オリンパスが、次々と新製品を発表している。

「μ720SW」
耐衝撃・防水機能を備えたコンパクトカメラ。
これは売れそうである。
コンパクト、薄型で、デザインもまあまあスタイリッシュ。
レンズが38~114mm(35mm判換算)と広角側を35mmにできなかったのが少し残念だが、水深3mでの使用に耐えるJIS保護等級8相当の防水性能、同等級6相当の防塵性能を備えているそうである。

このカメラは、結構、売れそう。


「μ810」
生活防水機能を備えた「μ DIGITAL」シリーズのフラッグシップモデルにあたるこの機種。
35~105mm(35mm判換算)の光学3倍ズームを搭載している。35mmは頑張った感じがある。

そして、何と言っても売りは、「撮影済み画像の手ブレをカメラ内で補正」できる手ブレ補正内蔵・・・。

オイ・・・。
光学の手ブレ補正や、CCDの手ブレ補正じゃないのか・・・。
単に撮った写真を、カメラの中でレタッチしているだけじゃないか・・・。

いいのか?それで?

コンパクトはこれでもいいけど、フォーサーズの機種にこの手ブレ補正は搭載しないでください。
この手ブレ補正のエンジンをOLYMPUS Studioに搭載するならいいけど・・・。

とりあえず、赤字を出しすぎてカメラ部門、撤退というのは辞めていただきたいので、新製品が売れることを祈っています。
スポンサーサイト