フィルムで写真を撮る楽しみの一つは、リバーサルフィルムで撮った写真の鑑賞である。D-SLRがどんなに良くなったとしても、この鑑賞法の感動を超えるような鑑賞法は出てこないのではないだろうか?

 私のリバーサルフィルム鑑賞法を支えてくれるのは、フジカラー カラーイルミネーター LiteとCarl Zeiss Triotar T* Lupe 5xとCarl Zeiss Triotar 6×6 T* Lupe 3xである。

 ビューアーは最初は評判の良いカラーイルミネータープロ A4をと思ったのだが、光源やサイズがほとんど変わらないのに価格が一万円近く違うので、カラーイルミネーター Liteにした。
 日本印刷学会推薦規格に準拠で、光源はインバーター点灯、外形寸法は284×434×28mm、照明面寸法は240×310mm(35mmスリーブ6コマ7段可能)と十分な大きさ。重量は1.2kg。
 光源が黄色がかっているビューアーもあるが、このビューアーは非常にすっきりとした白でとても綺麗に見える。非常に良いビューアーだと思う。

 デジタルはフィルムを超える可能性がある。そのうち、ポジフィルム、ネガフィルムはおろか、人間の眼を超えるようなラチチュードを記録できる撮像素子が現れる可能性もある。(それが写真としてよいかどうかはまた別の問題であるが・・・。)

 デジタルはプリントするか、なんらかのモニターで見る以外の鑑賞法は基本的にない。勿論、画像データからポジフィルムを作ることはできないことはないが、現実的な鑑賞法とはならないだろう。

 ネガフィルムは、プリントが前提なので、鑑賞の方法としてはデジタルカメラと重なる。現在でも、細かい画質を云々する人以外は、300万画素のデジカメで十分である。こうなるとネガフィルムの需要は急激に減少するであろう。実際に、ネガフィルムの販売状況はそのようになっている。
 ところが、リバーサルフィルムの方はデジタルカメラ全盛の中でも、販売は堅調であると言う。

 リバーサルフィルムを鑑賞する楽しみを知っている人は、便利だからと言って、すべてをデジタルに切り替えることは難しい。

 ついでに、リバーサルフィルムの鑑賞する楽しみを知っている人は、大きなフォーマットに移動したくなる衝動を抑えることができなるなる。そして、出費はかさんでいく…。しかし、新型のD-SLRが出る度に買い替えるよりはずっと安価に、そして、もっと写真を楽しめるのではないでしょうか?

 デジタルだけ使っている方。フィルムもいいですよ。

20060202_012352-KICX1052_t.jpg


スポンサーサイト



 リバーサルフィルムの鑑賞には、ビューアーとルーペが必要だ。
 私は135判と6×6判を使用しているので、ルーペもそれぞれに対応したものを用意している。

 Carl Zeiss Triotar T* Lupe 5xとCarl Zeiss Triotar 6×6 T* Lupe 3x(うちのベーダー君)がそれである。

 Carl Zeissのルーペは高いことで有名だったが、京セラがCANTAX事業からの撤退を表明したため、安く売っていたので買ってしまった。

 6×6はそのまま鑑賞しても、十分鑑賞できる大きさであるが、非常に安かったので、6×6のルーペは2つ買って予備に1本とってある。135判のルーペも予備を買おうと思ったのだが、在庫切れの表示が出て買えなかった。(後日、HPを見たらまだ残っていたが・・・。)

 見え方は勿論、デザイン、質感も非常によく、文句なしのルーペである。良いものを買うと長時間、ルーペを覗いていても疲れない。

 もう、恐らく手に入らない名品である。

20060202_012426-KICX1054_t.jpg

20060202_012823-KICX1063_t.jpg
【Carl Zeiss Triotar 6×6 T* Lupe 3x】
20060202_012854-KICX1065_t.jpg
【Carl Zeiss Triotar T* Lupe 5x】
私のリバーサルフィルムの鑑賞を支えてくれるのは、フジカラー カラーイルミネーター LiteとCarl Zeiss Triotar T* Lupe 5xとCarl Zeiss Triotar 6×6 T* Lupe 3xであると先日、書いたが、実はこのセットは日本に置いてある。

 一年の3分の2は海外にいるので、その間の鑑賞を支えているのは、ハクバ ライトビュワー5700とSchneider 4x Lupeである。6×6用のルーペも欲しいのだが、Carl Zeiss Triotar 6×6 T* Lupe 3xが一本、予備に取ってあるので、それを持ってきて使おうか思案中。

 ハクバ ライトビュワー5700は、外形寸法:154X245X18mm、照面寸法130X180mm、重量:約500gとカラーイルミネーター Liteの約半分の大きさである。単3アルカリ乾電池4本で使用可能。また別売りだが、専用ACアダプターで使用することも可能である。
 小型かつ、ACアダプター不要なので、携帯性がよく、外に持ち出して人に見せることも可能である。(持ち出して見せたことは一度もないが・・・。)
 光源はインバーターランプを使用し、カラーイルミネーター Liteと同様に、非常にすっきりとした白で綺麗に見える。

 非常にコストパフォーマンスが高い一品。

20060214_024822-KICX1138_t.jpg


 シュナイダーのルーペは非常に評判が高い。ルーペといえばシュナイダーと言った感じで、ネットでの評判もツァイスのルーペよりもよいように感じる。
 問題は非常に高価なことである。 

 しかし、なぜか韓国はシュナイダーのルーペは日本の価格よりかなり安い。135判はフォーマットが小さいため、ルーペがなくてはリバーサルフィルムを鑑賞することは不可能なので、とりあえず135判だけでもと思い購入。
 
 ツァイスは5倍、シュナイダーは4倍で倍率は違うが、細かいピンとチェックではなく、全体を鑑賞には4倍程度のルーペの方が適しているように感じる。
 ツァイスの5倍は見えすぎるように感じる。フィルムの粒子のアラまで見えてしまう。人の肌に黒っぽいブツブツが見えるので何だろうと思ったら、フィルム(ISO200、おそらくアグファのOEM)の粒子であった…。
  
 シュナイダーのルーペの方が、アイポイントが広いと言う人がいるのだが、ツァイスは日本、シュナイダーは韓国に置いてあり、一緒に使ったがことがないので、よくわからない・・・。

 シュナイダーの現行のルーペのデザインはちょっと宇宙船っぽいデザインで、ちょっとやりすぎではと思う・・・。質感も外装がプラスチックなので、ツァイスのルーペと比べるとかなり安っぽく感じる。
 しかし、素晴らしいルーペであることは間違えない。変なゆがみなどは全くなく、非常にクリアに見え、長時間使っても全く疲れません。
 国内の有名メーカーの同じようなスペックの商品の価格にプラス3千円くらいで、買えたので大満足。

 とりあえず、言えることは、ツァイスも、シュナイダーも非常に優秀なルーペであること、そして、所有する歓びを与えてくれる一品であること、そして、両方とも通常では考えられないほど安く買ったと言うことである。(笑)
 
20060214_233020-P2143819_t.jpg

 カメラバッグは、色々と増えてしまうものの一つだとよく言われている。
 私も知らないうちに増えていってしまった。

 とりあえず、写真を撮りに行くという時のメインはf.64 SCMかf.64 SCXである。
 
 f.64はアンセル・アダムスら著名な作家が名を連ねる、芸術写真家集団「f.64グループ」から生まれたカメラバッグだそうだ。シンプルであきがこないデザインで非常に良い。

 当初、使用者の評判が非常に高いDOMKEも考えた。DOMKEは私も愛読していたフィラデルフィア・インクワイヤーの記者が作ったメーカーということで親近感もあり、かなり有力な候補であった。しかし、フックに指を挟んで店内で大声で叫びそうになったことがトラウマとなり、却下・・・。しかし、何であんなに開けにくいフックにしてあるんだろうか??

 f.64 SCシリーズのよいところは、カメラやレンズの出し入れが非常に簡単であるということである。通常のカメラバッグは、チャックやファスナーが外側についていて、蓋を開けるとその蓋は人の体の方に倒れてくる。しかし、このf.64 SCシリーズは、チャックやファスナーが内側についていて、蓋を開けるとその蓋は外側に倒れていく。これによって、カメラやレンズを取り出すときに蓋が邪魔にならない。あまりかばんを肩にかけて立ったままレンズを交換することはないが、レンズをカメラに装着したままバッグに出し入れするときには非常にスムーズである。
  
 最初に中型のf.64 SCM [寸法(内寸):310×170×220mm、重量:1,000g]を買った。このカバンで想定していた装備は、CONTAX ST、RTSlll、ROLLEIFLEXのうち2台、レンズ3本、ストロボ1台、デジタルカメラ(C-3040Z)というものであった。これだけのものはこのカバンで何とか持ち運び可能であった。

 しかし、E-1、ZD14-54、ZD50-200を導入すると、どうしてもあとレンズ一本もって行きたくなり、f.64 SCMでは運ぶことができない。

 このため大型のf.64 SCX[寸法(内寸):390×170×240mm、重量:1,700g]を導入した。
 f.64 SCXは、横にずいぶん長くなったためか、底の強度が不足しているようで、そのまま使うと、かなりしなる。このため、底には使わないパットを敷いてある。ポケットも大きく二重になっているため小道具(フード、マウントアダプターなど)もかなり余裕を持って入れられる。旅行先ではパンフレットや、ガイドブックなどの収納などにもかなり余裕がある。
 これにより、CONTAX一台、CONTAX用レンズ3本(小型レンズも含めれば4本)、E-1、ZD14-54、ZD50-200にストロボ2台は、確実に持ち運べるようになった。ただし、重い・・・。ROLLEIFLEXを持ち出すときは、CONTAXかE-1はどちらかは、お休みとなる。
 
 E-SYSTEMは素晴らしい。持ち歩きたくなるシステムである。露出を外さないように、またその精度と操作のスピードで、さらにそのデジタル画像のクオリティの高さで、E-1を持ち出してしまうのだが、そのおかげで、CONTAXとROLLEIFLEXを一緒に持ち出す機会が激減してしまった・・・。勿論、デジタルの画像がフィルムの写真のクオリティに勝っているとは全く思わないし、E-1が素晴らしいと言えども、カメラの操作感などはCONTAXとROLLEIFLEXの方が使っていて遥かに楽しい。しかし、便利なものは一度慣れてしまうと、どうも・・・。つい、D-SLRを持ち出して露出計として使ってしまう・・・。

 私の写真の趣味は、完全マニュアルの2眼レフ(ROLLEIFLEX)から始まり、MF(AE)カメラ(CONTAX Y/C)、AFカメラ(CONTAX N)、D-SLR(E-1)とカメラの発展の歴史をなぞるように使ってきたので、マニュアル露出、マニュアル・フォーカスは別に苦でも何でもないのだが、最近は堕落して、「やっぱり、露出確認はできた方がいいよね。」ってことで、デジタルカメラを併用してしまう。
 
 へたれだな・・・。
 
 せめて、荷物を減らすために、露出確認用デジタルカメラはC-3040Zに戻すか・・・。
 実際、私の使い方だとC-3040Zで十分なんですよね・・・。(ただ、ちょっと動作が遅いけど・・・。)

 少し、反省しよう・・・。

20060214_014843-KICX1097_t.jpg

 気軽な撮影用、お散歩用のカメラバッグとして、Billingham Hadley Large[外寸:W380 X D120 X H300mm、内寸:W360 x D70 x H255mm]を買った。
 トラデショナルなデザインのバッグで、作りも非常に良い。
 ビリンガムのハドレーは写真を趣味にしている人にはカメラバッグの定番として有名であるが、それ以外の人には、カメラバッグとは思われないデザインが素晴らしい。
 これまでは、気軽な撮影用、お散歩用のカメラバッグとしては、同じような大きさのキャンバス地のカジュアルなバッグにインナーパットを入れて使っていたのだが、あまりにもカジュアルなので、ジーンズ以外にはちょっと似合わないことと、ちょっと洒落た場所に持っていくと、いい歳の大人の持ち物としては、かなり貧乏臭くT.P.Oに合わない。
 そこで、カジュアルにもセミフォーマルにも対応できる小洒落たバッグを買おうということで、ビリンガムのハドレーの購入となった。

 最初は、取っ手があるので、Hadley Pro[外寸:W350 x D120 x H250mm、内寸:W320 x D70 x H225mm]を買おうと思ったのだが、実物を見てみると、非常に小さく感じ、CONTAX一台+レンズ1本とE-1+ZD14-54を入れると他に何も入らなくなる。
 ハドレー・ラージは、オリジナルやプロと比べると横に30mm、縦に50mmと大きくなっているのだが、幅が120mmとオリジナルやプロと同じであり、中に入れられる機材の数はあまり変わらない。(縦に重ねて入れればもっと入るが・・・。)しかし、大きいレンズを入れても余裕があることと、A4版の本やパンフレットのようなものを折らずに無理なくそのまま入れられるなど、何かとメリットが多い。結局、自分の持ち出す機材を実際に持っていって、試させてもらった結果、ハドレー・ラージを選択した。

 公式ホームページには、ハドレー・ラージが重量1Kg、プロが1.07Kgと書いてあるが、これは間違えのような気がする。ちなみに、プロと同じ大きさの取っ手なしのモデル、オリジナルは0.85kgと記載されている。あるショップのホームページには、ラージの重量は1.45kgと記載されている。残念ながら、今、グラム単位の計量ができる量りがないので、計量できないが、プロより、ラージが軽いということはないと思う。
 
 ビリンガムのハドレーは、本来、レンジファインダーにレンズ数本という使い方や、小さな一眼レフにレンズ数本という使い方が正しいような気がする。あまり、ハドレーにCONTAX RTSlllのような大きな一眼レフ+大口径レンズを持ち出す人はいないだろう。しかし、ちょっとでも大きな機材を持ち歩くつもりの人は、ハドレーラージを検討してみると良いと思う。
 残念な点は、プロのように取っ手がないこと。ハドレー・ラージ・プロって作ってくれませんかね???あと別売りの肩パット、これが結構、お高い・・・。
 しかし、モノとしての出来は非常に良く、所有の喜びを感じることができる。

 問題は、日本では、あまりハドレー・ラージを置いてある店はないようで、探すのに苦労するかも・・・。
 
20060214_014050-KICX1085_t.jpg
そう言えば、箱に入っていて、立派なカバーなどに包まれていたバッグなど買ったのは初めてだ・・・。
 
20060214_233857-P2143844_t.jpg

 用事があって、外に出たのだが、大きな間違いであった。
 黄砂がすごい・・・。
 視界が・・・。
 
 写真は明洞からソウル(南山)タワーを写した写真。
  
20060408_001040-KICX1213.jpg
【CONTAX TVS DIGITAL】

 帰り際に、ブックオフがソウルにできたというので行ってみた。
 場所はソウル駅11番出口を出てすぐ。本当に、日本にある小型店がそのまま移ってきた感じである。書籍はすべて日本のもので、日本のものしか置いていない。韓国で古本のチェーン店を始めるのかと思ったのだが、そうではなく、日本の中古本を売る店にするようである。値段は2000ウォンから。CD、DVDは日本のものはまだ置いていない。洋楽と韓国のものがおいてある。 

20060408_041551-KICX1225.jpg
【CONTAX TVS DIGITAL】
 
 韓国は古本屋が少ない。有名大学の周りにも古本屋はほとんどない。あっても、それほど本がおいていない。韓国で韓国の本も含めた古本チェーンをやってくれるとありがたいのだが・・・。
 店内では、日本語での「いらっしゃいませ~」の声掛けあり、韓国語での「オソオセヨ~(いらっしゃいませ)」ありと何だか不思議な空間が広がっていました。
 結構、お客さんも入っていて、ほとんどは韓国人でした。
 カゴにいっぱい買っていく人も結構いて、なかなか好調の感じがしました。
 ブックオフ様。是非、韓国語の古本の取扱いも始めてください。
  
 某大学の構内に咲いていた桜。
 まだ植えたばかりで、枝振りの良い木がないのだが、撮り様はあるもの。E-1に近代のマウントアダプターをつけて、Carl Zeiss Makro-Planar T* 100mm f2.8 AEJでアップで撮影。
 マクロプラナーは、ファインダーを覗いただけで、このレンズは凄いとわかるレンズである。ZUIKO DIGITALのズームレンズも素晴らしいのだが、マクロプラナーを着けてファインダーを覗くと非常にクリアに見える。恐らく、ZD ED 50mm F2.0 Macroもいいのだろうな・・・。

 マウントアダプターを使うと絞込み測光になるが、f5.6位までなら絞り込んだ状態で、ピントを合わせても苦労はしない。f8でも、E-1のスクリーンの枠がの色が反転しチラチラして邪魔にはなるが、合わせられないほど暗くはならない。
 E-1のファインダー、良く出来ています。
 
 ちょっと風が強かったが、デジタルなので構わず撮影。
 数打てば当たる?
 

20060414_142704-_4142475_1_t.jpg
【OLYMPUS E-1+Carl Zeiss Makro-Planar T* 100mm f2.8 AEJ】

20060414_142849-_4142480_1_t.jpg
【OLYMPUS E-1+Carl Zeiss Makro-Planar T* 100mm f2.8 AEJ】

20060414_143252-_4142490_t.jpg
【OLYMPUS E-1+Carl Zeiss Makro-Planar T* 100mm f2.8 AEJ】

20060414_143731-_4142506_t.jpg
【OLYMPUS E-1+Carl Zeiss Makro-Planar T* 100mm/F2.8】

20060414_151002-_4142618.jpg
【OLYMPUS E-1+Carl Zeiss Makro-Planar T* 100mm/F2.8】
 三脚はGITZO Explorer G2220、雲台はGITZO Low Profile Head 2 Magnesium G1270Mを使っている。

 ソウルも桜の季節になったので、持ち出して花の写真でも撮ろうと三脚を持ち出した。三脚移動時には、ケースは置き場所に困るので、ストラップで持ち運んでいる。
 悲劇は突然、訪れた・・・。

 雲台のパンハンドルが一本なくなっているではないか・・・。
 
 どこでなくなったのか見当もつかず、捜索断念・・・。
 持ち出したが、結局、使わなかったのに・・・。 

 以前にVelbon Easy Black 350Bを使っていて、そのパンハンドルがやはりどこかで緩んでなくなって、自由雲台のManfrotto Ball Head 486 RC2に買い替えた。この時も、今日撮影しに行ったところと同じ場所に撮影しに行ってなくした。しかも、この時も、持ち出したけど、一度も使わなかった。
 
 悲劇は繰り返す・・・。

 ついでに、G2220の脚の付け根についているプラスチックのカバーの上についているゴムのカバー部品もどこかで落ちてしまっていた・・・。

 受難のジッツオ・・・。

 花のマクロ撮影のために買ったので、ようやく出番の季節が来た。これからが、本領発揮だと思っていた矢先に使用不能に・・・。
 パンハンドル、いったいいくらするのだろうか・・・。
 おそらく2-3千円くらはするのだろう・・・。
 とりあえず、韓国のジッツオの正規代理店にメールを送っておいた。
 
 20051002_162525-PA023777.jpg
[在りし日のGITZO君]
 GITZOの悲劇を乗越え、今日もまた撮影に行ってきた。
 
 今日は昌徳宮(秘苑)、安国洞韓屋地域を回ってきた。
 
 昌徳宮(秘苑)は毎年、この時期になると写真を撮りに行くのだが、どうもタイミングが悪く、いつも桜の満開の時期に合わない。今回も3日ほど遅かったようだ・・・。

 安国洞韓屋地域には、高麗大学に似た建物があった。その建物は「冬のソナタ」のロケで使われたソウル中央高校であった。何でも設計者が同じ人ということである。韓国の大学は結構行ったが、やはり、高麗大学が一番美しいキャンパスだと思う。
 今日は日曜日で学校が休みなので構内まで入れたので、構内の撮影してきた。日本や中国からの観光客も何人か見受けられた。「冬のソナタ」の撮影地であるというのは、どうでもいいことなのであるが、建物は非常に重厚な建築ですばらしい。こんな学校で高校生活ができるとは羨ましい限りである。 

 私は韓国映画、ドラマ、音楽を日本人の誰も韓国に関心を持っていない頃から見たり、聞いたりしていて、韓国のサブカルチャーはかなりレベルが高いものがあり、それらは必ず日本でもヒットすると言って、友達に笑われていたが、正直、これほどのブームになるとは思っていなかった。
 そんなわけで、韓国映画、韓国ドラマはかなり見ているのだが、実は「冬のソナタ」はきちんと見ていない。なぜなら、ヨン様もチェ・ジウも演技が臭くて見てられなかったからである。
 アジアであんなにヒットしたのは、「冬のソナタ」の脚本が良かったことは勿論であるが、吹替えが良かったからかもしれない。少なくともヨン様も、チェ・ジウも役で得をしたことは間違いない。
 実は韓国では、ヨンさまも、チェ・ジウもそれほど人気はない。冬ソナブームの時に、韓国人から、「何で日本であんなに人気があるんだ?」とよく聞かれた。韓国では映画俳優と認められて、初めて一流と認められると言った感じであるが、ヨン様も、チェ・ジウも残念ながら、映画俳優とは認知されていない。「冬のソナタ」で海外で人気になった韓流タレントといった感じである。
 実際、ヨン様もチェ・ジウも、未だに「冬のソナタ」のキャラクターから完全に抜け切っていない。他の映画にでても、映画の役になじまず、「冬のソナタ」のヨン様とチェ・ジウが出演してに過ぎない。
 はまり役からの抜け出すことは非常に難しい。
 ただ、チェ・ジウは難しそうだが、ヨン様は役の幅を広げていけば映画俳優として認められる可能性はあると思う。彼のようなスマートでソフトなキャラクターは韓国人にはあまりいないため貴重だからだ。ただ、そのキャラクター故、同じような役しか回ってこない可能性もあるが・・・。

 最近では、韓流ブームもかなり下火になってきているようであるが、まだ日本に紹介されていない本物の映画やドラマ、そして本物の音楽が、日本に紹介される前にブームが萎んでしまうのは本当に残念である。ブームが終わっても、韓国のサブカルチャーは、これだけ認知されたので、ある程度のコアなファン層は残るだろう。また、伝統文化なども含め、いいものはきちんと紹介していけるようなシステム作り、日韓両国の戦略的な支援が必要であろう。
 
 で、何の話でしたっけ??
  
 今日は完全にCONTAX RTSⅢメインで、E-1は露出計代わりだったので、E-1でのカット数は少なかった。
 早く現像しよう。

20060416_141545-_4162774_1.jpg
【OLYMPUS E-1 ZUIKO DIGITAL 14-54mm/F2.8-3.5】

20060416_152112-_4162803_1.jpg
【OLYMPUS E-1 + ZUIKO DIGITAL 14-54mm/F2.8-3.5】

20060416_161253-_4162855.jpg
【OLYMPUS E-1 + ZUIKO DIGITAL 14-54mm/F2.8-3.5】


 GITZO Low Profile Head 2 G1270Mのパンハンドルを韓国の総代理店となっている店にとりに行った。約2300円也・・・。
 いや、ただのゴム付きの棒なんですけどね・・・。

20060425_005947-P4253922.jpg

 脚の付け根についているプラスチックのカバーの上についているゴムのカバー部品は、ゴムだけではなく、プラスチックのカバーごと交換で約3000円・・・。部品販売でなく、三脚を修理に出して交換するとのこと。
 そのうち、日曜大工屋で、適当なゴムのパーツを探してつけることにしよう・・・。

 今日も黄砂がやって来て、少々、霞んでいるソウル南山タワー。

20060424_013315-KICX1268.jpg
【CONTAX TVS DIGITAL】
 デジタル一眼レフは、それだけ見れば、既に十分な画像を提供してくれる。しかし、フィルムを使って、同じ場所で同じ設定で、同じように撮るとこのように差が出てくる。
 ちなみにフィルムは、彩度を抑えた忠実な色表現用のフィルムで、医療・学術用途に適したフィルムと言われるフジのセンシア。
 
 どちらが良いかは感性の問題だが、私の感性はフィルムを捨てることを拒否する。

20060416_141545-_4162774_1.jpg
【OLYMPUS E-1 + ZUIKO DIGITAL 14-54mm/F2.8-3.5】

File0206.jpg
【CONTAX RTSlll + Carl Zeiss Makro-Planar T* 100mm/F2.8】

20060416_152112-_4162803_1.jpg
【OLYMPUS E-1 + ZUIKO DIGITAL 14-54mm/F2.8-3.5】

File0371.jpg
【CONTAX RTSlll + Carl Zeiss Distagon T* 21mm/F2.8】
 日本から友達が遊びに来たので、鐘路で食事をした。ネオンがまぶしい・・・。
 美的感覚が狂う・・・。
 正直言って、品がない・・・。

20060430_202042-_4303033.jpg
【OLYMPUS E-1 + ZUIKO DIGITAL 14-54mm/F2.8-3.5】

20060430_202000-_4303031.jpg
【OLYMPUS E-1 + ZUIKO DIGITAL 14-54mm/F2.8-3.5】