2005.04.12  さよなら。 京セラ CONTAX。

***************************
CONTAX事業終了に伴う生産完了のお知らせ

お客様各位

2005年4月12日

京セラ株式会社
光学機器統括事業部

永年にわたり、CONTAXをご愛用くださいまして誠にありがとうございます。

この度、カールツァイスと京セラとの協力によっておこなってまいりましたCONTAX事業につきまして、京セラは、本年9月をもって国内における出荷を終了し、弊社における同事業を終了することとなりましたので、ご案内申し上げます。カールツァイスと京セラは、「CONTAXブランド」製品の開発・生産・販売に関して、永年に渡り協力関係を築いてきましたが、京セラは急激な市場の変化に対応できずその事業を終了することを決定しました。このCONTAX事業終了に伴い、下記の通りCONTAX製品を生産完了商品とさせていただきます。
なお、アフターサービスに関しましては、従来どおり機種ごとに定めております期限により最長10年間継続してまいります。今後とも皆様にご愛用いただいております機材を、安心してお使いいただけるよう、保守・修理体制を維持してまいる所存でございます。
また、コンタックスクラブ、およびコンタックスサロンにつきましては、当面運営を継続してまいります。今後とも変わらずご利用いただきますようお願い申し上げます。

c0049597_23442935.jpg
http://www.kyocera.co.jp/prdct/optical/news/discontinue050412.html
***************************

ついに、公式発表がなされた・・・。
覚悟はしていたが、残念である。

CONTAX。とにかくかっこいいカメラであった。
ボディもレンズも、他のメーカとは比べ物にならないほど、美しいデザインであった。

かのエンッオ・フェラーリは「美しい車は、速い。」と言ったそうであるが、CONTAXは「美しいカメラとレンズは、写りも美しい」と言った感じである。

CONTAXのブランドはきっとどこかでまた復活するだろう。
しかし、ヤシカ、そして京セラが作った歴代のCONTAXのような美しいデザインで復活するかは誰も保証できない。

ST、RTSⅢ、ボディの感触、フェザータッチのレリーズの感触、シャッター音、どれをとってもすばらしいものであった。

ZEISSレンズの写りのすばらしさは言うまでもない。

もう京セラCONTAXとして、新製品が出ないのは残念であるが、
これまで市場に出た多くの遺産によって、まだまだ楽しめるはずである。

ヤシカと京セラの光学機器部門のみなさん。今まで、すばらしいカメラとレンズを供給してくれてありがとう。
スポンサーサイト



OLYMPUS Studioがアップデートされバージョン1.3になった。
私が使い始めたのはバージョン1.2からなので、私にとっては初めてのバージョンアップである。
早速バージョンアップをしてみたところ、バージョン1.2からバージョン1.3へアップデートは非常に有益なものであった。

バージョン1.2はRAW現像するときに、「高速」と「高機能」現像を選択するのだが、「高機能」を選択しようとすると、「高機能」に切り替えるためにファイルを開く度に毎回、ボックスをクリックして、「高機能」を選択しなければならなかった。
まるで、「高機能」は、選択するなと言っている様で、不思議な仕様であった。
基本設定で、デフォルトを「高機能」に設定できないものかと色々と調べたが、そのような項目は存在しなかった。

また、「高速」、「高機能」現像ともにカメラ設定時の設定をそのまま維持する「高速(カメラ設定)」、「高機能(カメラ設定)」という新設定も追加された。
これは非常に便利である。
というか、「今まではそうではなかったのか?」とちょっと愕然とした・・・。
とりあえず、自分の撮った設定がRAW現像のウィンドウの中でも確認できるので、安心して作業ができる。

かなり、有益なアップデートなのではないだろうか。

しかし、OLYMPUS Studioは現像処理やその他レタッチ処理の処理速度が遅いような・・・。
Photshopやその他の画像関連ソフトはもっと、きびきび動くのに・・・。
ようやく暖かくなってきたので、カメラを持って外に出れるようになった。
当然、OLYMPUS E-1の稼働率もUP。

韓国のソウルでは、まだ桜は咲き始めで、まだ7割ほどはつぼみである。
今週末、あるいは来週末あたりが、桜の撮影には良い時期になるのではないだろうか。

その前に、OLYMPUS E-1とCONTAXのレンズの相性はどうだろうかと、近くの公園(山?)にテストを兼ねて繰り出した。
その感想と、これまで使った感想を少しまとめて見たいと思う。

【写り】
プリントしたわけではなく、モニター確認だけなので、何とも言えないが、ZD14-54は勿論、Y/C レンズとの相性は私的には問題ないと思う。
(ただし、数本試してみたY/Cレンズは、絞り込みすぎると色が濁る傾向があった。また色々な状況で検証してみたい。)
Y/Cレンズは若干の制限はあるものの、これだけ写れば十分で、満足のいくものであった。
あとはテストを繰り返していけば、もっとレンズの性格と相性の理解が深まるでしょう。
Y/CマウントはOMシステムのズイコーよりは、大きいマウントなので、OM-フォーサーズ・アダプターに同封されていたレンズの推奨絞り値よりは、同等のレンズでは余裕があるのではと楽観しています。(笑)
また、フォーサーズはAPSサイズより、小さなCCDなので、周辺部分の画質もいいのではないでしょうか?


【Y/C レンズ使用時】
基本は開放絞りで、ピントを合わせて、望みの絞りに変えてからレリーズすればいいのですが、F4までは、開放絞りでなく、絞り込んでからピントを合わせてもそれほど苦労しない。
F5.6くらいになるとちょと苦しくなるが、ここまでは実用的に使える。F5.6の絞りは、E-1では実質F8以上に絞りこんだことと同じなので、通常、これ以上絞って撮ることはあまりない。
広角、標準レンズなら、パンフォーカスかそれに近いカッチリと写る被写体深度になるし、望遠レンズで、それ以上絞って撮るようなものは、三脚を使って撮るだろうし。
そういうわけで、実用上は、絞り開放測光でなくても、ピント合わせは十分、対応できると思う。
ものぐさな人、リズムを重視する人はこの方法で撮ってもいいのではないでしょうか?

それ以上絞ると、流石に暗い。
暗いのはいいのだが、絞り込んでプレビューした時と同様にスクリーンに書かれている黒枠が反転して銀色(?)に輝いてしまうので、ファインダー自体が非常に見難くなる。

【ファインダーとスクリーン】
E-1のAFの性能はかなり速いし、良いと思うのだが、何せAFのフレームが3つしかなく、瞬時の焦点の選択、変更が非常にやり難い仕様になっている。
その為、積極的にフォーカス変更をして使用しようとはなかなか思えない。

おそらく多くのユーザーは、中央でおおよそピントを合わせて、その後、構図を決め、マニュアルで微調整。あるいは中央でフォーカスロックして、構図を決定という人が多いはずである。

その一方で、E-1は非常にすばらしいファインダーをもっているので、マニュアル操作を積極的に行いたいと感じる。
特に私の場合は、アダプターでMFのレンズを使うので、ファインダー性能、スクリーンの性能は非常に重要である。
そのため、ちょっと暗くなると変に光ってしまうスクリーンはちょっと困った問題である。(まあ、開放絞りで合わせればいいだけの話だが・・・。)

フォーカシングスクリーンの黒枠をなくした全面マットスクリーンを是非、作って欲しいものである。あるいは中央測距点のみ―または測距点の3点―を現在の黒枠の半分以下程度の微細な線で表示して、それ以外の黒枠線を排除したものを用意してもらいたい。

と、とりあえず、オリンパスさんには要望を出しておきました。(笑)


【ホワイトバランス】
OLYMPUS E-1のホワイトバランスはちょっと怖くてオートでは使えないというのが、正直なところ。
勿論、好みにもよるので、私の感性とは違うというだけなのかもしれないが、とりあえず、私の感性とE-1のホワイトバランスは合わないようである。

夜の街などを撮ると、思った以上に、補正してしまって、その場の雰囲気が消されてしまうのである。
また、晴天の時でも、変に補正がかかった色で撮れていることがある。
しかたがないので、デフォルトは太陽光(5300K)にしてある。オリンパスのC-3040Zでも、オートは信用ならなず、デフォルトは太陽光にしていた。
ホワイトバランスが弱いのはオリンパスの伝統??
やはり、単に私の感性とオリンパスの設定が合わないだけなのだろうか??

そんなことなので、夜など光源が複雑な時は、必ずRAWで撮ることにしている。


【レリーズ】
CONTAX RTSⅢとSTに慣れていると、レリーズに違和感があるのはしかたがないところか。
何でもRTSシリーズ(RTS、RTSⅡ、RTSⅢ)とSTは、シャッターレリーズの軽さが歴代カメラの1、2位なのだそうだ。RTSはフェザータッチと言われるくらい、軽く触れるだけで、シャッターが切れるようにできている。これに慣れているとE-1のレリーズの感覚は半押しした後、触れるとシャッターが切れるという感じではない。
どちらかというと、半押ししてAFを作動させた後、「ムギュ」と押し込む感じである。
CONTAXとE-1を一緒に使っていると、CONTAXの感覚でE-1でレリーズを切ろうとしてしまうので、レリーズが切れない・・・。
最初は「壊れたか?」、「スリープに入ってしまったか?」と思ったのが、実は、レリーズをきちんと押していないだけだった・・・。

慣れの問題だが、CONTAXって高級カメラなんだなと感じる。(中古で買っているから金額はそれほどではないのだが・・・。)


【モニター】
1.8インチと小さい、拡大も4倍までとちょっと小さい。
問題は、モニターのデフォルトである“0”にしておくと、液晶モニターで見るのには、問題はないのだが、この露出を信じて撮っていると、家に帰ってPCのモニターでみると全部、アンダー目に映っている。
勿論、PCモニターは調整してある。
色々と試した結果、“-7(一番暗め)”にすると背面液晶モニターとPCのモニターの色の差がなくなる。
背面モニターは変に明るすぎないだろうか?
何を基準にこの明るさのスケールを作ったのだろうか?


【総合】
質感やシャッター音などモノとしての質をCONTAXのRTSⅢなどと比べてはかわいそうなのだが、全体的な完成度はE-1、非常に高いです。
静かなシャッター音、ミラーショックの少ないボディ、ちょっと軽すぎるけど、バランスの良いボディとレンズ。
超実用機と言う感じで、非常にまじめに作っている感じがヒシヒシと伝わってきます。何かスコーーーーンと抜けているようなところもあるけど、他のカメラにはないすごい魅力的な機能があり、魅力的な画が撮れます。
満足。満足。
今日は、CONTAX RTSlll+D35/f1.4+P50/f1.4+S180/f2.8、
そしてE-1+ZD14-54/f.2.8-3.5を持ち出して、南山と昌徳宮を撮影しに行った。

E-1は便利だが、結局、CONTAXのための露出計替りになってしまった。
むーーーー。C-3040Zで十分だったかも・・・。

途中、大判カメラで撮影している人がいた。
かっこよすぎる・・・。

いいな~。大判カメラ・・・。

c0049597_21595326.jpg
【CONTAX RTSⅠⅠⅠ + Carl Zeiss Distagon T* 35mm/F1.4】
E-1を使って撮影をしていた。
撮影の途中でアイカップ(EP-2)がどこかで、外れてなくなっていることに気づいた。
慌てて、来た道を100m程戻ってみると道端に外れたアイカップを発見。事なきを得た。

実はその前日にはストロボ接点のプラスチックのカバー失くしている・・・。

片手にストラップを巻いて歩いていると、どうも、ストラップがアイカップやストロボ接点のあたりと擦れて外れてしまうようである。
以前もCONTAXのSTのアイカップをそれで失くした・・・。
この時も、運良く、外れたアイカップを発見した。

やはりカメラを出したまま歩く時は、基本的にストラップを首にかけておくのがよいようだ。