上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1995-12 Washington DC (11)_t
【Union Station】

1995-12 Washington DC (12)_t
【Union Station】

1995-12 Washington DC (9)_t
【Columbus Circle/Union Station】

Washington, D.C.
February 1996

スポンサーサイト

1995-12 Washington DC (8)_t
【United States Capitol】

1995-12 Washington DC (5)_t
【United States Capitol】

Washington, D.C.
February 1996

 今では考えられないのかもしれませんが、アメリカ議会は、本当に警備がほとんどなく、警官、警備員もほとんど立っていないし、柵もないし、拍子抜けするほど、あっさりとすぐ近くまで近づくことができました。すぐそばで、ジョギングしている人もいるし…。

 あまりにも無防備なので、警備の人に聞いたら、「議会が行われているときは、警備は厳しいよ。心配しないでください」と言っていました。

1995-12 Washington DC (10)_t
【Supreme Court of the United States】

Washington, D.C.
February 1996

1995-12 Washington DC (4)_t
【view from Union Square, The Mall】

Washington, D.C.
February 1996

1995-12 Washington DC (2)_t
【view from Capitol Hill】

Washington, D.C.
February 1996

1995-12 Washington DC (6)_t
National Gallery of Art East Gallery

Washington, D.C.
February 1996


 2月にワシントンD.Cに行ったのは「フェルメール展」がナショナル・ギャラリーで開催されていたから。

 36点しかないと言われるフェルメールの作品の内、23点を展示することなり、「世紀の美術展」と言われたこの「フェルメール展」(1995/11/12-1996/2/11)は、どうしても行きたかった美術展でした。

 そんな訳で、出かけて行ったわけですが、数日前から体調が悪い。
なんとか行ったものの、前日にD.C入りして、ホテルのエレベーターに乗ったところ、エレベーターの中で、今までに経験したことのない寒気が襲ってきた…。
 これが、悪寒というものかなどと感心していたのですが、熱を計ったところ、38度以上の熱が…。
解熱剤を飲んで、着替えに持ってきていた服もすべて着て、水をたくさん飲んで汗をかいて熱を下げるようにして早めに寝ました。
 一応、不安だったので薬などは準備して行ったのは正解でした。

 チケットは当日チケットしかなかったので、午前2時半に起床。
 何とか、平熱に戻っていたので、そのままナショナル・ギャラリーへ。
 午前3時から、「フェルメール展」の特別展示のチケットを求めて2月の寒空の下、並んでいました。(笑)

 しかし、周りの人と話したりしながら待っていたので、結構、あっという間だったような気がします。
 周りの人も、全米各地から集まっていて、お国自慢で盛り上がっていました。
 しかし、やはり顔色が悪かったようで、周りの人が心配してくれて、手袋やら、カイロをたくさんもらいました。(笑)

 なんとか無事にチケットをGETして、ゆっくり見れました。(人数に制限があるので、鑑賞の時間が指定されているチケット)
 すばらしい、美術展でした。

 体も心配だったので、「フェルメール展」を見て、そのまま帰ろうと思ったのですが、不思議と体調はよかったので、ナショナル・ギャラリーと国立航空宇宙博物館を見て帰ってきました。
 色々な意味で、良い思い出になりました。

 写真はEast Galleryですが、「フェルメール展」は本館の方で行われていました。
 本館の写真は記念撮影になってしまっているのでボツ。

1996-02 Washington DC (9)_t
【Smithsonian National Air & Space Museum】

1996-02 Washington DC (11)_t
【Smithsonian National Air & Space Museum】

1996-02 Washington DC (12)_t
【Smithsonian National Air & Space Museum】

Washington, D.C.
February 1996

1996-02 Washington DC (7)_t
【Smithsonian National Air & Space Museum】

1996-02 Washington DC (8)_t
【Smithsonian National Air & Space Museum】

Washington, D.C.
February 1996

 「ENOLA GAY」(エノラ・ゲイ)と「Little Boy」(リトル・ボーイ)です。
 ちょうど、スミソニアン航空宇宙博物館側が原爆被害や歴史的背景との展示を計画していたところ、米退役軍人団体から反対運動が起こり、展示が縮小、かつ反戦的な展示でなく、米軍の戦勝賛美的な展示に変更されて展示にこぎつけたいわくつきの展示です。この騒動で館長が辞任に追い込まれました。
 やはり、日本人としては、複雑な気持ちになりました。
 しかし、色々な議論があるにせよ、このような歴史的な遺産は、今後もさまざまな議論をしていくためにも残していく必要があると思います。 

 現在は、スティーブン・F・ウドヴァーヘイジー・センターで常設展示されているそうです。

1996-02 Washington DC (15)_t
【United States Capitol】

Washington, D.C.
February 1996

1996-02 Washington DC (17)_t
【Smithsonian Institution】

Washington, D.C.
February 1996

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。