンジン「リアルフォトエンジンIII」を搭載したカメラ。
 「従来比4倍のワイドダイナミックレンジを実現」は本当なのか?
 従来比4倍って、ネガフィルムの再現域を越えてるんじゃないでしょうか?
 本当なのか?
 この撮像素子と画像エンジンをD300のボディに載せたS5 proの後継機が出たら、話題になるでしょうね。
 
スポンサーサイト