最近、大判カメラが気になる。
非常に楽しそうな世界がそこにある。

何で、突然、大判カメラなのかと言うと京セラのCONTAX撤退により、Y/Cマウントのディスタゴン21mm/f2.8が手に入らなくなり、中古市場でも高騰しているため、これならCONTAX645を購入して、ディスタゴン35mm/f3.5を買ったほうが、良いのでは?
などと思い中判カメラを調べ出したのがはじまりである。(勿論、ボディはないので、さらにお金を出さなくてはならないのだが・・・。)

調べると、中判カメラは、ペンタックス、ハッセル、コンタックスあたりは非常に魅力的ではあるが、ローライフレックスほどにはスナップ撮影には適していないようである。
今、考えても、偶然ではあったが、最初に選択したカメラがローライフレックスであったのは、本当に良かった。
正に運命的な出会いであった。

645では、6×6のローライよりフィルムサイズが小さく、なおかつ重い。
私の使い方で、アドバンテージがあるのは、数枚多く撮れることとレンズを替えられるくらいである。
その点、ハッセルは同じフォーマットなのでいいのだが、シャッターチャージするまでブラックアウトしたままということで、スナップにはローライの方がやはり適しているように思える。
まあ、すぐにシャッターチャージすればいいのだけで、ローライのハンドル操作と思えば別にたいした問題ではない。
何より問題なのは、80mm以外のレンズは高すぎて、とても手が出ないことである・・・。

やはり、機動力重視では、135判で揃えるのがよい。

ただ、画質重視。特に大きなポジの原版を作りたいという欲求を満たすには、中判以上のカメラが必要である。
勿論、三脚に載せて撮るような撮影を想定してである。
色々調べると、大判でフィールドカメラと呼ばれるものは、1.5kg程度の重さしかないということと、レンズは中判などより、はるかに軽量。
フォーマットも4×5だけでなく、カートリッジを付け替えると中判のさまざなフォーマットに対応できる。
ついでに、レンズも色々なメーカーが出していて、中判のレンズや135判のレンズより安いものが多い。
レンズの性能はともかく、出来上がる写真の質は、フォーマットがフォーマットだけに跳びぬけている。
アオリ撮影など多彩な撮影が楽しめるだけでなく、フォーマットを替えることで、同じレンズが、色々な画角のレンズに早替わり。
楽しそうである。

ホースマンのウッドマン45とシュナイダーのアポジンマー MC 150m/mF5.6がとても気になる今日この頃・・・。
海外生活で、車もないので、買わないで済みそうであるが・・・。
一年に何度、使うかわからないものに今は投資はできない。
その前に135判の28mmより広角のレンズを揃えるのが先である。

広角は、N1+VS17-35ということも考えたのが、重さはともかく、大きさが大きさなので、これを持ち出すと、RTSⅢ、もしくはSTというメイン機材ともっとも使いたいレンズ群を同時に持ち出せなくなる。
持ち出し機材の限界はデジタル一眼レフ+フィルム一眼レフと交換レンズ3-4数本程度である。
Y/C用のレンズはE-1でも使用可能で、2倍のテレコンバーター付のようなものなので、この持ち出し機材のY/CとE-1のセットは外せない。
そのためNシステム導入は却下。
そもそも、E-1導入はY/Cレンズをデジタルでも使うために導入したのだから・・・。

やはり、素直にY/CのD21にするか、広角+サブ用としてG1+B21とP45あたりを導入しようかと思っている。
Gシリーズなら、バッグにも余裕で入るし、画質は、Y/Cのレンズを凌ぐ性能と言われているし。
ちょっとした旅行などにもこれがあるといいかもしれない。

悩んでいる時が一番、楽しい・・・。
問題は資金だ・・・。
スポンサーサイト