快調と思ったRTS君。

 ネットでRTSの使用方法を確認していると、LED表示がありランプが点灯することが判明!!(笑)
 オリンパスのM-1は針表示だけなので、針表示だけだろうと思っていたのだが、RTSはシャッタースピードの表示の横にLED表示があり、ランプが点灯するらしい。(笑)
 「そんなの知らなかったよ。やってしまったか…。」
 RTSは針で絞りとシャッタースピードは表示されるため、最近マニュアル露出しか使わない私にとって、カメラの露出計が測った‘適正’露出表示のためのLED表示はそれほど重要ではない。
 LED表示以外はすこぶる快調なので、直らないようなら、少し値引きしてもらうかと思ってお店に持っていった。
  
 ご存知のとおり、RTSは古い機種でほとんどの場合、修理不能と言われている機種なので、修理できると全く期待していなかったのだが、お店の主人と共にお店と契約している修理屋さんの所に行ってみたところ、修理屋さん曰く、「部品もあるから、直るよ。預かることになるけど、いい?」とのこと。

 駄目なら予備のLEDに乗せ替えてくれるそうだ。もし部品がなくても修理屋のネットワークを使って部品を探して直すと言っていた。
 流石、韓国…。
 キューバでは、自動車の輸入が制限されてしまっているため、60年代、70年代のアメリカ車を修理して現在も乗り継いでいる。同様にカメラが貴重な国―おそらく日本以外の国ーでは、直していつまでも使えるようにする。
 
 「日本ではRTSの修理は基本的に不可能だから、駄目かと思いました。」と言ったら、修理屋さん曰く、「部品さえあれば、韓国では直らないカメラはない。」というお言葉。力強いです。

 別のお店だが、ローライフレックスのOHと祖父の形見分けのオリンパスM-1とカビだらけのレンズ2本のOHを頼んだが、価格と時間とも非常に満足のいくものであった。

 今度も上手くいくことを期待する。
 修理代はお店持ち。
 
 ちなみに、私の初めて買ったカメラ(ローライフレックス3.5F)もこのお店で買った。 
スポンサーサイト