20070626_112203_KICX2093.jpg
【CONTAX TVS DIGITAL】
スポンサーサイト



 E-510を見てきました。

 実物は、想像していたものよりも小さく、写真などで見る少々間延びした横長のデザインもあまり気になりませんでした。本当にE-410にグリップを付けただけのデザインと大きさという感じ。
 手振れ補正内蔵で多少、厚みが増したということだが、E-410とE-510を並べて比べない限りは気にならない程度の差。ISのエンブレムもそれほど大きくなく、気にならなかった。(でも、E-1後継機には付けないでね…。)

 手振れ補正は、本当にびっくりするぐらい効きますね…。
 150mm(換算300mm)を1/15秒程度で撮っても、全くブレませんでした。
 ライブビューでの撮影にはその効果は絶大なものですね。

 E-410もE-510も外装がプラスチックの割には、質感が高く、重さも小さいボディに機械が詰まっているという感じを与え、好印象。
 デザインはE-410の方が、美しく見えるが、手振れ補正ユニットと、これまでの割と大きめなBLM-1バッテリーが、E-510に入っていると考えるとE-510の小型化の努力と設計はすごいなと感じる。
 バッテリーがグリップ部分の先の方に縦に入っているのかと思ったら(E-1はそういう設計になっている。)、カメラの右側のグリップ部の中央に横に入っているのね…。

 E-510は、ゴミ対策、手振れ補正、ライブビューのデジタルカメラに望まれるすべての機能が全て搭載された最初のD-SLRとなった。本当は、E-410で全て搭載されれば良かったのだが…。これはE-410の後継機に期待と。

 E410、E-510は大変、魅力的な商品に仕上がっている。
 E-1後継機への期待が高まる製品でした。