上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 三脚はGITZO Explorer G2220、雲台はGITZO Low Profile Head 2 Magnesium G1270Mの組み合わせで使っていたのだが、G1270Mは、カメラの取外しがし難いので、クイックシューアダプターG2285MBを6月を買った。
 これにより、素早いカメラの交換が可能となった。

 これで満足していればよかったのだが、マクロ用にはこの組み合せで使うのだが、通常の撮影は自由雲台が欲しい。
 高かったので1年ほど買わずにいたのだが、通常価格から20%OFFのセールがあったのでGitzo G1277Mを買ってしまった。
 Gitzo G1277M + G2285MBでGitzo G1278Mと同じ機能をもつ。
 
 CONTAXレンズに続き、三脚の物欲の旅もここで終焉を迎えた。(多分…。)

20061011_145301_A116444.jpg

20061011_144933_A116418.jpg


スポンサーサイト
 CHEVROLETで機動力UP!

 といっても折りたたみ自転車ですが…。
 GM CHEVROLET CSF-2007A。シンプルなデザインが気に入って購入。ただし韓国国内だけの販売の模様。色は黒、白、赤、青の4色だったのだが、白がかっこよかったので白にしようと思い、色々調べたが、白の在庫がない。販売元に聞いても、決まった数しか製造していなく、それは全部、小売店に送ってしまっているので在庫がないとこと。しかも、小売店の在庫状況も把握していないと…。
 必死の捜索の結果、何とか白をGET。
 
 しかし最近の自転車とはずいぶん進化している。
 ギアを走りながらでなくても変えることができるようになっているのには驚いた。(笑)
 重量は13.5kgなので、持ち運びも可能。
 日本では電車に持ち込むときは袋に入れなければならないそうだが、ここ韓国ではそのまま持ち込みが可能。しかし、流石に奥ゆかしい日本人としては、そのまま持ち込むようなまねはしたくない。
 袋を日本から送ってもらってそれに入れて運ぶことにした。
 ちなみに、韓国では自転車は基本的にレジャー用で、通勤通学に使っている人はほとんどいない。韓国の電車の中で見かける、自転車を持ち込んでいる人のほとんどは米軍の兵隊さんとその家族という感じである。

 とりあえず、これで行動範囲がかなり広がる。
 ただ、現在は仕事場に行く時に使っているだけだが…。
 早く使ってやらないと、寒くて自転車に乗って外に出るなど不可能になってしまうだろう…。

20061011_165404_A116488.jpg

20061011_165505_A116490.jpg

20061011_165627_A116496.jpg

20061011_165830_A116506.jpg

20061011_144623_A116412.jpg

 この4ヶ月よく頑張った。
 ということで、自分へのご褒美ということで…。(笑)

 とても綺麗なCONTAX RTS。
 RTS。美しいデザイン。見ていて惚れ惚れする。
 ローライフレックス2.8(3.5)F、バルナックライカIIIf、そしてCONTAX RTSが世界で最も美しいカメラだと思う。
 シャッター、タイマー等は全て快調。シャッター幕など本当に使ったことあるのか?というほどの擦れがない。革はRTSll用に変更されている。実用としてはRTSllの革の方がよい。良くぞ替えておいてくれたと思う。初代の革は、使っているとベトベトしてくるので…。
 
 今週の週末はテストを兼ねて久々に写真でも撮りに行こう~~。
 
 
20061013_011732_A136688.jpg

 快調と思ったRTS君。

 ネットでRTSの使用方法を確認していると、LED表示がありランプが点灯することが判明!!(笑)
 オリンパスのM-1は針表示だけなので、針表示だけだろうと思っていたのだが、RTSはシャッタースピードの表示の横にLED表示があり、ランプが点灯するらしい。(笑)
 「そんなの知らなかったよ。やってしまったか…。」
 RTSは針で絞りとシャッタースピードは表示されるため、最近マニュアル露出しか使わない私にとって、カメラの露出計が測った‘適正’露出表示のためのLED表示はそれほど重要ではない。
 LED表示以外はすこぶる快調なので、直らないようなら、少し値引きしてもらうかと思ってお店に持っていった。
  
 ご存知のとおり、RTSは古い機種でほとんどの場合、修理不能と言われている機種なので、修理できると全く期待していなかったのだが、お店の主人と共にお店と契約している修理屋さんの所に行ってみたところ、修理屋さん曰く、「部品もあるから、直るよ。預かることになるけど、いい?」とのこと。

 駄目なら予備のLEDに乗せ替えてくれるそうだ。もし部品がなくても修理屋のネットワークを使って部品を探して直すと言っていた。
 流石、韓国…。
 キューバでは、自動車の輸入が制限されてしまっているため、60年代、70年代のアメリカ車を修理して現在も乗り継いでいる。同様にカメラが貴重な国―おそらく日本以外の国ーでは、直していつまでも使えるようにする。
 
 「日本ではRTSの修理は基本的に不可能だから、駄目かと思いました。」と言ったら、修理屋さん曰く、「部品さえあれば、韓国では直らないカメラはない。」というお言葉。力強いです。

 別のお店だが、ローライフレックスのOHと祖父の形見分けのオリンパスM-1とカビだらけのレンズ2本のOHを頼んだが、価格と時間とも非常に満足のいくものであった。

 今度も上手くいくことを期待する。
 修理代はお店持ち。
 
 ちなみに、私の初めて買ったカメラ(ローライフレックス3.5F)もこのお店で買った。 
 大学院時代の友達の結婚式に行ってきました。
 写真はブライダルのプロと他の友達に頼んであり、プロがEOS 5D、他の友達はライカM7(?)で撮っていたので、私は違うフォーマットで撮ろうということで、のんびりローライ君で撮影。フィルムはコダックのポートラISO400。そのままスキャンしたのだが、ホワイトバランスが一定ではない…。三枚目の写真は縮小したら眠い画になったので、少しシャープネスをかけた。
 嫁さんがなかなか綺麗でうらやましいぞ~~。
 お幸せに~~。

hsh01.jpg

hsh02.jpg

hsh03a.jpg
【ROLLEIFLEX 3.5F Schneider-Kreuznach Xenotar 75mm/F3.5】
20061013_124426_A136691.jpg
【OLYMPUS E-1 + ZUIKO DIGITAL 14-54mm/F2.8-3.5】
ObjetCM0. TB0 TOP▲
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。