1995-10 Phila 01 (15)_t
【Independence Hall】

1995-10 Phila 01 (20)_t
【Liberty Bell Center】

1995-10 Phila 01 (13)_t
【Liberty Bell】

1995-10 Phila 01 (14)_t
【Liberty Bell】

Independence National Historical Park
Philadelphia
October 1995

 1995年から1996年までの約1年間、アメリカはペンシルベニア州のフィラデルフィアに留学してました。その頃のフィルムをスキャンしたので、UPして行こうかと思います。
 しかし、もう15年近く前になるのですね…。
 学部時代の学生生活も楽しかったけど、このフィラデルフィアでの生活は、人生で一番楽しかった一年かも。また、アメリカで生活したいな…。
 
 この頃は写真を撮るのは好きだったけど、絞りとか、シャッタースピードとかの知識は全くなく、ISOは数字が大きい高いフィルムが、綺麗に撮れると思っていた。(笑)
 被写界深度などという概念も全くなく、コンパクトカメラで、構図だけを考えて撮っていました。一眼レフなどと言うでかいカメラを使うのはアホじゃないかと思っていましたので。(笑)
 
 当時、使っていたカメラは、自宅にあったズーム付きのコンパクトカメラ(メーカーは多分、リコーかコニカ)を使っていました。ちなみに、ワシントンDCに旅行に行ったときに、アメリカ海兵隊戦争記念碑(硫黄島で旗を立てる米兵の像)の公園に置き忘れて失くすし…。仕方がないので、そのあとフィラデルフィアの中古カメラ屋でOLYMPUS L-1を買いました。理由は、高倍率ズームがついていて、なんとなく、普通のコンパクトカメラより良く写りそうだという感じとリーズナブルのお値段というものでしたけど・・・。使い方が、よくわからなかったし、色々と写真について勉強する気もなかったので、Pモードしか使えませんでしたが…。カメラ屋の兄ちゃんが、「わからなかったら、Pモードで撮れば、綺麗に撮れる」と言っていたので…。(笑)

 その頃に、こんなに楽しい世界があると気がついていれば、もっと綺麗にアメリカの風景を沢山残せたのではないかと後悔しています。

 本日の写真は、アメリカ独立の地、フィラデルフィアの独立記念館(Independence Hall)とリバティー・ベル(Liberty Bell)。リバティー・ベルが保存されているリバティー・ベル・センターは、最初、公衆トイレと間違えて入ったら、リバティー・ベルを保存する建物でした…。トイレにしては随分、立派なだなとは思ったのですけど…。

 感じたのは、200年程度の歴史かない国ですけど、それだけにより歴史を大切にしているなと感じました。
 日本だったら、近所のお寺や神社でも200年程度の歴史があるものはそこえら中にあるので、気にも留めないと思います。勿論、それは日常になっていて、あまりに自然にそこにあるので、歴史の長さを意識していない、日本の歴史の長さの誇るべき点ということも出来ると思います。
 アメリカは、歴史の短い、移民国家なので、国家建設、国家統合のために、象徴的なモノを必要としていたということなのかもしれませんが、それだけに、短い歴史の中に意味を見出し大切にしているところに彼らの強い自尊心を感じ取ることができました。
 まあ、そういう彼らの強い自尊心は時には、他の国の国民としては、大迷惑となることもあるのですけど…。(笑)
 良くも、悪くも、「アメリカ的」なことを感じられる場所です。

 ちなみに、私のアメリカ(エスタブリッシュメントに限定)の理解は、「ちょっと間の抜けた愛すべき合理主義者」って感じです。
 嫌いじゃないです。(笑)

スポンサーサイト



1995-10 Phila 01 (30)_t
【Independence Hall】

1995-10 Phila 01 (29)_t
【Independence Hall - the Statue of George Washington】

1995-10 Phila 01 (25)_t
【Independence Hall】

1995-10 Phila 01 (26)_t
【Independence Hall】

Independence National Historical Park
Philadelphia
October 1995

1995-10 Phila 01 (19)_t
【Independence Hall】

1995-10 Phila 01 (4)_t
【Independence Hall】

Independence National Historical Park
Philadelphia
October 1995

1995-10 Phila 01 (1)_t
【Washington Square】

1995-10 Phila 01 (5)_t
【Washington Square】

Independence National Historical Park
Philadelphia
October 1995

 アメリカ(フィラデルフィア限定)では、野良猫はほとんど見ることはないが、野良野生のリスは街中でも、そこえら中で見れる。
 「おおー、リスだ!!」などと喜んでいるのは、東洋人くらいで、アメリカ人はリスが出てきても別に喜ぶ人はいない。それどころか、「病原菌を持っているかもしれないので、近づくな」とのこと。(笑)

1995-10 Phila 01 (7)_t
【The Betsy Ross House】

1995-10 Phila 01 (6)_t
【the front of The Betsy Ross House】

Independence National Historical Park
Philadelphia
October 1995

 ベッツィー・ロス・ハウス(The Betsy Ross House)は、アメリカ国旗をはじめて作った人の家です。
 
 独立当時は13州でスタートですので、国旗も13の星しかありませんでした。
 フィラデルフィアでは独立当時の13の星の国旗もよく見かけます。
 と言っても、「掲揚」というよりも「装飾」としての意味でですけど。
 
 特に建物自体には、見るべきところはないのですが、近代国家として、歴史的な意味をもつアイコンとなっております。

1995-10 Phila 01 (9)_t
【Elfreth's Alley】

1995-10 Phila 01 (10)_t
【Franklin Court(Printing Office)】

Independence National Historical Park
Philadelphia
October 1995

 エルフレス小径(Elfreth's Alley)は、1702年頃に建てられた住宅が並ぶアメリカ最古の通りがそのまま残っています。家には人も住んでいます。ただ、見た目が同じような家は、そこえら中にあるので、石畳があるので、ちょっと古いかなとは思うものの、説明を受けなければ、歴史的に意味がある通りとは全く気がつかないでしょう…。
 フランクリン・コート(Franklin Court/Printing Office)には、政治家、外交官、科学者などとして活躍したベンジャミン・フランクリンの所有していた5軒の軒続きの家が並んでいます。フランクリンは、元々、印刷業で成功した実業家でした。写真は、今も実際に運営されているベンジャミン・フランクリン郵便局の内部の写真です。外部の写真もあるのですが、記念写真になっているので、UPできません。(笑)

 フランクリンは、アメリカ独立宣言の起草委員となり、トーマス・ジェファーソンらと共に最初に署名した5人の政治家のうちの1人でもあります。100ドル札の人物になっているほどのアメリカを代表する人物です。
 アメリカの名門アイビーリーグのペンシルベニア大学(UPENN)の創設者でもあります。

1995-10 Phila 01 (3)_t
【Carpenters' Hall】

Independence National Historical Park
Philadelphia
October 1995

 カーペンターズ・ホール(Carpenters Hall)は1774年にイギリスの植民地弾圧政策に対抗するための第1回大陸会議が開かれた建物です。
 ここからアメリカ独立の運動が本格的に開始されたと思うと感慨深いものがあります。

1995-10 Phila 01 (23)_t
【near the Independence Hall】

1995-10 Phila 01 (22)_t
【near the Independence Hall】

Independence National Historical Park
Philadelphia
October 1995

 大学生のクラブの集まりなのだろうが、何か物凄くかっこいい…。絵になります。

 1995年には東京にもこんな感じのショッピング・モールはなかったのですが、今では、日本でもそんなに珍しくなくなりました。ただ、日本国旗が掲げてあるショッピング・モールは、流石に見ませんね…。
 アメリカだと、本当にいたるところに星条旗が掲げられています。
 良いか悪いかは意見の分かれるところですが、愛国心は自然と育まれます。

 自分の国を愛せない人は不幸だと思います。
 でも、愛しすぎて、周りに迷惑をかけるのも困り者です。(笑)

1995-10 phila 02 (4)
【the font of Van Pelt Library(Blanche Levy Park)】

1995-10 phila 02 (3)_t
【the font of Van Pelt Library(Blanche Levy Park)】

1995-10 phila 02 (1)_t
【the font of Van Pelt Library(Blanche Levy Park)】

1995-10 phila 02 (13)_t
【the font of Van Pelt Library(Blanche Levy Park)】

University of Pennsylvania
Philadelphia
October 1995

 ペンシルベニア大学(University of Pennsylvania)のキャンパス。
 この日は、アイビーリーグ(Ivy League)のカレッジ・フットボールの開幕戦のため、その応援に人が集まっています。
 前季にアイビーリーグ・チャンピオンになっていたらしく、物凄い期待感で満ち溢れていました。

 脚を括られ担がれている虎のぬいぐるみと、フランクリンさんの手に括られたビニール製の虎のおもちゃですが、ちょうどこの日の対戦相手がプリンストン大学(Princeton University)で、そのマスコットが虎だったからです。(笑)
 ちなみに、ベンジャミン・フランクリン像は、UPENNのキャンパス内にいくつかあるようですが、有名なのは、写真のBlanche Levy Parkにある像とSteinberg Hall - Dietrich Hallの脇にある「Ben on the Bench」と呼ばれるベンチに腰掛けた像です。
 私の記憶では、昔はSteinberg Hallに、世界最古のビジネススクールにして、全米TOPクラスとして有名なWharton Schoolのメインビルディングだったのですが、現在のWharton Schoolは、そのビルディングも使っているようですが、メインの施設は、昔、BookstoreがあったJon M. Huntsman Hallの方に移動したようです。
 今、Penn Bookstoreが入っているThe Inn at Pennという巨大なビルディングは、昔は巨大な駐車場だったのですけど。知らない間に、随分、変わっています。
 しかし、それをすぐに確認できてしまうGoogle Mapって凄いですね…。

1995-10 phila 02 (7)_t
【Franklin Field】

1995-10 phila 02 (9)_t
【Franklin Field】

1995-10 phila 02 (11)_t
【Franklin Field】

1995-10 phila 02 (12)_t
【Franklin Field】

1995-10 phila 02 (23)_t
【Franklin Field】

1995-10 phila 02 (27)_t
【Franklin Field】

1995-10 phila 02 (28)_t
【Franklin Field】

1995-10 Phila 04 (12)_t
【Franklin Field】

University of Pennsylvania
Philadelphia
October 1995

 フランクリン・フィールド(Franklin Field)は、UPENNが持っているスタジアム。少し古いですが、立派なスタジアムです。流石、アイビーリーグ。金を持っています。
 応援団長(?)はベンヤミン・フランクリンを意識した衣装を着ています。
 で、あいかわらず、プリンストン大のマスコットの虎さんは、2階席から吊るされていました。(笑)
 ハーフタイムだか、クォータータイムだか、忘れてしまいましたが、応援の一環で、トーストが投げ込まれます。(笑)
 何でスタジアムの外で、トーストを売っているのかと思ったら、食べるのではく、応援グッズだったとは…。
 
 次戦のコーネル大戦の時は、私もトーストを買って応援にいきました。(笑)