「標準レンズの帝王」とうたわれるCarl Zeiss Planar T* 50mm/F1.4を凌ぐ描写性能を持つと言われるのが、このG用に開発されたCarl Zeiss Planar T* 45mm/F2である。

 45mmと若干広角寄りの画角は、非常に使いやすい。
 一眼レフのようにこのレンズを通した光を直接、ファインダーで見てみたいと思っているのは私だけではないだろう。

 しかし、ファインダー内のデジタルスケール化した測距表示でピントを合わせるのは良いのだが、ボディのフォーカースダイヤルではなく、レンズにフォーカスリングをつけておいてくれれば、もっと楽にMF操作ができたのに…。

20070414_152941_4141117.jpg
スポンサーサイト