1996-06 Washington DC (34)_t
【White House】

Washington, D.C.
May 1996

1996-06 Washington DC (31)_t
【White House】

1996-06 Washington DC (30)_t
【White House】

Washington, D.C.
May 1996

1996-06 Washington DC (29)_t
【Statue of Albert Einstein, in front of National Academy of Science】

Washington, D.C.
May 1996

 この全米科学アカデミー前のアインシュタイン像、周りに何も比較するものがないので、どのくらいの大きさかわからないでしょうが、3mはあるかなり巨大な像です。
 アインシュタイン博士の手に握られているのは、相対性理論の数式が書かれた本とのことです。
 その数式が人類に齎した進歩とその社会的意味は理解していますが、数式自体は、超文系の私には全くわかりません…。
 数学や物理の専攻の人の中には、“美しい数式”というのがあるようですが、そういうものがあることは理解できますが、何度、聞いてもわかりません…。(笑)

 アインシュタイン博士は、写真を見ても、この像を見ても思うのですが、非常に、かわいらしい、魅力のある人だったのではないかと思います。

1996-06 Washington DC (26)_t
【Washington Monument】

1996-06 Washington DC (23)_t
【Vietnam Veterans Memorial】

Washington, D.C.
May 1996

1996-06 Washington DC (21)_t
【Lincoln Memorial】

1996-06 Washington DC (27)_t
【Lincoln Memorial】

Washington, D.C.
May 1996

1996-06 Washington DC (18)_t
【Smithsonian Institution】

Washington, D.C.
May 1996

1996-06 Washington DC (17)_t
【Arlington National Cemetery】

Washington, D.C.
May 1996

 1986年のチャレンジャー号の爆発事故によって亡くなられた7名の飛行士のお墓です。
 初めての民間人女性とアフリカ系アメリカ人の飛行士が搭乗することでも話題となっていました。
 あまりに普通に宇宙に行って、あたりまえのように戻ってきていたので、まさかあのような事故が起きるとは思いもしませんでした。宇宙へ行くと言うのは、やはり危険と隣り合わせのものなのだと再認識させられました。
 また、2003年にコロンビア号で、悪夢が再び起こるとは…。

 人類の進歩のために命を落とされた方々に、哀悼の意を表したいと思います。

1996-06 Washington DC (15)_t
【Arlington National Cemetery】

1996-06 Washington DC (16)_t
【Arlington National Cemetery】

Washington, D.C.
May 1996

 Tomb of the Unknowns(無名戦士の墓)の衛兵の交代式の様子です。
 非常に厳粛なセレモニーです。
 勿論、所詮、セレモニーという見方もあるでしょうか、少なくとも、国から大切にされていると感じられるのではないでしょうか。 
 これを見ると、日本の方も、もう少し何とかならないものかと感じました。
 右も左も、また、外国からの横槍も極端過ぎて愚かしい…。
 ついでに、こういう人ほど声がでかく極端で目立つ…。
 静かに死者を弔うことはできないのだろうか。

1996-06 Washington DC (14)_t
【Arlington National Cemetery】

Washington, D.C.
May 1996

 JFKのお墓のある丘より、Washington Monument(ワシントン記念塔)方面を望む。
 ちなみに、アーリントン国立墓地は、正確には、ワシントンD.Cにあるのではなく、ポトマック川を渡ってしまうので、バージニア州のアーリントンにあります。

1996-06 Washington DC (8)_t
【Arlington National Cemetery】

1996-06 Washington DC (13)_t
【Arlington National Cemetery】

Washington, D.C.
May 1996

 こちらはJFKの弟、ロバート・ケネディのお墓。
 私は政治家はロバート・ケネディが一番好きです。
 そんなわけで、アーリントン国立墓地への訪問の一番の目的は、ロバート・ケネディの墓への参拝でした。