日本だと少し探せば、カメラも展示品があり、すぐに手とって見られるが、外国にいるとそうはいかない。それでもソウルには大抵、直営ショップがあるので、そこに行けば、手にとって見られる。
 気になっていたE-330を見に行ってきた。
 
 ライブビュー機能搭載のD-SLRは、素晴らしかった。
 これは、本当にいい。
 唯一残念なのは、露出補正やカラーバランスがライブビューに反映されないことくらいである。
 E-1クラスのカメラには必要のない機能かもしれないが、あれば、絶対に使いたい機能である。
 やはり、一眼レフなので、手持ち撮影で、ライブビューだけを使って撮影したら手ブレが起きるだろう。基本はファインダーを覗いて、手と顔でしっかりカメラを固定することが基本となるだろう。特に大きなレンズを使うときには、手持ちでライブビューを使って撮影することはほとんど不可能であろう。
 しかし、ローアングル、ハイアングル、そして、三脚に固定した撮影時のフレーミングの確認、マクロ撮影などには、大きなメリットになることは間違いない。
 フルフレームCCDから撮像素子がLiveMOSに変更になってしまうが、フルフレームならではの豊かな階調が損なわれるようならば、LiveMOSを搭載しない方が良いが、E-330の画像をPC上でみると、E-1との階調にそれほど大きな差は見られない気がする。(プリントを並べて見たら、差が出るかもしれないが・・・。)
 画像エンジンが良くなたのか、ノイズも少なく、オリンパス独特のオリンパスブルーも健在。これなら、E-1の後継機にも、LiveMOSを載せても良いのではないだろうかと思う。

 それとE-500の時も思ったのだが、とにかく液晶が綺麗である。大きさも大きさだが、その色調と視野角の広さは素晴らしい。
 当然、E-1の後継機にも同様の液晶を載せてくるだろうが、楽しみである。

 E-330はメイン機としてもサブ機としても、非常に魅力のあるD-SLRであることは間違えない。
 
 それと、ZUIKO DIGITAL ED35-100mm F2.0、ZUIKO DIGITAL ED90-250mm F2.8も展示してあったので、自分のE-1に装着して試写させてもらった。

 このレンズ凄いですね・・・。
 絶対、買わない(買えない)と思いますけど・・・。
 意外にZD ED35-100mm F2.0が大きく感じなかったです。これなら、普通に使えそうな気がします。って、比べた対象がZD ED90-250mm F2.8だったからというだけかもしれませんが・・・。
 
 しかし、価格を考えるとZD ED50-200mm F2.8-3.5のコストパフォーマンスの良さがわかる。

 オリンパス・コリアの直営店のショー・ルームだったので、珍しいものがありました。
 E-1用のストラップ。
 付属のものよりやわらかく、デザインもかっこよかったので、買ってしまいました。


20060311_233942-KICX1191.jpg

スポンサーサイト