上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 iPod Classic 80GBを買った。

 iPod 3G 20GBよりの買い替え。
 去年から、既にiPod 3Gのバッテリーは死亡寸前。
 少し寒くなるとフル充電しても、5分とバッテリーがもたない。(笑)
 内ポケットに入れたり、カイロで温めてあげると、復活して、何とか1時間程度は使えるといった感じの超虚弱体質になってしまったiPod 3G。
 夏でも、1時間半程度しか、バッテリーがもたない。

 昨年のiPod 5.5Gの発売時に、買い換えようと思ったのだが、その時には、タッチパネル式のiPodが出ると思っていたのに、予想外のマイナーチェンジだったので見送った。

 今年、待ちに待っていたiPod touchが出たので、それを買おうと思ったのだが、フラッシュメモリ版で、最大容量が16GBしかないので、断念。せめて、20GBはないと…。
 来年か、再来年の32GB搭載まで待たねば…。

 これまで、iPodを3Gから、買い換えなかった理由は、3Gが非常に使い易かったからである。
 操作部のボタンがタッチセンサー式で、ボタンがLEDライトで光る。
 他のiPodは、操作ボタンを押し込まなければならないが、3Gは押し込まず、触れるだけでいい。また、操作ボタンがホイールと独立している。
 使うとわかる、非常にすばらしい操作性。

 iPod touchは、タッチセンサーで、押し込まないで良いのだが、従来のiPodとは、操作性が異なる。できれば、スクリーンに、これまでのiPodと同じ操作系が表示されて、それをタッチできるというのが、理想だったのだが…。
 
 iPod touchの操作性は、これまでのiPodより、使い悪そうな気がする。慣れの問題だろうけど…。

 また、iPod 3Gは、筐体の角と脇を丸くしているので、持った感じが非常に良い。5G、5.5Gは、直線から急に落ちている。iPod Classicは、若干、丸みを帯びたデザインになっており、3Gに近い感じとなっている。

 しかし、80GBのHDDを搭載しているのに、すごく薄くなっていて、驚く。これだけ、薄いのだから、iPod touchにも、HDD版を用意してくれればよかったのに。

 iPodのイヤホンの音の悪さは有名。
 iPod 3Gは、私にとって3台目のMP3プレーヤーだったのだが、同じファイルをiPodで聴いたときの音の悪さは衝撃的だった。(笑)
 何で、こんなに音が悪いのだと…。
 それまで使っていた1万円程度のMP3プレーヤーの付属のヘッドホンに替えてみたところ、格段に音がよくなった。
 初日以降、iPodの付属のイヤホンは、使っていない…。

 いくつか、これまで使っていたCDプレーヤー、MP3プレーヤーの付属品やら、2-3000円のイヤホンを使っていたが、今回は、iPod touchを買うつもりでいたのを変更したので、予算をイヤホンに回してみた。
 カナルタイプ、密閉タイプは、以前、しばらく、使っていたのだが、私には合わないようで、耳が痛くなるし、非常に疲れるので却下。

 オープンエアー型の中から、いくつか視聴してみて、低音の重厚さと装着感の良さで、Bose in-ear headphones(TriPort IE)にした。
  
 最後まで、考えていたイヤホンは、BANG & OLUFSEN A8、audio-technica ATH-CM700、Bose in-ear headphones(TriPort IE)。

 元、ベーシストの私にとっては、ベースラインを気持ちよい音で鳴らしてくれるBose in-ear headphonesは、非常に良い選択だったと思う。
 高音が弱い、こもって聴こえるなどとの指摘がなされているが、その場合は、イコライザーをTreble Boosterなどに変更するとよい。私のお勧めは、Acoustic。
 私はロック、ポップス、クラッシク、ジャズなどを気分によって、聴いているが、いずれの場合も、Acousticにしている。
 これを選択すると、低音部も綺麗に響きながら、高音部の解像感も上がったように感じる。ドラムのシンバルのような音やギターのカッティングのような音も、非常に良く聞こえるようになります。クラッシクでも、音に奥行きが出てきます。
 
 Bose in-ear headphonesを使って、The Powerstationの「Get It On」とか「Some Like It Hot」あたりを聴くと本当にシビレます。

 また、Bose in-ear headphonesを使用すると、イヤホンを使っていると感じないくらいの自然な装着感で、他のイヤホンには、もう戻れないかも…。
 
 明日は、いよいよOLYMPUS E-3の発表である。
 楽しみ。楽しみ。

20071016_201920_A162994.jpg

20071016_202022_A163001.jpg

20071016_213456_A163024.jpg

スポンサーサイト
 ついに、OLYMPUS E-3が発表された。
 発売日は11月23日。

 スペックは噂されていたものとほぼ同等のものであった。

 基本性能は、E-1をすべて凌いでいるので、不満な点はない。

 E-1のでも、別に不満に感じたことはなかったが、ファインダーがどのくらい、大きく見えるのかが気になっていた。
 製品のホームページを見ていると、物凄い改善が図られているようだ。ファインダーを覗くのが楽しみである。
 
 最大5段分のボディ内手ぶれ補正、フリー・アングル・ライブビュー、ワイヤレスフラッシュ機能搭載内蔵フラッシュなど、すごい進歩がみられる。

 パワーバッテリーホルダーも、標準バッテリー2個で使用できるので、非常に良い。値段もそこそこなので、E-3のは買おうと思う。

 私は普段 CONTAX RTSⅢに重い大口径のY/Cレンズを使っているので、E-3の810gは、それほど気にならないのだが、E-1が660gとかなり軽量だったので、このレベルを考えていた人には、気になるかもしれない。
 ただ、フラッシュ+大型のプリズム+2.5インチのフリー・アングル液晶+手ぶれ補正機能を入れて、プラス150gは、立派なのではないだろうか?

 レンズも新しくしたくなる魅力あるものなので、問題は、お値段がおいくらスタートなのかだ。
 あまりに高額になるようなら、Y/Cレンズ用のフルサイズ機ということで、EOS 5Dの後継機でもいいかなと思っていたのだが、E-3のAFは何となく凄そうなので、E-3で決定でいいような気がする。

 別に大伸ばしないので、画素数もそんなに必要じゃないし、CANONのレンズで欲しいレンズないし…。高いし、重いし…。
 Y/Cレンズは使いたいのだが、フルサイズのD-SLRで撮るなら、普通にフィルムで撮った方が綺麗なので、結局、フルサイズのD-SLRって使わないような気がするし…。

 ところで、何でCANONは広角、標準域のLレンズはIS(手ブレ補正)は付いていないのでしょうか?
 
 それを考えるとOLYMPUSのレンズは、スタンダードレンズ以上は全部防塵防滴で、さらに超音波モーター搭載のレンズでは、世界最速AF+ボディ内で手ブレ補正が効くのだから、システム全般で考えれば、相当リーズナブルなシステムとなったのではないだろうか。

 若干、不安があるのは、AFのフレームの選択をどうやって行うのかが気になる。ジョイスティックのようなもので行うのが、直感的でよいのだが、E-3を見るとボタンがひとつあるだけ。これで、どうやって素早い選択を可能にしているのかが、気になる。あまりに使いにくいと、全部カメラまかせか、中央一点のみ使用ということになってしまうので…。
 あとは、E-3が、E-1のKODAK FFT CCDのような味のある画を創ってくれるかだ。
 
 とにかく、楽しみ。楽しみ。

 くだらないことだが、液晶の枠にOLYMPUSと入っているとフリー・アングル・ライブビュー使うと文字が逆さになるので、パナソニックのように、液晶の枠に文字を入れなければよかったのに…。(笑)

 あと、E-3のプロモーションビデオがやけにかっこいい。
 映像も音楽も非常によい。
 シャッター音も心地よい。 
 必見!!

 E GOES to WORLD, GO OLYMPUS ! !
 価格ももう出てますね。
 ヨドバシカメラ通販価格

 オリンパス E-3 ¥199,800 + 10%還元

 ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD ¥99,900 + 10%還元

 ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD ¥117,600 + 10%還元

 ZUIKO DIGITAL ED 14-35mm F2.0 SWD ¥247,800 + 10%還元

 HLD-4 [パワーバッテリーホルダー] ¥19,700 + 10%還元

 カメラ本体は、18万円程度なので、安いところだと17万円台後半スタートといった感じか?
 ZD ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDは思ったよりも安く出た感じだが、ZD 14-54mm F2.8-3.5 ¥62,700 + 20%還元なので、ZD ED 12-60mm F2.8-4.0 SWDは、思ったり2万ほど高いな…。
 これだけ価格が違うと、標準ズームの代替ではなく、別物なのかな?併売になる可能性が高いような気がする。
 ZD ED 14-35mm F2.0 SWDは、2008年春発売なのね…。
 買えないけど…。

 オリンパス E-3 + ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWDで、約25万円でスタートと読んでいたのだが、レンズ代が、2万円ほど高かった…。

 でも、ニコン D300 AF-S DX18-70G レンズキット ¥268,000 + 10%還元 、ソニー α700 カール ツァイス DT 16-80 レンズキット ¥268,000 + 10%還元なので、十分、勝負できる価格で出してきたのではないでしょうか?
 OLYMPUSは、E-3の発表後、E-1ユーザーに対して、E-3新製品体感フェアの案内を送った。OLYMPUSは、E-3を最も購入してくれそうな層を、きちんと認識しているようだ。
 OLYMPUS E-3で、「第二章」をさらに加速してほしい。
 
20071020_163440_A203025.jpg

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。