韓国の高速鉄道KTXは出発を待つ。

 好調が伝えられるオリンパス。コンパクトデジタルカメラもE-410も好調そうなので、E-1後継機までこの調子で頑張ってもらいたい。

 E-1後継機に一つどうしても改善してもらいたい点がある。
 これは、E-1を長く使っている人なら、みんな望んでいる点だと思うのだが、グリップの接着剤(テープ)を別のものに替えてもらいたい。流石に2年半使っていると、グリップが浮いてきてちょっとフィーリングが悪い。大手量販店などにある展示品も大抵、ラバーが浮いている。ついでに、E-1のラバーはお世辞にも質感が高いとは言えない。ラバーの質感も替えてくれるとうれしいのだが。

 今までで一番、質感が良いと感じたラバーはペンタックスのMZ-Sのラバーの質感。実は、SLRを最初に買う時、ZEISSのレンズが使え、レンズ、ボディのデザインと質感の良さでCONTAXにしようと思っていたのだが、これとは別に小型で、質感が高かったのでPENTAX MZ-Sにも非常に魅力を感じた。MZ-Sも、Limitedレンズもかなり美しいデザインだと思う。ラバーの質感は本皮のような質感でこれまたGOOD。ただ、ちょっと滑りやすいけど・・・。本末転倒か?

 結局は当初の予定通り、ZEISSのレンズが使えるCONTAXにしたのだが、PENTAXを選ばなかった最大の理由は、望遠レンズのフードにPENTAXと馬鹿でかく書いてあるあのセンスは・・・という実にくだらない理由であった・・・。いつか、PENTAX MZ-S+縦グリップ+☆レンズも使ってみたいと思う。ただ、他にも欲しいものが沢山あるからな・・・。まだ、買うのか??

 まあ、とにかくE-1後継機のラバーの接着方法と質感は替えてもらいたい。

20070428_202237_4281495.jpg
【OLYMPUS E-1 + ZUIKO DIGITAL 14-54mm/F2.8-3.5】
スポンサーサイト