OLYMPUSのMFTの新機種の詳細発表まで、待とうとも思ったのだが、2月6日より海外旅行(韓国以外)に行くので、荷物を軽くしたいので、ついにデジタル機材の軽量化に踏み切った。

 結局、SONY α NEX-7のレンズキット(E 18-55mm/F3.5-5.6 OSS)にしました。

 NEX-7を店頭で、ちょっといじった時、「Tri-Dial Navi」のおかげで直感的に素早く操作ができて、有機ELファインダーも必要十分、質感も高く非常に好感を持ちました。
 操作で、ちょっと気になったのは、OLYMPUSのE-3であったボタンの「HOLD」機能がない。(多分…。)
 この機能は便利だったので、私の場合は、NEX-7のボタンの「HOLD」機能がない操作に少しアジャストが必要かもしれません。(ナビゲーションボタンのロック機能で代用可能か?)
 ちょっと残念だったのは、レンズキットの一部がプラスチックっぽいということでしょうか。もっと綺麗なヘアライン加工なら、もっと高級感があったのに。

 そんな訳で、NEX-7導入する気になり、色々調べてみました。

 SONY KOREAのプレスリリースを見ますと、NEX-7のレンズキットは、韓国で買う方が、日本の価格より安くなりそうなのですが、発売は2月の中旬頃の予定で、まだ確実ではないそうです。
 日本の価格、円高だからしかたがないのかもしれませんが、SONY STOREの価格で日本では144,800円、韓国では1,698,000ウォン(予定)です。(但し日本は保障期間が基本3年、韓国は2年、3年、5年をオプションで選択)
 単純に通貨換算しますと、144,800円≒2,123,815ウォン、1,698,000ウォン≒115,594円ですので、公式ストア同士で比較すると約3万円の差とかなりの差が出ます。ちなみにバッテリーの場合、SONY KOREAだと一本の値段+αで2本買えます・・・。
 円高過ぎて、単純に換算すると高価になりすぎて、別のクラスのものとなってしまうので、海外は少し安く出しているみたいです。すべての商品でこんな感じなのでしょうから、日本企業が苦むわけです・・・。
 
 そんなこともあって、旅行はE-3を持って行って、NEX-7を韓国で買おうかとも思ったのですが、NEX-7の仕様表を見ていたら、言語の項目がないのが気になって、SONY KOREAに問い合わせたところ、「SONY KOREAで販売するNEX-7は日本語を支援していない」との回答が・・・。
 「そんな馬鹿な!!」と思って、アップデートなどの対応があるのかと思い、日本のホームページも調べてみるとQ&Aに次の項目が・・・。
 
 Q. カメラの液晶画面にはどのような言語が表示できますか?

 A. お使いのカメラは日本向け専用設計のため、言語を変更することはできません。
   したがって日本語表示のみとなっています。
【参考】[http://qa.support.sony.jp/solution/S1110278024681/?p=NEX-7&q=%u8A00%u8A9E&rt=qasearch&srcpg=dslr] 

 正に、It's a SONY...(-_-;)

 こういう制限をかけてきましたか・・・。
 各国で戦略的に販売価格を変えているようなので、仕方がないのかもしれませんが・・・。
 国際企業であるSONYは、日本には日本語ができる人しか住んでいないと思っているらしい。せめて英語表示は可能にすべきではないか?
 独自企画に拘り過ぎたり、市場を閉じたものにするのも時には正解となるかもしれませんが、最近は、こういう方針が裏目裏目に出たからSONY離れが起こっているのではないかと・・・。

 これ、海外から来た観光客なんかが買う時、問題になりませんかね?
 免税店で販売しているのは、多言語表示可能のバージョンが用意されているのでしょうか??
 ついでに、カナダのように公用語が英語とフランス語の2ヶ国語ある国はどうなっているのでしょうかね??

 勿論、韓国語の表示でも困ることはないのですが、ちょっとカメラの液晶表示を韓国語で使いたくない・・・。(笑)
 そういうことで、NEX-7を買うなら、日本でということになりました。  

 Map Cameraで、SONY NEX-7ボディ + KIPONマウントアダプターセット(コンタックスGレンズ/ソニーEボディ)が、127,800円とかなりお買い得な価格で出ていて、このセットだと韓国の価格とほぼ同等になるので、MAP CAMERAで買うことにしました。

 ただ今、充電中です。

********************* 
 NEX-7と同日に発売開始されたM.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ power zoomも見てきました。
 結構、面白いギミックでお買い得なレンズだと思いましたが、MFTのボディに使う標準ズームとしては、やはり、焦点距離ではなく、物理的大きさが、ちょっと長いと感じてパスです。
 ただ、MFTの新機種の詳細発表は、期待しています。
 ZD ED50-200 SWDを問題なく使えるなら・・・。
スポンサーサイト



SONYCM0. TB0 TOP▲
 SONY α NEX-7は、いいカメラだと思います。

 旅行の機材重量を大幅に軽減し、暗い場所でも非常に気楽に十分に高画質で画像を残すことができました。
 操作性も非常に高くとても気に入りました。 

 しかし、どうも水準器がずれていることに気づいた。
 縦位置で、レリーズを下にして構える時のみ、水平状態が、かなり左が下がって表示される。
 私は縦位置で構えるときには、レリーズを上に構えるので、あまり実害はないのだが、水準器の機能が正常に働いていないのは確かで、今後、他の状態の時にも影響がでる可能性があると思い、サポートセンターに連絡をすることにした。

 その前に同様の不具合が出ている人がいないかネットで調べてみると結構、同様の症状が出ている人がいるようであった。
 修理対応になっているらしいのだが、私はすぐに海外に戻らなくてはならないので、修理している時間はない。
 交換か返品で対応してもらわないことに困る訳である。

 SONYのサポートセンターに電話を掛けてみると、対応が酷いこと・・・。
 水準器の問題は把握しているとのことで、10-15日程度の修理期間をもらいたいとのこと。
 すぐに海外に行かなくてはならないので、それはできないので、対応を考えてくれと言ったが、修理対応のみとのこと。
 NEX-7は国内仕様なので、SONY製品でも海外のSONYでは保証がきかない。これはOLYMPUSでも同じようなことがあったので、想定内であった。
 これは仕方がないとしても、SONYが酷いと思ったのは、明らかにこの不具合を把握しているのにもかかわらず、この不具合を仮に1年後に修理に持って行った場合は有償対応するということである・・・。

 私は海外で使うので、次、いつ帰ってくるかわからない。(まあ夏には戻ってくるけど・・・。)
 10-15日の修理期間も短期しか戻ってこれない場合は、修理できない。(私は長期間休みをとれるけど・・・)

 すぐに海外に行くので、修理ができない、代替機を用意できないなら、返品させてくれと言ってみたところ、SONYのサポートセンターは、こちらでは修理対応しかできないので、どうすることもできない。その機能は重要ではないので、そのまま使って、気になるようなら修理に出してくださいとのこと・・・。
 オイ・・・。(-_-;)

 そこで、SONYのサポートセンターの人に聞いてみた。

「製造上の不具合を把握しているのにもかかわらず、1年後の保証期間終了後には有償修理するのが、SONYとしての対応で間違いないのですか?」

「・・・」

「NEX-7は確かにカメラ全体から見れば決して高いカメラではないかもしれないけれど、あなたは10万円以上して、仮にもこの手のカメラの最上位機種で、このカテゴリーで一番高いカメラに不具合があっても、まあ、仕方ない。そんな大した機能じゃないし、重大な欠陥じゃないので、そのまま使うかと思うんですか?」

「(しばし無言の後) はい。左様でございます。」

 オイ・・・。(-_-;)

 SONYのサポートセンターは酷すぎる。
 しかも、全く申し訳なさそうな感じがしない。
 言葉は丁寧であったが、そのトーンから感じるのは「面倒くせー奴に当たってしまった、細かいこと言うなよ、俺が悪いんじゃないんだから俺に言うな」的な対応で、慇懃無礼な社員であった・・・。アウトソーシングの社外の人間かと思ったのだが、SONYの社員だそうだ。
 
 LocationFree(LF-PK1)の時も酷い目にあったが、SONYは酷すぎる・・・。

 1月に買ったSONYのブルーレイレコーダー(BDZ-AT350S)も、一度、起動したものの、電源を切って、その後、電源を入れたら、二度と起動しなかった・・・。ヨドバシで買ったので、すぐに替えてもらえたが、SONYはまともなモノを作れないのか??

 まあ、SONYを買わなければいいのだが、SONYしか作っていないものがあったりするので、たまにどうしてもSONYを購入してしまうことがある。それが、大抵、問題があるとは一体、どういうことなのだろうか?
 SONYで問題なく、長期間にわたり使えたのは、LocationFree(LF-PK20)くらいだな・・・。

 ちなみに、CONTAX TVS DigitalのCCDに問題があったときの京セラの対応は、保守期間内ならいつでも無償で対応するであった。OLYMPUS E-3のファインダー傾斜問題の時も、OLYMPUSは要望があれば傾斜をサポートセンターでチェックし、基準を超えたものは交換対応だったはず。

 交換・返品は不可は仕方がないとして、製品の不具合を把握しているのに、保証期間1年経過後は、有償保証で対応などと言うメーカーが存在するとは思いもしなかった・・・。
 あまりにも信じられなかったので、もう一度、電話を掛けて確認したが、回答は同じであった。

 It's a SONY...(-_-;)

 NEX-7の処遇は、後日、決定予定・・・。
SONYCM0. TB0 TOP▲
 SONY α NEX-7...
 いいカメラだと思います。

 しかし、SONYのサポートセンターの対応のあまりの酷さに呆れ果てたことと、出国まで日がないので、今回は交換ではなく、返品させてもらうことにしました。

 MAP CAMERAさんの方では、動作確認してから交換も可能ですと事前に言われていて、交換してもらう気でいたのですが、ネット情報を見ると何箱も開けて、全滅なんて人の報告も上がっているのを見て考えなおしました。仮に、何箱も開けるなんてことが起こったら申し訳ない・・・。また、現在出回っているNEX-7も同様の、あるいは別の初期不良のリスクがあることを考えると・・・。
 出国してしまってからでは、何かと面倒なので・・・。

 MAP CAMERAさんからは、大変、申し訳ございませんでしたと丁寧な謝罪の言葉を頂きました。

 販売店さんが悪いのではない。SONY、お前らがちゃんと対応しないツケを販売店の方々が払っているのだ!!
 販売店の方々は、SONYの代わりに頭を下げているのだ!!
 SONYのサポートセンターは、顧客と向き合っている現場をちゃんと見ていたら、決してあんないい加減な対応はできないはずだ!!

 液晶保護セミハードシート(PCK-LM1EA)は、無駄になったなと思ったのですが、何も言わずに一括で返品処理してくださいました。
 MAP CAMERAさん、ありがとうございました。

 ちなみに、問題のあったNEX-7のシリアルは00141XX、レンズはMade in JAPANのものでした。
 カメラ自体は、非常にいいカメラだと思いましたし、水準器の問題も大きなトラブルではないと思います。
 しかし、SONYの対応は…。
 修理すれば、問題なく使えると思いますが、残念ながら私には修理を待っている時間がない。
 レンズもMade in JAPANのものだったので、非常に名残惜しかったのですが…。

 現在、私の要求を満たしているカメラがNEX-7しかないので、夏頃に製品が安定したら、また考えます・・・。
 それまでには、もっと安くなっているでしょう・・・。

 他の店でポイントで買ったNEX-7用の予備バッテリー(NP-FW50)も残っていますので・・・。(-_-;)

 教訓:やはり初期ロットには手を出すな。
SONYCM0. TB0 TOP▲
 不運な出会いのため、短い付き合いとなってしまったが、SONY α NEX-7は、非常によいカメラだと思う。

 気に入っている点をあげると、

1)「XGA OLED Tru-Finder(トゥルーファインダー)」
 XGA有機ELを採用した、高解像度・高コントラストの電子ビューファインダー「XGA OLED Tru-Finder(トゥルーファインダー)」が搭載されていること。これによって、どんな環境でも、撮れる画像、撮れた画像がはっきりと分かる。特に撮る前から露出補正などの設定が反映されるため、フィルムカメラのお供には最適。また、しっかりとファインダーを覗くことで、支点を確保することができブレを軽減することができる。

2)「Tri-Dial Navi」
「Tri-Dial Navi」と名付けられた3つのダイヤルが用意されているため高い操作性が確保されている。この小型軽量のボディにも関わらず、中上級のD-SLR並の操作性が確保されているのは素晴らしい。

3)画質的にもとても安定している。
 画素数が非常に多く、ファイルも大きくなるので、画素数はこれほど必要はないのだが、高感度特性がFT比、著しく向上しているので、FTでは、少し気を使って使用していたISO800をNEX-7では躊躇なく使える。またISO1600までは十分な性能だと思うので安心して感度をあげられるので、暗所での撮影が非常に楽になった。

4)マウント・アダプター 
 ボディ内手ブレ補正ではないものの、APS-Cサイズのカメラで、CONTAXのY/Cマウント、Gマウントのレンズがアダプター使用によって1.5倍で使えるというのも NEX-7の良い点である。高感度が優秀なので、手ブレ補正がなくても、フィルムカメラよりは、手ブレは軽減すること期待できる。

5)グリップ
 小型軽量化されているが、グリップはしっかりしていて、思った以上に握りやすいデザインとなっている。

 ネガティブな点は、

1)一部の質感が少し残念。
 質感も非常に高く概ね満足なのだが、よく触れるパーツの一部の質感が低くちょっと気になる。ON/OFFスイッチ、コントロールホイール、AF・MF/AEL切換レバーの3つパーツがもろにプラスチックなので、ここが非常に残念。これをもう少し質感が高いものに変更してくれたら、ほぼ文句なし。
 私はCONTAXを彷彿とさせてくれるNEX-7のON/OFFスイッチのレイアウトとデザインをとても気に入っている。ちなみに、CONTAX(ST、RTSlll)もON/OFFスイッチはプラスチックなのだが、こちらは、あまり安っぽい感じがしない質感なのだが、なぜなのだろうか??NEXは凝縮感が高いため気になるのか??
 
2)キットレンズの性能
 よく言われているように、キットレンズの性能が少し「?」のところがあるが、高性能のズームレンズが予定されているので、それに期待ということでしょうか?
 よく言われているの弱点として、周辺部の解像度が低いという点があるようですが、私は、そんなに大伸ばしにするわけでも、等倍で観察するわけでもないので、その点では、あまり不満は感じませんでした。それより、レンズの歪曲が非常に気になりました。レンズの歪曲は自動で修正される設定にしていたのですが、それでもかなり気になる画像がいくつか出てきました。
 このあたりは、 私の基準が、Carl Zeiss やZuiko Digital(HG)の性能となっているので、キットレンズと比べるのはフェアでないとは思いますが…。

 NEX-7は、現在のところフィルムカメラやD-SLRのサブカメラとしては最適なカメラの一つだと思う。
 また、スナップカメラとして、激しく動くものを撮るのではなければ、十分にメイン機としても活躍できるものだと思う。

 とりあえず、水準器の初期不良のため返品してしまったが、予備バッテリーも残っているので、夏に再度、導入する予定です…。新ズームキットのようなものは出ないかな??

 OM-D E-M5も評判が良いみたいなので、こちらも気になるが、FTレンズの使用にまだ制限がある。次あたりのOM-DではFTレンズも問題なく使えるようになっている気がするので、MFT機の導入はそれからというのが現在の立場。E-M5の撮像素子の性能はかなり良いようなので、この撮像素子を使ったE-5後継機(E-7?)の登場を待っています。少し軽量小型にして、バッテリーグリップを装着して総重量1,200g程になると理想的かな?

 一応、デジタルは、SLRはFTで、ミラーレスはAPS-Cのα NEXで、それより大きなフォーマットはフィルムカメラのCONTAX、中判はROLLEIFLEXで行くことになりそうです。FTに換えて、Y/Cのレンズが使えるCANONのD-SLRにシステムを変更しようかとも思ったのですが、E-M5の撮像素子が大幅に改善されているようなので、FTにも希望の光が見えてきました。(笑)



20120202_232456_2028359_th.jpg

20120202_232740_2028365_th.jpg

20120202_234815_2028373_th.jpg

20120202_235512_2028386_th.jpg

20120202_234851_2028374_th.jpg
[もうそろそろ、画素数を嬉しがって書くのやめませんかね…。日本のデザイナー(企業?)は引算ができない。]

SONYCM0. TB0 TOP▲