ようやく、M-1+G.ZUIKO50/1.4とZUIKO35/2で撮った写真をスキャンした・・・。

レンズの状態もカビにやられた割には、いいようで、特に問題はないようである。
ただ、ノンコーティングなので、天気の良い日や強い光源が入る場合にはZeissのようには扱えない。

でも、ノンコーティングもその柔らかな描写には味があり、良い感じである。
ROLLEIFLEX 3.5Fもノンコーティングなので、そのような感じで撮れば、別に困ることはない。
クラッシクカメラなのだから。

ただ、改めてZiessレンズの優秀さを思い知った。
 考えてみると、35mmフィルムではZeissレンズしか使ったことがなかったので、それが当たり前だと思っていて気がつかなかったのだが、比べて見ると確かに違う・・・。ポジを比べて見ると、Zeissで撮ったのは、確かに立体感が際立っていて、浮き上がって見えるのである。

まあ、カビにやれて復活させたレンズと比べるのはフェアではないかもしれないけど・・・。

OLYMPUS M-1+G.ZUIKO50/1.4、ZUIKO35/2。
このカメラとレンズも撮る楽しみを十分に味あわせてくれるすばらしい機材である。

またどれを持ち出すか、悩みが増えてしまう。

c0049597_2338922.jpg
【OLYMPUS M-1 + ZUIKO 35mm/F2】
スポンサーサイト