20100612_213947_6120723_t.jpg
【OLYMPUS E-3 + ZUIKO DIGITAL 14-54mm/F2.8-3.5】

20100612_213959_6120724_t.jpg
【OLYMPUS E-3 + ZUIKO DIGITAL 14-54mm/F2.8-3.5】

20100612_214009_6120726_t.jpg
【OLYMPUS E-3 + ZUIKO DIGITAL 14-54mm/F2.8-3.5】

20100612_220755_6120741_t.jpg
【OLYMPUS E-3 + ZUIKO DIGITAL 14-54mm/F2.8-3.5】

20100612_221902_6120760_t.jpg
【OLYMPUS E-3 + ZUIKO DIGITAL 14-54mm/F2.8-3.5】

20100612_224152_6120772_t.jpg
【OLYMPUS E-3 + ZUIKO DIGITAL 14-54mm/F2.8-3.5】

20100612_231758_6120781_t.jpg
【OLYMPUS E-3 + ZUIKO DIGITAL 14-54mm/F2.8-3.5】

Suwon(水原)
水原ワールドカップ競技場
Suwon World Cup Stadium

 今日は、昨日の夜から雨が夕方まで降り続いていたので、ソウル市庁前までいくのが面倒になり、屋根のある水原ワールドカップ競技場に。
 それも、雨降って寒かったし、面倒で最初は行くつもりなかったんですが、韓国チームがいい試合しているので、勝つかもと思い、前半途中で、タクシーを捕まえ急行での参加。
 途中の道がすいていること、すいていること。
 タクシーの運転手も、みんなサッカー見ているので、人も車も少ないと驚いていました。
 
 ちなみに、街頭応援は勿論、スタジアムでのパブリック・ビューイングも無料開放です。
 日本だと韓国のような大々的な街頭応援は許可が下りないでしょうし。スタジアムでのパブリック・ビューイングも有料ですから、サッカー文化の定着のためには、日本はもう少し柔軟な姿勢をとってもらいたいと思います。こういうのをみると日本人って「飼いならされているな…」と思います。誰もなぜ駄目なのか不思議に思いませんからね。
 今回、W杯を独占中継することになったSBSは課金しようとしていたようですが、国民の猛烈な反対によって、うやむやに・・・。真似はしたくはないのですが、時々、韓国の強引さ、傍若無人さ、唯我独尊さには、関心します。良いか悪いかは別にして。(笑)

 スポーツ・バーやパブリック・ビューイングは、面白いですよ。是非、自宅のTVではなく、外で沢山の人と一緒に見てもらいたいです。
 ソウルの真ん中でやっている街頭応援は、渋谷・新宿あたりの巨大モニターを全部サッカー中継にして、それが見える通りを全部通行止めにして、応援しているようなものですから。一度、見てみると面白いと思います。こんな人数を集めて応援している国はおそらく韓国しかないのではないでしょうか?一見の価値はあります。 

 話を戻しますと、スタジアムに到着したら、ちょうど、パク・チソンが2点目を入れていました。
 
 スタジアムの入りも約半数近く入っていました。
 スタジアムの音響効果も良く、盛り上がっていてよかったです。
 
 パク・チソン、凄いですね。
 Jリーグ育ちですので、日本人も誇っていいと思います。(笑)
 一点目を決めた、DFのイ・ジョンスも鹿島アントラーズ所属の選手です。

 パク・チソンは既にナショナル・ヒーローなのですが、スタジアムのある水原は、パク・チソンの出身地なので、より歓声が大きかったように思います。
 選手交代で入ったKリーグの元水原所属のキム・ナミル選手にも大きな声援が送られていました。
 ちなみにJリーグの神戸でもプレイしてました。
 あと、サイドバックにコンバートしたチャ・ドゥリの突破力と守備力は笑うしかない…。
 本当に良い選手になりました。

 韓国は、決勝Tに行くのではと思っていました。
 ギリシャ、ナイジェリアには勝てるかもしれないと思っていましたし、監督がマラドーナですから、アルゼンチンも、もしかして…。韓国チームは、いいチームなのは間違いありません。アジア枠の為にも頑張ってもらわなければなりません。
 とりあえず、複雑な心境で、韓国-ギリシャ戦を見ていました。 
 あまり強すぎると、韓国人に自慢げに語られえるのも腹が立つし…。(笑)
 「どうしたの?日本代表は?」などと言われるもの…。(-_-;)
 しかし、無茶苦茶、羨ましいぞ・・・。

 しかし、我ら、愛する日本代表は…。
 岡田監督のせいで、正直、期待できません…。
 残念でなりません…。
 カズを外して、台無しにしたフランス大会、そして、ワールドカップイヤーに全く勝てないチームにしてしまった岡田…。大事なW杯を2度も台無しにするとは…。(まだ、はじまってないけど…。)
 なんで、今頃、MF本田をワントップなんて試しているのか…。
 自分が選んだFWをなぜ信じない…。
 森本を使え!!!FWとして、本田以下なのか?
 オシムの後釜探しで岡田に依頼した時点で、おかしいと思ったが、W杯アジア最終予選で、オーストラリアに勝ち点5差つけられて2位通過となったときに、最終予選突破には感謝して監督を替えるべきだった。間違いなく、岡田は世界的な監督ではなく、世界を良く知っている監督でもない。W杯で勝てる監督でもない。勿論、勝った実績もない…。
 全く日本サッカー協会は…。
 無様に負けたら、上層部も任命責任をちゃんと取れよ~~~。

 俊輔、憲剛を使え!!!
 本田を使うようになって、おかしくなっているのだから、本田は控えでいいよ…。
 守備はしない。自分にいかに前を向かせるかだ??
 君がメッシ、ルーニークラスの選手なら納得しよう。でも、あのルーニーでも、前線からガンガン追っているぞ…。
 本田、走れ・・・。取られた追え…。トラップはきちんと止めろ…。
 勿論、私にはできんが・・・。

 本当はワントップはあまりよくないと思っているのだが、FWが点取れそうな気がしないので、MFの攻撃を信じてワントップとして、今いる選手で4バックなら、個人的には、

    森本
 松井 憲剛 俊輔
 稲本(遠藤) 長谷部
長友 田中 中澤 駒野 
     川島

 がお勧めなのですが…。

 どうしても、守備的でアンカーおくなら、
 
    森本
 松井   俊輔(本田)
 憲剛(遠藤) 長谷部
   阿部(稲本)  
長友 田中 中澤 駒野 
     川島

 ずっと試合を見ているのですが、俊輔も調子悪いですけど、実は遠藤が絶不調なのではないのかと感じるのですが、私だけでしょうか??
 日本代表は憲剛をトップ下で使っていた時が、最高潮だったような気が…。
 ついでに、長谷部はゲームメイクする選手じゃないよ…。

 アルゼンチン、イングランド~~。
 今日は、楽しい日だ~~。
 ビールがおいしいぞ~~。

 私の優勝予想は、つまらないけどブラジルです。
 つまらないサッカーする時のブラジルは強いです。
 スペインやオランダが勝つとサッカー界全体としては、面白いとは思いますけど。

 でも、本当はイングランドに勝ってもらいたいのですけどね。

 ベッカム、バラックと見たかった選手が欠場ですので、とても残念な大会になってしまいました。
 メッシ、ルーニー、ジェラード、CR、シャビ、イニエスタも注目ですけど、今大会はカカの大会にしてほしいと思います。
 あと、フランスのグルキュフには頑張ってもらいたい。是非、プラティニ、ジダンの後継者としての輝きを見せて欲しいと思います。

 頑張れ!!! カカ!!

 頑張れ!!!日本!!!
 頑張れ!!!憲剛!!!
 とりあえず、早く辞めろ~~岡田、犬飼~~~。(-_-;)
 選手には罪はない。
 意外に、本番では上手く行くという奇跡を信じて、代表ユニフォームを着て韓国の自宅で応援します。

 今大会のユニフォームはイングランドの白(H)のユニフォームが一番かっこいいと思います。 
 “BECKHAM 17”でなく、“BECKHAM 7”で買っていましたが…。(-_-;)
 あとフランスの白(A)もいいですね。
 日本の青(H)の“NAKAMURA 14”も買いました。

 先日、NHLで、我が愛するフィラデルフィア・フライヤーズが、残念ながらスタンリー・カップを獲得することができず、悲しみにくれていたのですが、W杯で、また楽しませてもらいたいと思います。
 しかし、今回のスタンリー・カップ・ファイナルは、ノーブローで叩き合うような攻撃的なゲームが続き、楽しかったですね。カナダ人の友達と、NHL談義に花が咲きました。ちなみに、カナダでは、80%以上の男子はアイスホッケーをしたことがあるそうです。まさしく、国民スポーツです。

スポンサーサイト



20100617_201802_6170786_t.jpg
【OLYMPUS E-3 + ZUIKO DIGITAL 14-54mm/F2.8-3.5】

20100617_202250_6170789_t.jpg
【OLYMPUS E-3 + ZUIKO DIGITAL 14-54mm/F2.8-3.5】

20100617_202618_6170796_t.jpg
【OLYMPUS E-3 + ZUIKO DIGITAL 14-54mm/F2.8-3.5】

20100617_202634_6170797_t.jpg
【OLYMPUS E-3 + ZUIKO DIGITAL 14-54mm/F2.8-3.5】

20100617_202800_6170799_t.jpg
【OLYMPUS E-3 + ZUIKO DIGITAL 14-54mm/F2.8-3.5】

20100617_202823_6170800_t.jpg
【OLYMPUS E-3 + ZUIKO DIGITAL 14-54mm/F2.8-3.5】

20100617_202849_6170801_t.jpg
【OLYMPUS E-3 + ZUIKO DIGITAL 14-54mm/F2.8-3.5】

20100617_204240_6170810_t.jpg
【OLYMPUS E-3 + ZUIKO DIGITAL 14-54mm/F2.8-3.5】

20100617_211538_6170822_t.jpg
【OLYMPUS E-3 + ZUIKO DIGITAL 14-54mm/F2.8-3.5】

20100617_211551_6170831_t.jpg
【OLYMPUS E-3 + ZUIKO DIGITAL 14-54mm/F2.8-3.5】

20100617_213100_6170836_t.jpg
【OLYMPUS E-3 + ZUIKO DIGITAL 14-54mm/F2.8-3.5】

20100617_221159_6170853_t.jpg
【OLYMPUS E-3 + ZUIKO DIGITAL 14-54mm/F2.8-3.5】

20100617_220601_6170842_t.jpg
【OLYMPUS E-3 + ZUIKO DIGITAL 14-54mm/F2.8-3.5】

20100617_221150_6170852_t.jpg
【OLYMPUS E-3 + ZUIKO DIGITAL 14-54mm/F2.8-3.5】

 この試合は、ソウル市庁前まで、行ってきてきました。
 異常な盛り上がりの中で始まったものの、メッシ、テベスのドリブルをはじめとてして、アルゼンチンの個の力を見せつけられ、どよめきが…。

 素人が見ても、あまりに差がある技術だったが、それでも、上手く抑えていたと思います。

 韓国は決して、ディフェンシブに行くのではなく、強豪アルゼンチン相手にがっぷり四つに組んでの戦いは、見ていて気持ちよかったです。

 一点目はオウン・ゴールとなってしまいましたが、あれは仕方がないでしょう…。
 
 しかし前半終了直前に、見事に点を取り返したのは、見事でした。
 韓国国民、大騒ぎです。
 これは、行けるかもと本気で、思いました。

 後半も韓国は、二度ほど、大きなチャンスがありましたが、ここで決められなかったのが痛かったですね。
 これが決められていれば、同点くらいで、終われる可能性があったのに、残念でした。

 しかし、こういう少ないチャンスを決められるか、決められないかというところが、強豪国との差なのでしょうかね…。いい形、シュート数も、アルゼンチンの半分くらいでしたが、それでも10本以上ありました。しかし、枠にいったシュートが2本しかなかったそうです…。

 何か行けそうな気がした韓国だったが、見事に粉砕されてしまった。
 アルゼンチンの上手さは際立っていましたが、4-1という大差で負けた感じは、なかったです。
 しかし、韓国は次につながる、いい試合をしたと思う。

 パク・チソンが、この試合は早く忘れて、次の試合に切り替えようとコメントをしたようですが、絶対的な実績と信頼のあるエースが言うとチームも希望を持てるのではないでしょうか?

 4-1という点差となったものも、依然として得失点差で2位をキープしているので、悪くはないと思います。
 ギリシャ-ナイジェリアも2-1でギリシャ勝利となり、最終戦まで、可能性としてはナイジェリアまでグループリーグ通過の可能性がありますし、2勝して圧倒的に優位にあるアルゼンチンも決勝T進出が確定していないので、どのチームも真剣に戦わなければならないので、次の試合で韓国がきっちり勝てれば、決勝T進出もかなり近づくでしょう。

ちなみに国家演奏の時に敬礼しているキム ジョンウ選手は兵役中で、大韓民国国軍体育部隊が母体のKリーグ光州尚武フェニックスに所属しています。韓国人も敬礼はやりすぎと思っているらしく、失笑が…。

 あと、日本が勝利したあと、渋谷で愚か者が大騒ぎしていたようだが、ああいうのはサポーターとは言えないだろう。本当のサポーターが変な目で見らる可能性があるので、辞めてもらいたいものだ。
 多少、羽目を外すのは良いとして、信号機や車のボンネットまでよじ登った愚か者は猛反省すべし。

 これまで2002年、2006年と何度もソウル市庁前に行きましたが、電車では降りる人待たずに乗る込む、列に並ばない、横は入りするなど、傍若無人さ、野性味では、日本の上をいくと自他共に認める韓国人が10万人集まっても、日本の渋谷のようにはなりません。秩序正しい日本人のイメージが崩壊します。大騒ぎするのはいいですが、警察のご厄介にならないようにお願いします。

20100623_031032_6230907_t.jpg
[平日の午前3時です。]

20100623_031731_6230913_t.jpg


20100623_031837_6230917_t.jpg

20100623_032556_6230931_t.jpg

20100623_032637_6230934_t.jpg

20100623_032757_6230943_t.jpg

20100623_032815_6230944_t.jpg

20100623_040742_6230955_t.jpg
[鹿島のイ・ジョンスがまたまた得点!!元水原の選手]

20100623_044305_6230987_t.jpg

20100623_043654_6230980_t.jpg
[ASモナコのパク・チュヨンが今大会初の直接FKを叩き込む!!]

20100623_045811_6230994_t.jpg

20100623_050211_6230996_t.jpg

20100623_051121_6230998_t.jpg
[場内禁煙ですが…。喫煙者のマナーはこんなもんです。]

20100623_052204_6231008_t.jpg
[最初の遠征(アウェイ)16強進出!]

20100623_052211_6231009_t.jpg
[ちょっとサイボーグ系のアガシ(お嬢さん)…。]

20100623_052812_6231022_t.jpg

20100623_053234_6231025_t.jpg

20100623_053259_6231026_t.jpg
[朝5時半です。]

20100623_053510_6231028_t.jpg
[夢は叶う。Dreams Come true]

20100623_054553_6231031_t.jpg
【OLYMPUS E-3 + ZUIKO DIGITAL 14-54mm/F2.8-3.5】

Suwon(水原)
水原ワールドカップ競技場
Suwon World Cup Stadium

 【韓国 2 - 2 ナイジェリア】
 決勝T進出を賭けた運命の最終決戦。
 ギリシャは、完勝。アルゼンチンは、真っ向勝負を挑み、完敗したものの、前半まではかなり良い試合だったので、ダメージは少ないと思います。
 
 歴代最強と呼ばれる韓国代表ですが、海外のビックリーグで活躍している選手が多いのも、余裕をもって大きな大会に挑めている理由ではないでしょうか。特に、マンチェスターユナイテッドで、ほぼ中心選手として活躍しているパク・チソンの存在は大きいと思います。

 韓国は開始早々、ゴールを決めたかと思うようなすばらしい攻撃をみせ、ゲームのペースを握ったように思います。いい感じで攻撃が続いていたのですが、チャ・ドゥリが裏を取られてナイジェリアに先制ゴールを許す。

 しかし、その後も、韓国は良い感じでの攻撃が続きます。
 これは、勝てそうな気がしました。

 後半38分に、FKから鹿島アントラーズのイ・ジョンスがギリシャ戦に続き、ゴールに押し込み同点に。
 
 韓国、ナイジェリアともに互角の戦い。
 でも、何となく韓国が優勢な感じ。

 後半開始早々、いい位置でのFKをASモナコのパク・チュヨンがゴールに叩き込む。
 これが、今大会初の直接FKからのゴールになりました。
 パク・チュヨン、顔が俊輔に似ています。
 アディダスのポスターに、パク・チュヨンと俊輔が一緒に出ているのですが、最初、「あれ。何で韓国なのに俊輔が真ん中にいるの?」と思ったら、パク・チュヨンでした…。
 小さそうに見えますが、結構、183cmなので、それほど小さくはないです。

 その後も一進一退の攻防が続きます。
 いい試合です。

 元水原の選手だったキム・ナミルが交代で入ると水原スタジアムが沸く。(ヴィッセル神戸でもプレーしました。)
 が、キム・ナミルのミスからボールを取られ、それをペナルティ・エリアで取り返そうと追いかけ、後ろからナイジェリアの選手を蹴り倒してPKを与えてしまう。
 PKを決められ、同点に。

 でも、追加点のチャンスはかなりありそうだし、アルゼンチン、リードが伝えられていたので、悲観的な雰囲気はない。

 まだ、いけそうな気がします。

 しかし、同点のまま試合終了!!

 韓国、決勝T進出決定!!!!

 すごいぞ!!!
 羨ましいぞ!!!
 よくやった!!!

 ソウル市庁前より、スタジアムでのPV観戦の方が楽しいですね。ソウル市庁前などだとにわかサッカーファンが多いのと(それは、それでいいのですけど。)、企業による商業的な応援が主導になってきてしまって、本当の「プルグン・アンマ(赤い悪魔)」の応援ができなくなってきています。
 サッカーの応援というより、国民のお祭りの感じです。色々な歌手が出てきて舞台をやったり、色々な番組の中継がはいったり…。

 プルグン・アンマも商業利用されるのを避けるため、どこで応援するかをなかなか決められないという状況になっているほどです。しかも、大きな舞台などはTV局や大手企業のためのスペースになっていて、プルグン・アンマが自由に応援できなくなってしまいました。
 ちなみに、あの「テーーハミング」の応援も、2002年までは、普通の人はほとんど知りませんでしたから。
 あれは、プルグン・アンマと通信会社のCMでのPRで定着したものです。
 それほど大きな影響力があるプルグン・アンマなので、色々な企業が利用しようとしたことに嫌気がさしたのか、どんな勢力にも影響されない集団としてのアイディンティを持つようになったようです。
 
 スタジアムでの観戦は、地元のチームの強力なサポーターが中心になって、応援をしますので、普通にサッカーを見ているような応援が繰り広げられます。
 無理やり変な掛け声をかけることもなく、試合の状況をみて適切な応援が繰り広げられます。
 
 サッカーはこういう雰囲気の中で見るのが楽しいですね。

 八咫烏の青い血が流れている日本人としては、 一応、赤のユニフォームを着ていきましたが、流石に韓国代表のユニフォームや応援Tシャツを着るのには抵抗があり、赤の06/08イングランドL/Sのベッカム様のユニフォームを着ていきました。(笑) 途中、何人かに、「お!!ベッカム!!」と声をかけられました。(笑)
 ちなみに、その前は、ユニクロの赤のポロシャツを着ていきました。(笑)
 
 日本も決勝Tいけるといいのですけど…。
 ここで、また遅れを取ると、またしばらく、「日本は残念だっね…。」と哀れみをかけられるのが嫌だ!!!!
 岡田!!!!!私はあなたを好きにはなれないけど!!!勝ってくれ!!!!

20100626_232159_6261049_t.jpg
[メインススタンド]
20100626_232114_6261047_t.jpg
[バックスタンド]
20100626_233244_6261053_t.jpg
20100626_233259_6261054_t.jpg
[ホーム用のゴール裏に移動している間に、点を取られてました…]
20100627_002406_6271067_t.jpg
[後半、ついに同点に!!]
20100627_002416_6271069_t.jpg
[大騒ぎです!!]
20100627_002830_6271078_t.jpg
[ウルグアイに追加点が…]
20100627_003720_6271080_t.jpg
[1-2]
20100627_005143_6271090_t.jpg
[1-2のまま終了]
20100627_005044_6271086_t.jpg
[家路へと急ぐ]
20100627_005421_6271094_t.jpg
[祭りの終焉]
【OLYMPUS E-3 + ZUIKO DIGITAL 14-54mm/F2.8-3.5】

Suwon(水原)
水原ワールドカップ競技場
Suwon World Cup Stadium

 【韓国 1 - 2 ウルグアイ】
 ウルグアイ。強いことは強いだろうが、ウルグアイも久しぶりの決勝T進出ですので、恐れることはない。

 前半は、席を移動中に、得点された…。(笑)
 
 その後も、一進一退の攻防が続くも、ウルグアイは、一点取ってから、カウンター狙いなのか攻めの姿勢が全く感じられない。
 逃げ切るつもりなのか?
 
 韓国は、いい感じでパスも周り、いつでも点が取れそうな感じ。
 しかし、0-1のまま試合終了。

 後半も圧倒的に韓国ペースで試合が進む。
 ウルグアイは防戦一方。
 ウルグアイは、全く攻めあがれない状況が続く。
 後半23分についに待望の同点ゴール。1-1!!
 スタジアムが大きく揺れる!!! 
 
 これはいけるかと思ったのだが、ここから、ウルグアイがいきなりTOPギアに切り替えたかのように猛攻を見せる。この迫力が、本当のウルグアイだったのですね…。
 後半35分に、ついにウルグアイが追加点を入れる。1-2。

 韓国も過去二回のワールドカップを怪我で出場できなかったがFWイ・ドングがグランウンダーのシュート。GKを抜けて、もう少しでゴールを割りそうだったが、ウルグアイDFがゴールライン手前で、クリア。

 韓国、万事休すか…。

 ロスタイム3分。韓国も攻めるが、ウルグアイが上手くボールをキープして、時計を進める。

 無常のホイッスル。

 韓国は、勝てるチャンスもあったのだが…。
 やはり、決定力の差ですかね…。
 もっと早く同点に追いついていたら、展開は違ったかもしれません。
 パスはつながるのに点が取れない時間が長かったので、体力を失ったのかもしれません。雨も降ってましたし。
 同点にされてからのウルグアイの攻撃力を見ると、やはり一枚上手だったということなのでしょうが、残念です。

 日本は、韓国に合わせて負けてあげる必要はないので、さらなる高みを目指してもらいたいともいます。
 つい、2週間前には、こんな状況にあること自体、想像もしていませんでしたが…。