やはり、出るようで・・・。

 当然、手ブレ補正付。オリンパスのような根本的なゴミの解決方法ではないようだが、ゴミ問題もある程度解決しているようで、かなり魅力的なスペックである。

 レンズの構成をみると、APS-C専用、あるいはメインという感じのラインナップではない。SONYはフィルムカメラは流石に作らないだろうから、今後のフィルサイズ化に含みを持たせているのかもしれない。

 高級一眼レフ製造メーカーとして、市場に認知されるには、フルサイズのラインナップを持っていることは非常に意味のあることであると思う。Canonの独壇場となっているフルサイズの撮像素子のカテゴリーに戦いを挑むのは、一気にそのブランドイメージを上げることになる。
 Canonに戦いを挑むのは、高度の撮像素子を内製できるSONYになるのかもしれない。
 現時点で、フルサイズはやらないと言っているNikonは、SONYの後塵を拝する可能性もあるかも???

 カメラ自体は、SONYテイストではなく、ミノルタ・テイストで仕上がっている模様。

 これで、α-7、α-9レベルの中上位機種が出ると、かなり面白そうなシステムではある。
 デジタル対応のZEISSのレンズがAFで使え、今後もボディを発売をしてくれるのだから、魅力的だ・・・。

 でも、SONYの製品は買いたくない・・・。
 でも、魅力的だ・・・。
 でも、金もない・・・。 
 
参考[http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/200606/06-0606/lens.pdf]
スポンサーサイト



File0076_t.jpg
【CONTAX G1 + Carl Zeiss Biogon T* 21mm/F2.8】

File0081_t.jpg
【CONTAX G1 + Carl Zeiss Biogon T* 21mm/F2.8】

File0078_t.jpg
【CONTAX G1 + Carl Zeiss Biogon T* 21mm/F2.8】

20060606_130920-_6063923_t.jpg
【OLYMPUS E-1 + ZUIKO DIGITAL 14-54mm/F2.8-3.5】

20060606_130732-_6063919_t.jpg
【OLYMPUS E-1 + ZUIKO DIGITAL 14-54mm/F2.8-3.5】

20060606_141422-_6063963_t.jpg
【OLYMPUS E-1 + ZUIKO DIGITAL 14-54mm/F2.8-3.5】