ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm/F2.8-3.5。
なぜか、手元にある。
買う予定はなかったのに・・・。
G1用の資金はZUIKO DIGITAL ED 50-200mm/F2.8-3.5になってしまった。(G1+B21がD21に変わったのではかなったのか???>>俺)

オリンパスとフォーサーズの先行きが不透明なのは十分に理解している。そのため標準ズーム以外は、レンズは増やさない予定であった。
特に画角が135判の2倍換算となるフォーサーズのシステムにおいて、
望遠系のレンズはY/Cマウントのレンズにアダプターで十分なはずであった。

ところが、先日、仕事である島に行ったときにE-1+ZD14-54だけを持っていったのだが、これでは望遠側が足りなかった。勿論、ZEISSレンズを持っていけば良かったのだが、海辺に持っていくにはちょっと勇気がいる。
また、手軽に、気軽に撮れるという感じでもない。

フォーサーズ用の望遠ズームも欲しいなとなんとなく感じた。

その後、水がバックの中まで染み込むほどの大雨に見舞われた。
バックの中には、E-1+ZD14-54が入っていた。
勿論、何の問題もなかった。
このような状況では恐ろしくてCONTAXでは、撮影をしようとは全く思わない。
雨が降りそうな日にはCONTAXを持ち出そうとは思わないであろう。
やはり、防塵防滴仕様のボディとレンズはすばらしいアドバンテージになる。

問題は、ZD50-200/2.8-3.5のスペックである。
明るさは2.8-3.5と申し分ない。
ボケは少ないが、被写界深度とシャッタースピードは稼げるので、これはフォーサーズシステムの弱点ではなく、アドバンテージであると考えている。
問題は135判換算で考えると100-400mmと言うとてつもない画角である。
レンズのラインナップから考えれば、このスペックは非常に理にかなったものであるが、前にも書いたのだが、135判で70-200mm程度のレンズが使い易いのだが・・・。
来年に出ると言うF2.0通しの大口径ズーム Zuiko Digital ED 35-100mm/F2.0はまさに理想の画角なのだが、お値段が理想的な価格ではないことは明白。
ZD50-200ですら、リーズナブルだとは思うが、理想的な価格ではないのだから・・・。

大きさも重さも私は全く気にならない。バランスも良く取り回しも良い。
100-400mm相当のレンズがこの大きさ、重さ、価格と言うのだから、フォーサーズの理念を最も具現化したレンズと言えるのではないだろうか?

ないものねだりをしても仕方がない。
重さも大きさも大したことはない。
400mmなど使わないなら、使わなければいいではないか。
ZD35-100が出てもZD50-200より遥かに軽いということはないだろう・・・。
そしてZD50-200より安いことは決してない。
パナソニックが手ぶれ補正レンズを出したとしても、防塵防滴仕様ではないかもしれない。
いつ出るか分からないし・・・。

過酷の状況下で使え、さらにほとんどのシーンに対応できる画角のレンズを2本でカバーできるのだから、それで十分価値があるではないか。
AFだし。


そして・・・。
Fカメラ 89,000円・・・。

c0049597_1811546.jpg

スポンサーサイト